話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

いくら頑張っても仕事に自信がない。会社に行くのが怖い人へ

2015.8.23

いつもこれで良いのか不安でたまらない。

自分では頑張っているつもりだが、他の人から比べると仕事に自信が持てない。

自信がないから、会社に行くのが辛く、最近は会社や仕事の事を考えると怖くなる。

どうしたら自信が持てる?

仕事に自信がない理由は?

自信がないのは、仕事が上手くいかないからでしょうか?

ミスが多い?営業成績が芳しくない?上司から怒られっぱなし?同僚から馬鹿にされている?だから自信が持てない?

本当にそうでしょうか?

「自信がない」と感じる多くは、判らないからです。

つまり、仕事が出来たという実感がないから不安になるのです。

不安になれば自信もなくなります。

数字で仕事の出来不出来が判断できる職種であれば、基準が明確なので多少ましですが、仕事の多くは必ずしも数値化できるとは限りません。

つまり、判断基準を他人に求めるか、自分の中で探すかです。

人を蝕むのは、ぼんやりとした不安です。

先が見えない恐怖、つまりお化け屋敷と同じです。

何かが先にあるのは判っているけど、現時点でははっきりとは分からない。

でもいつか怖い思いをしそうで、そのことを想像するとそれだけで怖く感じます。

夜、布団に入っていた時、時に現れるそのぼんやりとした不安と闘うのは誰だって嫌なものです。

自信がないから怖い?

その通りです。

判らないことは怖いです。

だから判る必要があります。

自信のない人は、仕事が出来た判断基準を他人に求めがちです。

だからいつも他人の評価が気になり、他人の目が気になります。

ずっと他人に任さていればいつまでたっても自信はつきません。

仕事が出来るか否かの判断基準を自分の中に探しましょう。

一番簡単なのは、目標を設定することです。目標はなんでもかまいません。

例えば電話を人より早く出る、期日の1日前に必ず仕上げる、お客様に「ありがとう」と言われる等々。

そして目標を達成できたら自分をほめてやりましょう。

できなければ、何故できなかったかを考えて、同じ間違いを起こさないように気を付けましょう。

そして、新しい目標は必ず前の目標よりも、ほんの少しだけ高い目標を設定しましょう。

ほんの少しというのがミソです。

あまり高い目標は、出来なければ自信喪失につながりますし、低くすれば達成感がありません。

これを繰り返していけばいつの間にか自信がつくようになります。

仕事に目標を立てられなければ?

同じ部署や、同じ仕事をしている同僚や上司の中にあなたのロールプレイモデルとなる人を探してみましょう。そして、その人の何が優れているか考えて、その部分を真似しましょう。真似をするというと、まるでオリジナリティが無いようで、なんとなくズルい感じがしますが、そんな事はありません。どの分野でも、上手な人の真似をして、上達するのは当たり前のことです。音楽をやる人は、好きなミュージシャンをコピーして練習しますし、絵をかく人は、有名な画家の絵を模写して、その人のタッチを学びます。判らなければ学べばいいのです。
人の応対に優れた人なら、その応対方法を。プレゼンが上手な人からはプレゼンの方法を真似してみましょう。学ぶのは学生の特権ではありません。社会人だって、新しいことに直面したら、学ぶことが必要です。もしそのモデルの人に少しでも近づければ、それがまた自信になります。そこから自分のやり方を探していっても遅くはありません。

怖いを肯定してみる

誰でも苦手なものはあります。

もしあなたが仕事全般ではなく、特定の苦手な分野が怖いのであれば、いっそ受け入れてしまうのも一つの手です。

例えば、営業成績はいいけど、書類仕事はさっぱりだったり。

電話応対は誰にも引けを取らないほど素晴らしいけど、整理整頓は無理だったり。

つまりオールマイティである必要はなく、逆にスペシャリストになるという選択です。

一つの分野でとびぬけて仕事が出来る人は、苦手な分野があっても、他の同僚や上司は、苦笑とともにに受け入れられたりします。

余程でスバ抜けていないと、ただの迷惑な人になってしまいますが、苦手な分野が出来なくて、自信がなくおどおどしてるよりも、「これだけは誰にも負けない!」という強い自信があった方が、はるかにいいと思いませんか?

自信というのは、いうなれば大いなる錯覚です。

自分が強く思えばそれが自信となります。

ただ根拠なく強く思うだけでは、ただの思い込みの激しい人ですが、根拠があれば、それは自信という名前がつきます。

誰だって怖いと思っている

仕事をしていて、誰もが自信満々ではありません。

多かれ少なから、自信が持てず仕事を怖いと思っています。

自分に自信がない時は特に、自分以外の人がすべて自信満々で、自分は落ちこぼれであると思いがちです。でもそんなことはありません。

自分に自信を持てる人は、それまでにその人が自信の根拠となるものを積み上げてきたからです。

だからあきらめずに一歩一歩積み上げていきましょう。

どんな有名会社の社長にも始まりはあります。

あなたもまだ始まりにいるだけかもしれません。

もしかしたら、他の人より少し出遅れたと感じるかもしれません。

でも心配することはないのです。これは競争ではありません。

いつからだって始められます。相手にするのは自分自身です。

あなたに自信を与えることができるのは自分だけです。

他の人の評価を基準にしても、それは自信には繋がりません。

自分に自信を与える方法は、ご紹介したほかにももっとたくさんあるでしょう。

あなたにあった方法を見つけてください。

 - 仕事