最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

うつ病に効果のあるパキシルの副作用や離脱症状についてのまとめ

      2016/06/07

うつ病に効果のあるパキシルの副作用や離脱症状についてのまとめ

近年増加しているといううつ病。

このうつ病に効果が期待されるというパキシル。

どんな薬にも大なり小なり副作用があると言われますが、このパキシルにはどんな副作用があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


うつ病に効果の期待できるパキシルとは?

パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社(旧 スミスクライン・ビーチャム)で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。

同社より商品名「パキシル(Paxil)」で発売されている。日本では2000年11月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。また、グラクソ・スミスクライン社から2012年1月19日に、同年1月18日付で、徐放性製剤である「パキシルCR(Controlled Release)」錠の製造販売承認を取得したことが発表された[1]。さらに、同年6月22日付の官報で、パキシルCR錠、およびパキシル(パロキセチン)の後発医薬品が薬価収載された。

軽症のうつ病を説明する「心の風邪」というキャッチコピーは、1999年に明治製菓が同社のSSRIであるデプロメールのために最初に用い、特にパキシルを販売するためのグラクソスミスクラインによる強力なマーケティングで使用された[2]。現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、安易な薬物療法は避けるよう推奨されている[3]。

他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。

パロキセチンの断薬は、危険性の高い中断症候群を引き起こすことがある。

引用元-−-ウィキペディア

パキシルには一般的な副作用だけでなく重大な副作用まで報告されている!?

重大な副作用
(1)せん妄,錯乱,幻覚,妄想,けいれんなどがおこることがあります。
(2)不安,発汗,反射亢進,戦慄,頻脈,ふるえ,発熱,協調異常などのセロトニン症候群がおこることがあります。水分を十分に補給して,すぐに処方医に連絡してください(炭酸リチウムとの併用でおこりやすい)。
(3)悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)(緘黙=無言症),強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら,水分の補給,体を冷やすなどして,ただちに処方医へ連絡してください。高熱が続き,意識障害,呼吸困難,脱水症状,急性腎不全へと移行して死亡した例が報告されています。
(4)低ナトリウム血症,けいれん,意識障害などを伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)がおこることがあります。
(5)ショック,アナフィラキシー様症状がおこることがあります。
(6)[フルボキサミンマレイン酸塩,ミルナシプラン塩酸塩]白血球減少,血小板減少がおこることがあります。
(7)[フルボキサミンマレイン酸塩,パロキセチン塩酸塩水和物,塩酸セルトラリン]肝機能障害や黄疸が現れることがあります。
(8)[塩酸セルトラリン]発熱,紅斑,かゆみ,眼充血,口内炎などで始まる皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群)などの重い皮膚障害が現れることがあります。

その他副作用
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,じん麻疹,湿疹,かゆみ,光線過敏性反応)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……眠け,めまい・ふらつき・立ちくらみ,頭痛,不眠,頭がボーッとする,ぼんやり,集中力低下,記憶減退,動作緩慢,あくび,圧迫感,抑うつ感,神経過敏,焦燥感,不安感,躁転,気分高揚,舌麻痺,言語障害,しびれ,運動失調,知覚異常,異常感覚・冷感,激越,一過性の意識障害,性欲障害/錐体外路症状:振戦,アカシジア様症状(静坐不能),顎の不随意運動,開口障害,頬筋のけいれんなど/頻脈,動悸,起立性低血圧,徐脈/貧血/吐きけ・悪心,口渇,便秘,嘔吐,下痢,腹痛,腹部膨満感,食欲不振,消化不良,空腹感,口腔内粘膜腫脹/排尿困難,排尿障害,頻尿,乏尿/倦怠感,脱力感,上肢の虚脱,息切れ,胸痛,熱感,ほてり,灼熱感,発汗,視調節障害,眼痛,眼圧迫感,目がチカチカする,耳鳴り,鼻閉,苦味,歯がカチカチする,体重増加,脱毛,乳汁漏出,勃起障害・射精障害,関節痛,筋肉痛,むくみ,発熱
(3)検査などでわかる副作用……血圧上昇,低血圧/白血球減少,ヘモグロビン減少,紫斑/AST・ALT・LDH・γ-GTP・AL-P上昇/BUN上昇,尿タンパク陽性/カリウム上昇・低下,ナトリウム低下,低ナトリウム血症/CK上昇,血清鉄の上昇・低下,高プロラクチン血症

引用元-−-gooヘルスケア

パキシルとの併用に注意が必要な薬や飲み物

パキシルとの併用を注意すべき薬剤としては、

「1. セロトニン作用薬(炭酸リチウム、選択的セロトニン再取り込み阻害剤、トリプタン系薬剤(スマトリプタン等)、セロトニン前 駆物質(L-トリプトファン、5-ヒドロキシトリプトファン等)含有製剤又は食品等、トラマドール、リネゾリド、セイヨウオトギリソ ウ(St.John’s Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品等)

2. フェノチアジン系抗精神病剤(ペルフェナジン) リスペリドン

3. 三環系抗うつ剤(塩酸アミトリプチリン、塩酸ノルトリプチリン、塩酸イミプラミン)

4. 抗不整脈剤(塩酸プロパフェノン、酢酸フレカイニド)

5. β-遮断剤(マレイン酸チモロール)

6. β-遮断剤(酒石酸メトプロロール)

7. キニジン、シメチジン

8. フェニトイン、フェノバルビタール、カルバマゼピン、リファンピシン

9. ホスアンプレナビルとリトナビルの併用時

10. ワルファリン

11. ジゴキシン

12. 止血・血液凝固を阻害する薬剤(非ステロイド性抗炎症剤、アスピリン、ワルファリン等) 出血症状の報告のある薬剤(フェノチアジン系抗精神病剤、非定型抗精神病剤、三環系抗うつ剤等)

13. アルコール(飲酒)」

ということになります。

引用元-−-Paxil

パキシルの減薬・断薬にも注意が必要です!

3617131308_c16fd7c8a3

1.パキシルの減薬・断薬で起こる離脱症状

パキシルを急に減薬したり断薬したりすると、セロトニンの血中濃度が急激に下がります。
セロトニンの血中濃度が急激に下がると、からだがびっくりして様々な症状を起こします。
これを一般的には「離脱症状」と呼びます。
SSRIやSNRIに多く、三環系抗うつ剤にも時々認められます。
離脱症状は、「効果の強い抗うつ剤」「半減期の短い抗うつ剤」で起こりやすいと言われており、
パキシルはこの両方に当てはまります。
そのため、パキシルの減薬・断薬の際は、離脱症状が特に起きやすくなっています。

2.パキシルの減薬・断薬の時に気を付ける事

パキシルは、離脱症状を起こさないよう注意してを減薬・断薬しないといけません。
大前提として、自分の判断での勝手な減薬や中止は絶対にしてはいけません。
必ず医師と相談して、医師の指示に従って減薬してください。

引用元-−-せせらぎメンタルクリニック

断薬した際に起こりやすい離脱症状への対処法

パキシルは効き目が強い薬だと言われていますが、
離脱症状はひどく、一度服用すると断薬する時が大変だという情報や意見が目立ちます。
パキシルの離脱症状は個人差があり、また期間も個人差があって一概には言いきれませんが、
血中濃度の減り方の関係で、減薬後3日目ぐらいが一番辛いという意見が目立ちます。
期間は数カ月で断薬できた人もいれば、数年経ってもなかなか断薬できずに離脱症状に苦しんだりと個人差があります。
投薬歴や投薬量によって期間は前後するかと思います。
離脱症状が強い場合は、半年〜2年かかって飲む量を減らすのが限界というのが、現在一般的のようです。
苦労してパキシルを減量しても離脱症状が辛くて、再服用を考える方も多いようですが、
離脱症状は最初はずっと続きますが、だんだん断続的になり、
たまに出る感じになるという情報もありますので、断薬を焦らないで下さい!

引用元-−-パキシル離脱症状

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ