最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

おひとりさまでもいい!一生独身を覚悟した時に必要なのは?

      2016/06/07

おひとりさまでもいい!一生独身を覚悟した時に必要なのは?

2010年の調査で、一生独身である人の割合が男性は20.14%、女性は10.61%であることが分かりました。

結婚しないことも生き方の一つだと考える人が増えたからのようです。

独身でいることを決めた時に必要なものは何か、まとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


生涯未婚率とは?

50歳の人で結婚経験があるかどうかの指標

生涯未婚率というのは、「45〜49歳」と「50〜54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。生涯を通して未婚である人の割合を示すものではありません。ただし50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできることから、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標として使われます。

20%を超えた男性の生涯未婚率

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2013年)」によると、2010年の生涯未婚率は男性が20.14%、女性は10.61%でした。特に男性は2005年と2010年の調査を比べると、約4ポイントも上昇しています。また今後は、晩婚化(結婚の遅れ)や非婚化(生涯結婚しない人)の増加により、この数値がさらに高くなることが予想されます。これは現在日本が抱えている少子化問題の直接的な原因にもなっています。

引用元-−-生命保険文化センター

何故一生独身の人が増えているのか

調査では、50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」が、男性20.1%、女性10.6%と過去最高となっていることについてどのように考えるか尋ねた。女性で最も多かった回答は、「結婚は、あくまで人生の選択肢のひとつであって、結婚を望まない人が増えてきたからだ(90.2%)」だった。

次いで、「雇用・労働環境(収入)が良くないから(83.3%)」「結婚・出産しても女性が働き続けられる環境がまだ十分でないから(81.6%)」といった回答が続き、環境面の改善・整備を期待する女性が多くいることがわかった。

一方、男性側はというと、「結婚は、あくまで人生の選択肢のひとつであって、結婚を望まない人が増えてきたからだ(79.7%)」や「雇用・労働環境(収入)が良くないから(78.0%)」といった意見が、女性同様上位を占めた。しかしながら、「結婚・出産しても女性が働き続けられる環境がまだ十分でないから(66.9%)」と考える男性は、女性よりも15ポイントも低く、男女間の意識の格差が見られる結果となった。

引用元-−-マイナビニュース

一生独身でいることを決意したのはどんな時?

アラフォー独身女性たちが「一生独身」を決意することになったのは、どのような瞬間なのか調べてみました。

恋人と別れたとき

ほとんどのアラフォー独女たちが、「恋人と別れたとき、もうこのまま一生独身だと思った」と答えています。

アラフォーと呼ばれる年代になって男性と付き合っていれば、その先に結婚を考えるのは当然のこと。

その恋が破たんしてしまえば、「もうこの先にチャンスはない」と思って当然かもしれません。

また新しい恋愛をしてそこから結婚に発展させていく気力は、もう彼女たちには残っていないのです。

結婚相談所の紹介人数が減ったとき

結婚して子供を持つことを望む男性は、相手の女性の条件に「年齢」を必ず含めます。

35歳を過ぎた女性は妊娠できる確率も正常に出産できる確率もどうしても低くなってしまいますので、「35歳以下の女性」を求める男性が多くなってしまうのです。

結婚相談所に登録して男性を紹介してもらっていたのに、急に紹介される男性の人数が減ってしまったとき、女性の頭には「生涯独身」の文字がよぎるようです。

参加できるお見合いパーティーが減ったとき

お見合いパーティーや婚活イベントの中には、女性の年齢を制限しているものも多数あります。

男性はどうしても若い女性との結婚を望む傾向にあるので、35歳以下の女性しか参加できないパーティーやイベントを開催します。

「自分が参加できるパーティーやイベントが減ったと感じたとき、生涯独身を覚悟した」という女性は、決して少なくありません。

一人でも寂しくないと思ったとき

女性が結婚を望む理由の最も大きなものが「一人だと寂しいから」というものです。

しかし、長く独身生活を続けていると、自由で気ままな生活を手放してまで結婚したいのかどうか、分からなくなってくる女性も多いようです。

「一人でも寂しさを感じなくなったとき」、「むしろ一人の方が楽でいいと思ってしまったとき」こそが、女性が生涯独身を決意するときなのです。

引用元-−-独身.jp

一生独身なら必要なものは?

■1:定年までの安定した収入
“一生独身”なら、兎にも角にも必要になるのが安定した収入。それゆえ、不安を感じる人も多そうです。定年まで働き続けられるか心配な人は、いまからでも仕事のスキルを伸ばし、日々の稼ぎを得られるよう準備をしておきましょう。

■2:まとまった額の貯金
病気やケガなどのトラブルはもちろん、親戚や友人づきあい、自分の趣味、娯楽にお金が必要になることも。定収入があっても、ある程度の貯金をしておくと安心です。“一生独身予備軍で貯金ナシ”な人は、少しずつ貯金をはじめるとよさそうです。

■3:健康
具合が悪いときには、食事の用意や洗濯などちょっとした家事をするのも大変になります。また、病気やケガが長引けば、仕事への支障も出てくるでしょう。ケガは防げませんが、せめて日々の体調管理には気をつけましょう。

■4:持ち家やマンション
お金、健康の次に必要になるのが、住む場所。1人で持ち家やマンションを用意するのは難しいかもしれませんが、できれば、定収入があるうちに長く居住できる場所を探しておきたいもの。

■5:打ち込める趣味
家族やパートナーがいない場合、プライベートな時間の過ごし方は趣味が重要になるはず。没頭できる趣味があるといいですよね。趣味のサークルに入るなど、趣味を通じて人間関係を広げられれば、より豊かな人生を楽しめそうです。

■6:なんでも話せる友人
もしかしたら、独身者にとって家族がいなくなった後、一番頼れるのは友人なのかもしれません。日々の楽しみや、悩み事など、なんでも相談できる友人関係を築けると心強いですよね。

引用元-−-ニコニコニュース

一生独身でいるのに、特に考えるべきはお金のこと

一生シングルでいく、と考えるなら、「お金の問題も一生ひとりで解決する」と覚悟を決めることが必要です。
 これは当たり前ですが、重要な事実です。
 そのうえで、考えておきたいお金のテーマは大きく分けて3つあると思います。

 1つめは「家」の問題です。
 一生シングルで暮らす家を確保しなければなりません。
 親の家がある場合を除けば、家を買う必要があります。
 一生賃貸でもいいのですが、その場合は、国の年金に家賃代がないと考えて貯金が必要です。
 家を買うなら買うためのお金、一生賃貸なら、老後の20年以上住めるお金の準備が必要になります。
 仮に5万円の家賃であっても20年暮らせば、1200万円必要です。

 2つめは「老後」の生活費の問題です。
 シングル派は、正社員シングルと非正規シングルで経済的余裕が大きく変わりますが、老後に必要な額も変わります。
 どちらの場合であっても、国の年金だけでは不足するはずですから、自分の生活水準に見合う老後の備えを考える必要があります。
 国の年金に毎週1万円足りないとすれば、年間52万円、20年で1040万円必要になります。

 3つめは「健康・介護」の備えです。
 シングルライフでケガをすれば、通院生活もひとりで行います。
 介護を必要とする状態になれば、支えてくれる配偶者(妻や夫)はいませんから、すぐにお金を使って介護サービスを利用する必要があります。
 もしものときに備えたお金の準備が必要なのです。
 人生最後の10年に年100万円使う必要が生じればざっくり1000万円必要かもしれません。

引用元-−-RapidHack

独身生活を楽しむヒント

新しい特技や知識を身につける
夫がいない分普通なら男性がやるような特技を身につけてみましょう。
車やバイクの修理メンテナンス、日曜大工、電気の配線工事などはいかがでしょう。
ハウツーはインターネットでも近くの書店でも情報収集できます。
こうしたことが自分でできるようになれば業者に依頼する費用も節約できますし、何よりも自分でできるようになると楽しくてしょうがなくなることでしょう。
おまけに他の人のためにその特技を生かす機会があれば尊敬のまなざしも受けられて余計にやりがいがでてきます。

一生楽しめる趣味を持つ
年を取って体が衰えてからでも楽しめそうなことをいくつかリストアップしてみましょう。
温泉旅行は理想的だけれど経済的にそんな余裕があるとは限りません。
何か自宅で楽しめる趣味を沢山持てるようにしておきましょう。
なるべくなら老眼でもたやすくできそうなことがいいですね。
お家カフェとか、ガーデニングとか。

ペットを飼う
動物嫌いでなくて、ペットを飼うことが可能な住まいであればぜひ考えてみましょう。
特にネコやウサギは一人暮らしにも最適です。
一日中ずっと一人でお留守番していても平気だし散歩も不要。
飼い主になついてとても癒しになること間違いなしです。

休日でもメリハリをつける
たまに休日でどこにも出かける予定のない日があるでしょうか。
そんな日は思いっきり朝寝坊も悪くないですが一日中パジャマでいるよりもたまにはいつもの時間に起きてパジャマを脱ぎ、化粧もしてみましょう。
気分が憂鬱な時に少しでも晴れやかにする効果があります。

引用元-−-美Plan

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ