最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

お見合いで結婚するのってちょっと不安ですか?

      2016/06/07

お見合いで結婚するのってちょっと不安ですか?

恋に落ちて結婚できればそれに越したことはありませんが、お見合いで結婚される人も多いでしょう。

でも、恋愛期間が短い分、どうしても不安を感じるもの。

では、どんな不安を感じるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


お見合いで結婚する場合の不安要素を解決する方法って?

共感できるところを探す
趣味、味の好み、服装、好きな動物…とにかくまずは共通点を探してみます。今後一緒に生活をしていく上で、利点はどれくらいあるでしょう?

1.趣味
これが同じであれば、歳を取るまで問題なく共通の時間を持てることになります。また、違う趣味であっても、自分が相手の趣味に興味があれば、いずれ合わせていけばいい話です。
しかし、もし相手の「趣味」に今の段階でもまったく理解を示すことができないのならば、これから始まる結婚生活は自分の「がまん」にかかってきます。
相手が今の趣味をやめる気もなく、自分も理解できないのであれば、新たに二人で共通の趣味を追加していくことをお勧めします。

2.味の好み
これが同じであれば、これから食事には苦労しません。たとえ外食をすることになっても、「ラーメンはこってりの店がいいか、あっさりの店がいいか」ということで、もめることもないからです。
また、普段の食事において鍋ひとつにしても、まったくもめることもなく、二人の息はぴったりとストレスなくお互い好きなものが食べられるでしょう。
もし、味の好みが違うとしたら、二回に一回は相手の好みに合わせる必要があります。これだけは譲れないと思うものは相手にきちんと伝え、また相手の好みの味も理解していくことが大切です。

3.服装
これが同じであれば、一緒に行く買い物も簡単に済むかもしれません。ペアルックまでいかなくても、誰が見ても仲良し夫婦に見えることは間違いありません。
もし、服の趣味が違っても、個性としてお互いに認めることが大切です。自分のセンスを押し付けすぎないように、徐々に自分の好みをアピールして理解してもらいましょう。

4.好きな動物
好きな動物は、とても重要です。自分は猫が好きで、相手は犬が好きとなれば、実際ペットを飼う時に「どうしよう?」という論争に発展しかねないからです。
生活をする上で、自分はペットは必要ないと思っても、相手はわかりません。家族として必ず飼いたいと思っていることもあり、動物に対する思いを確認しておくことはとても大切です。

空間を共有できるか
結婚してこれから生活を続けていくことは、ずっと同じ空間で生活をしていかなければなりません。理想は人それぞれに違いがあり、著者の周りにもこんな人達がいます。
ある夫婦は結婚から十数年経っても山のように話すことがあり、お互いに黙っている時間がないとのこと。またある夫婦はいつも話している必要もなく、二人でいても落ち着ける無言の時間も大切にしたいとのこと。
まずは自分の求める空間をイメージし、相手も無理なく同じ気持ちであるかを確かめる必要があります。

おわりに
お見合い結婚は、恋愛結婚に比べると早い段階で結婚への決断が必要となる場合が多いです。少しでも「自分が合わせないと。」と思えば、自分自身が努力しないといけない部分が発生してきます。
その努力の部分が少ないほど楽ではありますが、相手を理解する努力が新鮮で楽しみな時もあります。色々な角度から相手を理解し、ステキな結婚になるように、未来をイメージしてみましょう。

引用元-−-nanapi

お見合いで結婚する時、何を基準に判断すれば安心できる?

お見合いは短期間で結婚までいく可能性があります。分からないことがあれば遠慮なくどんどん聞きましょう。

チェック項目を挙げるとすれば、

親と同居するか・結婚したら専業主婦か共働きか?

どういう家族構成でどんな環境で育ったのか・家族や親戚との関係はどうか?

お金の使い方が荒くないか・食べ物の好き嫌いや嗜好は自分と合うか?

第三者への接し方や社交性はどうか?などなど。

特にどんな環境で育ったのかは重要です。出会いは1対1でも結婚はその家族とも付き合いが広がります。

相手が言葉を濁したり、教えてくれないのならば慎重になるべきです。結婚してから実は、、、なんてことになってしまったら後悔は先に立ちません。

相手のマイナスの部分も含めて考えるべきです。結婚後に変わってくれればと思うのは危険でしょう。より一層素の部分が出て来る可能性もあるからです。結婚さえしてしまえばなんとかなるものではありませんでの慎重を期しましょう。

しかし、相手の条件を考えればキリがなくなります。どこかで結婚を踏み出すための勘を働かせる。中にはこの人とならという根拠のない自信を持って結婚を決断することもあるそうです。あれがなきゃ、これじゃなきゃという条件は自分の我がままにもなりがちです。勘は顕在意識だけでなく、自分の深層心理を表していることが多いのです。本当に自分がどう思っているのか勘が働かせる。それと同時に自分がこれは絶対に必要だという条件と照らし合わせながらお見合い相手を見つける。そのバランスが重要なのかもしれません。

お見合いをするからといっても焦らないようにしましょう。本当に好きになれそうな人を選ぶことが何より大切になると思います。

お見合いは結婚を前提にして真剣にお付き合いをしていきます。自分と相手が互いに納得できる形を作らなければなりません。

人生は一度きりのものだし、夫婦になるということはお互いの一生を分かち合うことになります。目先のことだけに囚われずに本当に大切なことは何なのかを自分によくよく問いかけることです。

相手の容姿が大切なのか?互いの心、居心地、収入、社会的地位、何を優先し、どのように判断するべきか?これらの優劣はそれぞれの方が自分なりの基準を持って決めることが大切なのかもしれません。

全国仲人連合会によると、恋愛結婚をした夫婦の離婚率は30%ほどですが、お見合い結婚をした夫婦の離婚率は10%程度になるそうです。

恋愛結婚では家庭内で相手の素の状態が見え、付き合っていたときとのギャップが受け入れられないことがあります。しかし、お見合いでは結婚を前提に付き合っていくため慎重に相手を選ぶことによって、結婚後も家庭内での素の状態にギャップが生じにくくなるのが理由だと考えられます。

引用元-−-ラブかつ!

お見合い結婚で少しでも不安を解消する方法

「焦りは相手にも伝わる!」結婚したい思いが真剣だと伝わるのはいい事ですが、焦りが伝わるのはよくありません。
「この人こんなに焦っているのはなぜ?」、「何かあるの?」焦りは相手にも不安な材料になるからです。

「相手の求めるものを見抜け!」結婚したい女性が求めるものが、「お金」なのか「癒し」なのか見抜きましょう。
女性が求めるものは2択ではないですが、結婚する女性が求める物で上位の二つで判断します。
お金と書いてしまうと、誤解がでそうですが、女性も結婚してあなたに人生をたくすわけですから、そこを求める人もいるのがあたり前です。
これを見抜く方法ですが、相手が聞いてくる内容に耳を傾けていれば解ります。

例えば、「家での過ごし方は?」これは癒しが正解です。
「何年勤めていますか?」これはお金です。
前の質問は、あなたの内面を見ています。
後ろはあなたの持つものを見ています。

お見合いでは出会ってすぐの質問で、自分が求めているものがあるかどうかを、確認する作業をします。
ここで、大半の人が気持ちを決めるでしょう。
ですが、どうしても気になる人の場合、もう一度相手を壇上にあげる必要があります。

そこで先ほどのヒントから、相手が求める会話を織り交ぜながら、もう一度自分を見てもらいましょう。
自分が求めるものが、相手にあれば興味を持ちますよね。
相手も同じように、あなたにそれがあれば興味を持ってくれます。
お見合いの席は、短い期間で相手の判断をするので、シビアな世界です。

初めの出会いで好印象を与え、何度も会う機会を作る事がお見合いを成功させる秘訣になります。

引用元-−-お見合い結婚比較.com

お見合い結婚の不安はマリッジブルーにも繋がる?マリッジブルーとは?

マリッジブルーは漠然とした不安感であり、正確な定義は与えがたい。あえて概要を与えれば以下のようになる。
望んで行う結婚では当事者は喜びに満ち溢れるところだが、結婚に現実のものとして直面すると、結婚後の生活の変化や家庭を持つ責任への不安が突然に強く意識される。これがマリッジブルーである。マリッジブルーが昂じると、憂鬱から逃れるため最悪の場合婚約の破棄にいたることさえある。

引用元-−-ウィキペディア

不安を解消するためにお見合い婚のメリットを考える!

PAK75_sofanisuwaruhosthuudansei500-thumb-750x500-3560

1.「結婚までのスピードが速い」
恋愛結婚だと、相手の結婚願望や意志を確かめるためにしばし時間を要しますが、お見合いは結婚前提なので結婚までのスピードが速いのが特徴です。とにかく今すぐ結婚したいと思っている方、年齢を気にして焦っている方にとってかなりのメリットなのではないでしょうか。

2.「運命の出会いが期待できる」
お見合いというと、決められた相手としか出会えないとマイナスに考えがちです。しかし、お見合いこそ運命の出会いが期待できるのです。というのも、「この人でいい」というマイナスな気持ちではなく、「この人がいい」とポジティブな気持ちを持って仕手を探せば、自分に合う素敵な人との運命の出会いがあるのです。言い換えると、運命の王子様探しができるのです。

3.「選ぶ相手の選択肢が広い」
一対一で行うお見合いは一見、選ぶ相手が少ないように思え、その分選択肢が狭いように感じます。しかし、お見合いで出会って気に入らない人や、なんとなく自分とは合わないなと思う人は断って次のお見合いをすればいいのです。すぐに次の出会いに向けて動けるのですから、選ぶ相手の選択肢が広いと言えます。

4.「面倒な恋愛の駆け引きをしなくてもいい」
1でも述べましたが、お見合いは結婚前提で話を進めていくため、面倒な恋愛の駆け引きが必要ありません。恋愛経験が少なかったり、不器用だったりする人は恋愛の駆け引きの苦手意識が強いかもしれません。恋の駆け引きができなかったり、しかけたところで失敗してしまったりすると破局の原因にもなります。恋愛の駆け引きが苦手な人にとって、駆け引きをパスできるお見合いは気が楽になり、前向きな気持ちのまま婚活できそうですよね。

おわりに
「お見合いで出会う人なんて、きっとプライベートでは全く出会いがないつまらない人でしょ」なんて先入観は捨てなければ良い人とは出会えないようですね。早く結婚して幸せな家庭を築きたい方、波瀾万丈な恋愛はもうたくさんという方にお見合いというシステムはピッタリのはずです。
最近ではなかなか、おせっかいな親戚のおばさんや仲人を務めてくれる人はいないかもしれません。しかし、SNSでお見合いができるアプリや、5分くらいの会話をいろんな男性と行うライトな婚活パーティーも盛んです。お見合いと言うと、ししおどしがカッコーンと鳴り響く料亭でしっぽり……というイメージですが、時代によってお見合いのツールも進化しています。一度、そのような現代のお見合いも検討し、幸せをつかみにいってくださいね。

引用元-−-ハウコレ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ