話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

かしこい主婦の家計節約方法 こうしてヘソクリを貯めました

2015.9.26

日々の買い物でも安い物を買い無駄遣いをしないことを心がけていても給料日前になると家計がピンチ!

そんな経験を持つひとも多いでしょう。

どうしてお金は出て行くのでしょうか?

今回は、かしこい主婦の家計節約方法を紹介します。

家計節約のための3つのポイント

1つ目のポイント。光熱費を節約するため外出する人がいます。これはダメです。逆効果です。

まず、外出するための交通費や車に乗る場合にはガソリン代がかかります。

また、カフェに行くとするとコーヒー代がかかります。

さらに、一緒にスイーツを注文してしまうとさらに出費がかさんでしまいます。

2つ目のポイント。食費を節約するために好きなものを我慢する人がいます。これもダメです。

節約というと多くの人が食費を削ろうとします。

しかし、食費の節約は期待するほどの効果はありません。

毎日の昼食代を安く済ませようとしても1ヶ月で節約できる額はたかがしれています。

また、おかずの品数を減らして食費を節約しても、栄養バランスが崩れてしまうことにもなります。

3つめのポイント。日用品をまとめ買いしようとする人がいます。これもダメです。

スーパーやドラッグストアなどでは「安売り日」というものがあります。

これにつられて、日用品をまとめ買いする人も多いでしょう。

しかし、そもそも日用品は単価が安いのでまとめ買いしても節約できるのは数百円といったところでしょう。

また、日用品を必要以上に買ってしまうと無駄遣いにもなりかねません。

買い物でかしこく家計節約

ここからは、かしこい買い物術を紹介しましょう。

100円ショップ

日本を訪れる外国人観光客の間で100ショップが大人気になっています。

それは、高品質の商品が100円で手に入るからです。

そんな、高品質で安い商品を買わない手はないですよね。

コンビニ

私たちの生活に溶け込んでいるコンビニ。

しかし、近年のコンビニ市場は飽和状態にあり各社は他店との差別化に力を入れています。

そこで注目したいのが、プライベート商品(PB)です。

その中でも、節約効果が高いのが「惣菜」と「カット野菜」です。

これなら、買ってきた食材を余らしてしまうこともないでしょう。

主婦の方も、一度検討されてはどうでしょうか。忙しいときの味方にもなるでしょう。

ドラッグストア。

最近のドラッグストアは品揃えを充実させています。

それはスーパーにも引けをとらない程です。

しかも、スーパーよりも安いことも。

これも、使わない手はないですね!

ポイントカードで家計を節約する方法

店で買い物をすると、購入した額や回数に応じてポイントがもらえるポイントカード。

多くの人がこれを利用しているでしょう。

しかし、便利なポイントカードにも、他の店で使えなかったり、ポイントが貯まる前に有効期限が切れてしまうとう欠点があります。

他の店で使えないという欠点を解消してくれるのが「共通ポイントカード」です。

「Tカード」や「楽天ポイントカード」が有名です。

ポイントが貯まる前に有効期限が切れてしまうとう欠点を解消するウラ技が、ポイントの移行です。

これが先ほどの「共通ポイントカード」に限った話ではありません。

クレジットカードはもちろん航空会社のマイルなどの各種ポイントは異なる種類のポイントに移行することができるのです。

最後に、買い物をしなくてもポイントを貯めるウラ技を紹介しましょう。

例えば、先に紹介した「Tカード」のポイントは、買い物時のマイバッグ持参やアプリのダウンロードなどでもポイントがもらえます。

無駄な出費を抑えて家計節約

まずは電気代。

特に夏場になると出費がかさむことにもなるエアコン代です。

エアコンは運転中よりも運転開始時により多くの電力を消費します。

そのため、節電のためと思ってこまめに運転スイッチを入れたり切ったりを繰り返すと、かえって多くの電気を消費してしまいます。

次は、毎日使う電車代。

ただし、人によって電車の利用頻度や利用路線は異なってきます。

そのため、電車代の節約方法も人によってさまざまでしょう。

自分が電車を利用するパターンに合わせて定期券や回数券などの使用を探ってみましょう。

最後は、車。

車は乗っていなくても出費が伴います。

車には、ガソリン代以外に、毎年の自動車税、2年に1度の車検費用、定期的交換が必要な部品や消耗品類の費用などの出費が伴います。

さらに、自動車保険や駐車場代もかかります。

これらは普段は意識しないものです。

ここでもう一度、車を持つべきか否かを費用対効果の面で考えて見てはどうでしょうか。

ITを使って家計を節約する方法

最後に、ITを使った家計節約法を紹介しましょう。

家計を節約するにはその実体をまず数値として把握しなければいけません。

そして、そのためには「家計簿」をつける必要があります。

しかし、多くの人が家計簿に挑戦してみたものの途中で挫折してしまいます。

その理由として一番多いのが、やっぱり「面倒くさい」ということでしょう。

そんな悩みを解決してくれる物があります。

それがスマホの「家計簿アプリ」です。

無料のアプリでも機能が充実しています。

使い方はいたって簡単。

買い物のたびにアプリに支出を入力するだけです。

あとは支出の分析や予算との比較をグラフを使って分かりやすく表示してくれます。

通勤の時や食事の時、あるいは寝る前など、決まった時間に「習慣」としてアプリの家計簿を入力するといいでしょう。

そうすれば家計簿をつけ忘れることもなく続けられるでしょう。

家計簿をつけ忘れてしまうと、過去に遡ってつけるのが億劫になり、家計簿をつけるのを止めてしまうことも多いですから。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/hmxxxgr11/status/724523607305506816


https://twitter.com/yuu_suya_suya/status/692193864606695429

 - 生活・ライフハック