最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

かっこいいしびしっと決まる!子供の名付けは漢字一文字が人気

      2016/06/07

かっこいいしびしっと決まる!子供の名付けは漢字一文字が人気

毎年年末になると、その年に生まれた子供の名前のランキングが発表されますね。

特に最近は、男女共に漢字一文字の名前が増えているのだとか。

親から子供への、最初で最大のプレゼントである「名付け」。

特に今回は漢字一文字の名前についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


2014年の名付けは漢字一文字が人気だった

明治安田生命は12月1日、今年で26回目となる恒例の『2014年生まれの子どもの名前』調査の結果を発表した。今年生まれた子どもの名前は、男の子が昨年3位だった【蓮】が2年ぶり4回目の1位に。女の子は【陽菜】(昨年4位)と、【凛】(同7位)が同率トップに立った。男女とも昨年以上に漢字1字で表記する名前が増えており、TOP10内に男児は4つ(蓮、湊、陸、駿)、女児は5つ(凛、葵、桜、凜、杏)の漢字がランクインしている。

ここ最近、漢字1字の表記が増加傾向にあったというが、今年はその人気がさらに上昇。特に、女の子はTOP100内に24と約1/4を漢字1字表記が占め、これは1989年の調査開始以来、最多となる。また、近年のナチュラル志向の高まりからか、自然を感じさせる植物や果実、草木などの漢字も増加。連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合)のヒットもあってか、【花】は昨年33位から18位に急上昇している。

今年は消費増税の影響などで、世間では先行きへの不安が高まったものの、スポーツ界や文化界では、日本人による海外での活躍が目立つなど、明るい話題も豊富な1年に。「明るくイキイキと、周囲を元気づけることができる人になってほしい」という想いの表れか、【陽】の漢字を使用した名前も人気。女の子首位の【陽菜】のほか、男の子は【陽向】(3位)、【陽太】(4位)、【朝陽】(10位)と、TOP10に3つ登場した。

そのほか、今年は午(うま)年だったこともあってか、男の子の名前には昨年55位から6位にジャンプアップした【駿】をはじめ、【悠馬】(11位)、【翔馬】(19位)、【颯馬】(39位)など、“馬”の付く名前がTOP100内に多数ランクイン。「颯爽と駆け抜ける馬のように、前向きに突き進んでいってほしい」という、親心の表れといえそうだ。

引用元-−-ヤフーニュース

漢字一文字の名前、決め手は漢和辞典

自分の生まれてくる子どもに、
一文字のカッコいい名前を、
付けたいっていう人もいると思う。

で、どんな風につけているか調べると、
漢和辞典を使う人が多い。

一文字の名前制作方法
漢和辞典から名前の候補を選ぶ
○漢和辞典は専門書だから意味が正確
○名乗りや人名も載っているものを使用する
○漢和辞典を読みながら適当に拾えば良い
漢字を拾うときに
音、訓、名乗りから名前に使えそうなのもメモ
名乗りは人名と表記された漢和辞典もある
とったメモから候補を絞り込む
○一般的に扱われない読みは避ける
○男女両方の読み方がある漢字は避ける
時間をおいてメモを見る
○時間を置くことで客観的判断ができる
周囲の意見を聞く
○自分では気づかないことに気付ける

引用元-−-豆知識.com

漢字一文字だからこそ、意味や成り立ちも考えて

「字源」と「字画」

名付けをする際に重視されるのが「字源」と「字画」と言われています。

「字源」とは象形文字が由来ですが、漢字の成り立ちの事、
「字画」とは名前の画数の事です。

「字画」から姓名判断をして名前を見ていくことは多いかもしれませんが、
実は縁起の良い漢字を考える上では字画だけでなく、漢字の起源である、
字源が大事なんです。

字源は、学校でも習ったことがある「象形文字」が深く関係してるんですよ。

縁起の良い漢字の基は字源を知るところから

では、漢字の起源、基となる
字源について掘り下げて見てみましょう。

漢字の字源と関係の深い「象形文字」。
この文字は物のデザインから出来ているんですね。

例を見てみますね。

「山」
・・・ この漢字は、壮大な山の形から出来ています。

「大」
・・・ この漢字は、両手両足を広げた人の形から出来ています。

「貝」
・・・ この漢字は、お金や財産にまつわる漢字です。
(貝が大昔は「金」として流通していた為)

「水」とつく漢字
・・・ 水が流れるものと解釈されることから、「流行」や「時代」等、流れていく漢字と判断されます。

よく知られてると思われる代表的な字をあげましたが、
こうして見てみると漢字の由来って面白いですね。

その文字の字源から、漢字のもつ雰囲気、イメージ、背景といったことが、
目に見えてくるようです。

縁起の良い名前をつける際には、字画だけでなく、
こうした、字源とそこからくるイメージも合わせて
考えていくことは非常に大事だと言えますね。

引用元-−-気になること、知識の泉

漢字一文字の名前ランキング:男の子

毎年子供の名前ランキングを発表している
明治安田生命さんのランキング。

このランキングの年代別ベスト10から
一文字の名前にしぼって人気をチェックしてみました。

一文字の名前に限らず、全体のランキングを見たい方は
明治安田生命さんの名前ランキングのサイトを見てくださいね!

対象:平成元年〜平成26年の間でベスト10に入った漢字一文字の名前

第一位 翔
平成元年から平成26年の間でほぼ毎年
トップ10に入っている不動の人気の漢字一文字です。

「しょう」「かける」と読み方が主流です。

この「翔」という漢字自体人気があるので、
「大翔」「翔太」という「翔」の字を使った名前も
毎年人気があるようです。

第二位 蓮

平成11年ごろから、トップ10にランク入りするようになり
その後ほぼ毎年トップ10に入る人気の漢字一文字です。
今まさに一番人気のある漢字一文字の名前ともいえます。

そのまま「れん」と読む名前がほとんどです。
この「れん」という音が今どき感がありますよね。

そんなおしゃれなところが
綺麗な字面、綺麗な意味、綺麗な音を
意識した名前をつけたい最近の親に人気の理由のようです。

第三位 翼

平成5年ごろからほぼ毎年ランキング入りをしています。

「つばさ」と読ませる名前が一般的です。
読み方が3文字なので、どんな苗字とも
相性良く語呂が合うのが人気の理由かもしれません。

第一位の「翔」といい、未来へ向かっていくような
希望に満ちたイメージで「翼」と名付ける親が多いようです。

第四位 陸

平成9年ごろから人気の出てきた漢字一文字の名前です。

そのまま「りく」と読む名前なので
読みの音が2文字、ラ行、というところが
ちょっと中性的で今どき感がありますよね。

第五位 駿

「しゅん」「かける」といった読み方で
名前をつけることが多いようです。

この「駿」の漢字は昔から男の子の名前に
よく使われている漢字ですよね。
毎年ではないものの、定期的に人気が出てランキングに入ります。

引用元-−-ふむふむブログ

漢字一文字の名前ランキング:女の子

第一位 葵

平成6年からランキングトップ10に登場し、
ほぼ毎年トップ10に入っている人気の漢字一文字の名前です。

「あおい」と読みが全部ア行で前向き、素直、爽やかな
いいイメージを持てるのかもしれません。

どこか古風で中性的なところも人気の理由なんでしょう。

第二位 愛

平成元年から平成9年の間に毎年
トップ10に入った人気の漢字一文字です。

その後、「愛」という漢字一文字の名前は減ったものの
「愛」の漢字が入った「結愛」などの名前が
ランキングの常連になっています。

漢字の意味からしても、女の子につけたい字なんでしょうね。

第三位 萌

平成5年から平成15年の間にほぼ毎年トップ10に入っていました。
しかし、オタク用語の「萌え〜」が一般的に広まったからなのか(?)
ここ数年はトップ10に入っていません。

子供が大きくなったときにからかわれたらイヤだ、
という親心なのかもしれませんね。

第四位 舞

平成元年から平成10年の間に人気があった漢字一文字の名前で
最近はトップ10に入っていません。

最近の名前は柔らかい音とイメージの可愛らしい名前が人気なので
綺麗なイメージのある「舞」という名前は減ってきたのかもしれません。

第五位 彩

平成1年から平成9年の間でトップ10の常連だった名前です。

漢字自体の意味が女の子の名前向きで可愛らしいですし
意味的に他の漢字とも合わせやすいですよね。

そのため最近では「彩」一文字の名前よりも
他の漢字と合わせた二文字以上の名前が人気のようです。

一文字以外の名前が気になる人は、
明治安田生命さんのランキングを見てみてくださいね。

引用元-−-ふむふむブログ

漢字一文字の名前は縁起が悪い!?

「漢字一文字の名前は、意味は悪いから、避けるべき!」
と、言われるようになった原因、という事が分かってきました。

1.歴史上の人物・嵯峨源氏(さがげんじ)に辿り着く。
嵯峨源氏で有名な人物と言えば、
金太郎こと坂田金時の悪友として、知られている渡辺綱(わたなべのつな)。
この渡辺綱と言う人物が、源頼光(みなもとのよりみつ)とつるみ、
動物を虐殺した事件から。

2.過去の殺人鬼とか凶悪な犯罪者が、
漢字一文字の名前が多いから。
(オヤジ狩りや精神的疾患者などの、無差別殺人など)
確かに、振り返って思い出すと、そうです。
このような人たちは、漢字一文字の名前
悪い意味に、考えられてしまいがちかも知れません。

3.植物の漢字一文字は、長生きできない
植物は枯れる・散るという事から、
人生に置き換えると、悪い意味に考えられている。

1つ目と2つ目、これは、まぎれもなく本当です。
でも、
「漢字一文字の名前の人は、そんな人ばかりなのか?」
とも思いませんか?

漢字一文字の名前は、明治頃から、
一般的になったと言われているんです。

少し計算してみましょうね。
現在までの述べ人数で言うと、数十億人の日本人が
存在した事にも、なるんですよね。

その中で、漢字一文字の名前の人が、
一体どれくらい、良くない人生を送ったのでしょう?
悪い事をしたのでしょうか?

明確なデータとかが有るのなら、
少しは、私たちも納得できるかも知れません。

ただ、この云われだけでは、納得はできませんよね。

引用元-−-トレンドニュース7

名前は子供が一生使うもの

8006043274_6db64a948a_o

昨今のキラキラネームの社会的問題により、子どもの名付けには、神経をすり減らしながら決めた親御さんもかなりいると伺っております。

そんな親御さんの中で、名付け本よりももっと良い参考書と言われているのが、『国語辞典』や『漢和辞典』です。

本屋に行けば様々な名付け本が置いてありますが、「外国に通用する名前に」「読みを切って読ませる」「字のイメージで読ませる」「ペットに付ける様な名前」に「果物やキャラクター」「物の名前」……。

もう何でもありのようですね。

だからこそ、原点に返って『漢和辞典』や『国語辞典』を参考にするそうです。

音や響きを考え、そして産まれてくる子どもに対しての親の想いなどから、使う漢字をピックアップし、『漢和辞典』や『国語辞典』を見ながら決めていく、というご意見が多かったです。

気をつけなければいけないことは、乳幼児期の頃は可愛い男の子・女の子でも、いずれは成人し、社会人となり、そしてお爺さんお婆さんになって行くと言うことです。

だからこそ、子どもの成長した姿を思い浮かべながら、名前に違和感がないかを考え、チェックすることが大事だと僕は思います。

引用元-−-アメーバニュース

名付けで気をつけるべき5つのポイント

1、呼びやすい名前にすること
病院や公園、学校などの公共の場所で、友達や近所の人達から呼ばれる名前です。いつか出会うだろう恋人や将来の配偶者や、職場の同僚からも呼ばれるので、その子の人生の流れをイメージして呼びやすい名前をつけてあげましょう。

2、親類の名前を確認すること
自分達や両親から一文字いただいて命名することもよくありますが、気をつけないと親類と思いがけず同じ名前になってしまい、会うたびにお互い気まずさを感じることもあります。それを避けるために、まずはできるだけ遠い親類までチェックをしておくことをおすすめします。

「同じ名前でも良い」と自分達が思っていても、親類側はそう感じない場合もありますので、やはりあやかってつける以外は控えておいた方が良さそうです。

3、同音異語、いろいろな角度や言語からも検証すること
良い名前だと思っても、読みだけだとその漢字がどうしても思い浮かばないことや別の意味にもとれてしまう場合があります。日本語では普通でも外国へ行くと恥ずかしい思いをする名前も多いので、英語やフランス語など数カ国語でひと通り確認しておくと良いでしょう。

例えば「ゆうだい」という名前は英語圏では「You die」に聞こえやすく、「こうま」という名前は「昏睡状態」に聞こえがちだそうなので注意が必要です。

4、姓名判断的な見方もをしてみる
「できるだけ縁起の良い名前をつけてあげたい」と願うのが親心。画数の重要性を感じることも多く命名の際に姓名判断を視る家族もとても多いです。いろいろな流派がありますが、まず新字体と旧字体の両方で良い意味を与えてあげられる名前が無難かもしれません。

例えば「さんずい」は新字体では3画ですが旧字体では「水」と意味づけられ4画になり全体の画数が変わります。「くさかんむり」も新字体では3画ですが旧字体ではなんと4画や6画になります。このように全体の総画が数え方によって変わってしまう漢字だと、それこそ「視る人によって全然違う」ということになり混乱を招きやすくなります。

5、子供の立場に立って考えてみる
「テストのときに漢字の画数が多過ぎる名前は不利だ」という話もあります。

引用元-−-エキサイトニュース

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ