最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

これで安心!結婚までに貯金がいくらあればいい?

      2016/06/07

これで安心!結婚までに貯金がいくらあればいい?

結婚には多くのお金がかかることは誰もが知っていても、

実際にどれくらいかかるのかは結婚した人にしかわからない為、

不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたも、具体的な貯金額が分かれば少しは安心できるのでは?

そこで今回は結婚までに貯金がいくらあればいいかまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

スポンサーリンク


結婚には意外とお金がかかる

シングル世代にとって、結婚までにお金をどれだけ貯めるべきか? は共通のお悩みのよう。中には、お金が貯まるまでプロポーズができないと焦っている人もいるとか。

結婚までの貯金といっても、結婚式や披露宴をどうするか? どこに住むか? 親からの援助があるか? などで条件が変わってくるものです。

また、結婚に関してのお金について地方や両家の考え方などでも千差万別です。新居は新郎側が全て用意するところもあれば、生活インフラは全て嫁入道具でまかなうといったところまで。まずは、両家で話し合いをして、共通認識をもつことが必要です。

引用元-−-All About

結婚前にいくら貯金を貯めたいか女性に聞いたアンケート結果

Q.あなたは、自分の貯金がいくら以上貯まったら結婚しようと思いますか?

○第1位 500万円以上……29.9%
●第2位 200〜300万円未満……22.2%
○第3位 100〜200万円未満……19.0%
●第4位 300〜400万円未満……13.6%
○第5位 400〜500万円未満……7.7%
●第6位 50〜100万円未満……5.0%
○第7位 0〜50万円未満……2.7%

引用元-−-「マイナビウーマン」

女性が結婚相手に求める貯金額はいくら?

約6割の独身女性は、結婚相手に300万円以上の貯金を持っていてほしいと考えていることがマッチアラーム(東京)の調べで判明した。そんなにない!という男性諸君。年末年始は少し財布のひもを締める必要があるかもしれないね。

同社が20〜30代の独身女性728人に聞いたところ、結婚相手に求める貯金額は「300万〜500万円未満」が一番多く37.2%だった。次は「100万〜300万円未満」の30.4%だが、「500万〜1000万円未満」も18.3%と比較的多かった。「1000万円以上」を求める女性も4.8%いることが驚きだ。

300万円以上を求める理由としては「将来子どもに十分な教育を受けさせたい」、「安定した生活をしたい」、「家を買うために必要な額」などの声があった。

「2人でためればいい」や「最低限生活できればいい」という意見が少数派であるのが、現実だろうか。

引用元-−-OVO [オーヴォ]

お金がないなら結婚の時期をずらす

a0790_000757

結婚式・新居準備・ハネムーンを1度に行うと当然お金がかかります。
お金がないなら、それらの時期を少しずつずらすのがおすすめです。

まずは2人で住む家を整え、お金を貯める。お金が貯まったら結婚式をする。その後また費用を貯め、落ち着いて休みがとれる頃にハネムーンへ。
お互いや両親が納得できるなら、多少順番が前後しても問題ありません。

結婚は結婚式だけでなく、結婚後ずっと続く生活が最も重要です。式やハネムーンで盛り上がり過ぎて最初の出費が激しいと、生活が苦しくなってしまうかも。自分たちの結婚に関する希望と、かけられるお金をよく計算して考えましょう。

引用元-−-【みんなのウェディング】

結婚に必要な平均費用と貯金額の目安

結婚に必要な平均費用

結婚式費用…平均300万円

新居費用…100から200万円

ハネムーン費用…30から60万円

結婚前後に必要になる大まかな項目が上記の3つ。
他に子供が生まれる予定の人や、マイホームを購入する人は別途お金が必要になるでしょう。

最低200万円が目安
これは親の援助や結婚式でもらえるご祝儀を見込んだ金額です。
このお金の範囲内だと、最もお金のかかる結婚式費用を削る・またはいただけるご祝儀の範囲内で結婚式をやりくりする必要があります。

ご祝儀の範囲で式を行うとしても、式費用が前払い制の場合もありますし、新居費用にどうしてもまとまったお金が必要です。
事前の支払いをスムーズにすることを考えると、最低でも200万円はあった方がいいでしょう。

援助ナシなら300万円以上
資金援助がなく自分たちだけのお金でやりくりすることを考えるなら、300万円以上を目安として貯蓄しましょう。
もし70人から80人を招待する300万円規模の結婚式を挙げたとしたら、1人平均3万円のご祝儀を頂けるとして200万円以上は戻ってきます。
実質自分たちが持ち出すお金は約100万円。残り200万円あれば新居やハネムーンも充分行えるでしょう。

引用元-−-Peachy – ライブドアニュース

結婚に必要な貯金額の最低はいくら?

まず結婚式です。ご祝儀という制度がある以上、ある程度のお金は返ってきます。返ってくる割合は一般的には50〜100%の間と思って下さい。うまくやれば実質的な費用はゼロにすることも十分に可能です。ただ最初に式場にする支払いは、自身でやらなければなりません。貯金があれば問題ありませんが、なかったら親族からの借金で良いのではないでしょうか?

続いて新婚旅行ですね。これはお金が貯まるまで行かない、という手段もあります。今は結婚式の翌日から新婚旅行に出発する夫婦は意外と少ないそうです。だから貯金が心許ないのであれば、彼女に待ってもらいます。というわけでいずれお金がかかるとしても、現段階でかかる費用はゼロです。

最後に新居にかかる費用です。残念ながらここは削りようがありません。家具一式と電化製品をそれなりに揃える。そして、引っ越し費用が必要となってきます。ここでかかる金額は生活レベルに大きく左右するので、一概には言えません。しかし、さすがに学生時代の一人暮らしのレベルでは、彼女が納得しないでしょう。最低でも100万円は覚悟すべきです。

式は1日だけ。旅行もせいぜい1週間。しかし新居での生活はこれから長く続いていくものです。だから、新居に掛ける費用はなるべく頑張るしかないと思いますよ。

ということで、結婚に必要な具体的な貯金額。ここでの結論は、新居に必要な金額とイコールということになります。最低100万円からです。意外となんとかなりそうじゃないですか?結婚のきっかけは、タイミングが全て。いつ結婚という話になったとしても対応できるように、普段からなるべく貯えておきたいものですね。

引用元-−-MEN人(メンジン)

結婚後の資金として200万くらいの貯金が必要

結婚資金はいくら必要なのか?という点でリサーチしていたら、どのサイトでも「結婚式後の生活の為に貯金はしっかり残しておいた方が良い」というアドバイスが載っていました。

結婚したら新居に移転するケースが多い、てか僕もたぶんそうすると思いますが、そうなると賃貸マンションだとしても資金礼金・インテリア家具代・家電などなど、新生活に必要な初期費用だけで50万〜100万は吹っ飛ぶそうです。。

また、その後の生活もちゃんとできるように、3ヶ月?6ヶ月分くらいの生活費は手元に残しておいた方が良いそうなので、更に50〜100万は合った方が良い、という計算になります。となると、結婚後の資金は200万くらいあると理想、ということですね。

引用元-−-人生シェアリング

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ