最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

これで完璧!海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方

      2016/06/07

これで完璧!海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方

夏と言えば海!

気持ち良く晴れた日に、日焼けをしようと思って海に行ったんだけど、焼きすぎて痛くなったり思ったより焼けてなかったりと上手く焼くことができなかった、なんて経験をしたことはありませんか?

今回は海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

スポンサーリンク


海で日焼けをする前に知っておかなきゃいけない事

夏の海に行って小麦色の肌を手に入れるには知っておかなきゃいけないことがあります。

それは、紫外線は肌が老化する原因であり、人体には有害な物質だという事です。

紫外線には肌の奥深くまでダメージを与える紫外線A波(UVA)と、強い刺激によって肌をやけど状態の様に炎症させる紫外線B波(UVB)の2種類が含まれています。

これらの紫外線による肌へのダメージは少しずつ蓄積していき、シミやしわなどの原因となり老化を促進させてしまいます。

また、日焼けによる肌の色素沈着は、紫外線による刺激を受けた皮下組織が身体を守るためにメラニン色素が大量に生成されることで起こる現象で、メラニンの生成が多い人ほど肌が黒くなりやすいのが特徴です。

反対にメラニンの生成があまり活発ではない人は、肌が赤くなりやけど状態になりやすいので注意が必要です。

健康的に日焼けをして理想の小麦色の肌を手に入れるためには、紫外線対策やスキンケアをしながら肌に無理がないように少しずつ行っていく事が大切です。

日焼け止めとサンオイルの違い

あなたは日焼け止めとサンオイルの違いをきちんと理解していますか?

サンオイルは肌を赤く炎症させる紫外線B波をブロックし、肌を黒くする紫外線A波のみを肌に浸透させる効果があります。

それによりやけどや炎症状態となるサンバーンを防いで肌を黒くしてくれるのです。

それに対して日焼け止めは紫外線A波と紫外線B波の両方をブロックしてくれる効果があるので、日焼けを防ぐと同時にシミやしわなどの肌の老化も防いでくれます。

つまり、紫外線を浴び続ける環境で美白を保ちたい人は日焼け止めを使用し、肌の炎症を防いで綺麗に焼きたい人はサンオイルを使用するわけです。

みなさんの中には、サンオイルは『より黒く焼きたい人が塗るオイル』だと考えていた人も多いと思います。

でも実際は、サンオイルを使っても使わなくても焼け方は変わらないが、何も塗らずに塗ることで紫外線B波を直接大量に浴びてしまうので、肌に深刻なダメージを受けてしまうのです。

日焼けをする時は必ずサンオイルを塗るようにしましょう。

SPF値とPA値

日焼け止めやサンオイルにはSPF値とPA値というものが表記してあります。

SPFの正式名称はSun Protection Factorといって、日焼け止めやサンオイルを1平方センチメートル当たり2mg塗った場合に紫外線B波をブロックできる時間の目安を表していて、SPF1でだいたい20分程度となります。

なので、海で日焼けをする際にはSPF値で示されている時間内で日焼けを終えるか、または塗り直しをしなくてはいけないので注意が必要です。

尚、海で使用する場合はSPF値が30以上のオイルを使用するといいでしょう。

ただし、SPF値が高いものはそれなりに肌への負担も大きいので、値が高ければ大丈夫だろうと安直に考えるのはやめましょう。

一方、PA値の正式名称はProtection grade of UV-Aといい、紫外線A波を防ぐ効果を表しています。

PA値は「PA+]「PA++]「PA+++]「PA++++」の4段階があり、+が多いほど効果が高くなります。

SPF値もPA値も、目的地や滞在時間に合わせて使い分けるようにしましょう。

サンオイルを使って海で上手に焼く方法

海で自分に合ったサンオイルを塗ったからあとはSPF値を超えない時間で切り上げればもう大丈夫!

なんて考えていてはいけません。

より肌への負担を減らして健康的に小麦色の肌を目指すためには、焼き方も工夫する必要があります。

どんなにオイルを塗っていても、あくまで日焼けは肌へのダメージで起こるもの。

SPF値の高いものを塗っていても、20〜30分ほど日焼けをしたら一度冷水を浴びて肌を冷やし、十分に熱を取ったらまたサンオイルを塗り直すことを繰り返していくのがきれいに焼くコツです。

何も毎回シャワーを浴びに行けと言っているわけではありません。

せっかく海に遊びに行っているわけですから、日焼けを20分程したら海に入って遊び、上がってきたらまたサンオイルを塗り直すサイクルを繰り返すのでもかまいません。

間違っても朝から夕方まで砂浜で寝続ける事がないように気を付けてください。

特に10時から15時くらいの紫外線が最も強くなる時間帯は小まめなケアをしないとすぐにサンバーンになってしまうので要注意です。

PA値が低い日焼け止めを利用して海で日焼けする

いくらサンオイルをしっかりと塗ったからといって、いきなり長時間日焼けをするのは肌への負担が大きいのでこまめにケアをしながら焼いた方が良いということを先ほど述べました。

しかし、元々の肌が白く、肌が赤くなりやすいタイプの人がそんなことをしてしまうと、いくらサンオイルを塗ってこまめに焼いていてもすぐにサンバーンになってしまう可能性があります。

肌が弱い人はいきなりサンオイルを使うのではなく、PA値の低い日焼け止めを利用して肌への負担を最小限に減らしたうえで少しずつ下地を作っていくようにしましょう。

その際もこまめな塗り直しをして焼きすぎに注意しましょう。

ある程度肌が黒くなってきたと思ったらサンオイルに変更し、時間をかけて理想の肌の色を目指していくようにしましょう。

日焼けをする際は、一日で理想の小麦色の肌を手に入れようとするのではなく、何日も時間をかけて少しずつ黒くしていく事を目標にしましょう。

また、日焼けは肌へのダメージがあることを忘れずに、毎日のスキンケアを欠かさず行う事も心がけましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ