最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

これで完璧!海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方

      2016/06/07

これで完璧!海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方

夏と言えば海!

気持ち良く晴れた日に、日焼けをしようと思って海に行ったんだけど、焼きすぎて痛くなったり思ったより焼けてなかったりと上手く焼くことができなかった、なんて経験をしたことはありませんか?

今回は海で綺麗に日焼けする為のサンオイルの使い方を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


海で日焼けをする前に知っておかなきゃいけない事

夏の海に行って小麦色の肌を手に入れるには知っておかなきゃいけないことがあります。

それは、紫外線は肌が老化する原因であり、人体には有害な物質だという事です。

紫外線には肌の奥深くまでダメージを与える紫外線A波(UVA)と、強い刺激によって肌をやけど状態の様に炎症させる紫外線B波(UVB)の2種類が含まれています。

これらの紫外線による肌へのダメージは少しずつ蓄積していき、シミやしわなどの原因となり老化を促進させてしまいます。

また、日焼けによる肌の色素沈着は、紫外線による刺激を受けた皮下組織が身体を守るためにメラニン色素が大量に生成されることで起こる現象で、メラニンの生成が多い人ほど肌が黒くなりやすいのが特徴です。

反対にメラニンの生成があまり活発ではない人は、肌が赤くなりやけど状態になりやすいので注意が必要です。

健康的に日焼けをして理想の小麦色の肌を手に入れるためには、紫外線対策やスキンケアをしながら肌に無理がないように少しずつ行っていく事が大切です。

日焼け止めとサンオイルの違い

あなたは日焼け止めとサンオイルの違いをきちんと理解していますか?

サンオイルは肌を赤く炎症させる紫外線B波をブロックし、肌を黒くする紫外線A波のみを肌に浸透させる効果があります。

それによりやけどや炎症状態となるサンバーンを防いで肌を黒くしてくれるのです。

それに対して日焼け止めは紫外線A波と紫外線B波の両方をブロックしてくれる効果があるので、日焼けを防ぐと同時にシミやしわなどの肌の老化も防いでくれます。

つまり、紫外線を浴び続ける環境で美白を保ちたい人は日焼け止めを使用し、肌の炎症を防いで綺麗に焼きたい人はサンオイルを使用するわけです。

みなさんの中には、サンオイルは『より黒く焼きたい人が塗るオイル』だと考えていた人も多いと思います。

でも実際は、サンオイルを使っても使わなくても焼け方は変わらないが、何も塗らずに塗ることで紫外線B波を直接大量に浴びてしまうので、肌に深刻なダメージを受けてしまうのです。

日焼けをする時は必ずサンオイルを塗るようにしましょう。

SPF値とPA値

日焼け止めやサンオイルにはSPF値とPA値というものが表記してあります。

SPFの正式名称はSun Protection Factorといって、日焼け止めやサンオイルを1平方センチメートル当たり2mg塗った場合に紫外線B波をブロックできる時間の目安を表していて、SPF1でだいたい20分程度となります。

なので、海で日焼けをする際にはSPF値で示されている時間内で日焼けを終えるか、または塗り直しをしなくてはいけないので注意が必要です。

尚、海で使用する場合はSPF値が30以上のオイルを使用するといいでしょう。

ただし、SPF値が高いものはそれなりに肌への負担も大きいので、値が高ければ大丈夫だろうと安直に考えるのはやめましょう。

一方、PA値の正式名称はProtection grade of UV-Aといい、紫外線A波を防ぐ効果を表しています。

PA値は「PA+]「PA++]「PA+++]「PA++++」の4段階があり、+が多いほど効果が高くなります。

SPF値もPA値も、目的地や滞在時間に合わせて使い分けるようにしましょう。

サンオイルを使って海で上手に焼く方法

海で自分に合ったサンオイルを塗ったからあとはSPF値を超えない時間で切り上げればもう大丈夫!

なんて考えていてはいけません。

より肌への負担を減らして健康的に小麦色の肌を目指すためには、焼き方も工夫する必要があります。

どんなにオイルを塗っていても、あくまで日焼けは肌へのダメージで起こるもの。

SPF値の高いものを塗っていても、20〜30分ほど日焼けをしたら一度冷水を浴びて肌を冷やし、十分に熱を取ったらまたサンオイルを塗り直すことを繰り返していくのがきれいに焼くコツです。

何も毎回シャワーを浴びに行けと言っているわけではありません。

せっかく海に遊びに行っているわけですから、日焼けを20分程したら海に入って遊び、上がってきたらまたサンオイルを塗り直すサイクルを繰り返すのでもかまいません。

間違っても朝から夕方まで砂浜で寝続ける事がないように気を付けてください。

特に10時から15時くらいの紫外線が最も強くなる時間帯は小まめなケアをしないとすぐにサンバーンになってしまうので要注意です。

PA値が低い日焼け止めを利用して海で日焼けする

いくらサンオイルをしっかりと塗ったからといって、いきなり長時間日焼けをするのは肌への負担が大きいのでこまめにケアをしながら焼いた方が良いということを先ほど述べました。

しかし、元々の肌が白く、肌が赤くなりやすいタイプの人がそんなことをしてしまうと、いくらサンオイルを塗ってこまめに焼いていてもすぐにサンバーンになってしまう可能性があります。

肌が弱い人はいきなりサンオイルを使うのではなく、PA値の低い日焼け止めを利用して肌への負担を最小限に減らしたうえで少しずつ下地を作っていくようにしましょう。

その際もこまめな塗り直しをして焼きすぎに注意しましょう。

ある程度肌が黒くなってきたと思ったらサンオイルに変更し、時間をかけて理想の肌の色を目指していくようにしましょう。

日焼けをする際は、一日で理想の小麦色の肌を手に入れようとするのではなく、何日も時間をかけて少しずつ黒くしていく事を目標にしましょう。

また、日焼けは肌へのダメージがあることを忘れずに、毎日のスキンケアを欠かさず行う事も心がけましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ