話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

これで決まり!料理初心者におすすめの包丁まとめ

2015.9.17

驚くことに、最近はまな板がない家が増えてきたのだとか。

確かに料理をしなければまな板は不要ですね。

しかし、結婚したらそうも言っていられません。

そこで、今回は料理初心者におすすめの包丁を紹介しましょう。

初心者にも分かる料理に使う包丁の種類

まずは、料理に使う包丁の種類を紹介しましょう。

料理に使う包丁の種類は、大きく分けて和包丁と洋包丁に分けられます。

和包丁は、片側に刃がついていてノコギリのように引いて物を切るのが特徴です。

よく初心者に見られる失敗は、包丁を上から押し付けて物を切ろうとすることです。

これでは物がつぶれてしまい上手く切れません。

下手をすると包丁で指を切ることにもつながります。

なので、包丁を持たせて物を切らせてみれば、当人の料理の腕前が分かるというものです。

なお、片刃の和包丁には右利き用と左利き用があることがお分かりいただけると思います。

右利き用は食材に当たる左側ではなくその反対側の右側に刃がついています。

左利き用はその逆です。

一方洋包丁は、ほとんどが両方に刃がついています。

そのため、右利き用、左利き用の区別はありません。

そして、洋包丁は引いて切るのではなく押して切ります。

なお、多くの包丁は刃の部分と持ち手の部分とが分かれています。

そして、その接合部分に入った雑菌が増殖して衛生的ではない、という意見をよく耳します。

それが嫌なら刃と持ち手が一体になったタイプを選ぶといいでしょう。

魚料理に欠かせないのが出刃包丁

魚屋さんが魚をさばくときに使うのがこの出刃包丁です。

ただし、最近は魚を魚屋さんではなくスーパーで買うという人がほとんどなので、この包丁にはなじみがないかもしれません。

でも、この包丁は魚をさばくのには欠かせないのです。

家のなかでくすぶっているパパも、この包丁で鯛をみごとにさばければ家族の見る目も違ってくるでしょう。

この出刃包丁がなぜ魚をさばくのに欠かせないのか。

それは、この包丁が魚をさばくのに必要な機能を兼ね備えている、つまり魚を叩く・断つ・刺す・切ることができるからなのです。

この包丁が一丁あれば便利です。

魚はコハダ、アジ、サバ、マグロなど小さなものから大きなものまで、その大きさは千差万別です。

出刃包丁もそれに合わせてさまざまなサイズのものがあります。

プロの料理人は魚の大きさに合わせて何種類もあるサイズを使い分けます。

しかし、料理が趣味で包丁にはこだわっているというのでなければ家庭ではそんな必要はないでしょう。

刃渡り15cmほどの小出刃包丁があれば間に合うでしょう。

刺身料理に欠かせないのが刺身包丁

出刃包丁が魚料理に欠かせないといっても、その役割は魚を柵の状態にするまでです。

柵というのは、刺身に引けるよう魚をブロック状態にしたものをいいます。

これならスパーの魚売場に行けばパックに入って陳列されているのですぐに分かると思います。

それを刺身にする場合は、刺身包丁の出番です。

別名、柳刃包丁とも呼びます。

確かに、刃が柳の葉っぱの形をしています。

では、なぜ刺身にするときにこの刺身包丁が必要なのでしょか。

それは、この包丁を使って刺身をつくると、刺身の角がきれいにピンと立ち、切り口も鮮やかで、見た目もきれいに仕上がるからです。

つまり、この包丁は切れ味抜群ということです。

この包丁は刺身の仕上がりの美しさを左右します。

確かに、板前さんがこの包丁を使って刺身を作っている姿は絵になります。

刺身の切り口や角や形にこだわりを持つ人や料理が好きな人にはお勧めします。

ただし、よっぽどのことがない限り一般家庭には不要でしょう。

野菜料理に活躍するのが菜切包丁

確かに、野菜を切らずに丸ごとかじることはワイルドです。

しかし、一般家庭ではそんなことをしないでしょう。

野菜を料理をするためには、切ったり、皮をむいたり、刻んだりすることが必要になってきます。

そんなときに活躍するのが、この菜切包丁です。

別名、薄刃包丁とも呼びます。

幅が広く鋭角な刃を持つこの包丁は野菜が切りやすい形状をしています。

刺身のつまを作るための大根の桂むきなどは薄さが命です。

その薄さを実現するのがこの菜切包丁です。

つまり、桂むきにはこの菜切包丁が必須です。

ちなみに、スーパーなどでは刺身の下に大根の細切りが敷かれています。

これを「つま」だと思っている人が多いと思います。

正確には、つまは刺身の下に敷くのはなく傍らに置くもので大根以外にも多くの種類があります。

見た目にも美しく刺身に彩りを与えてくれています。

野菜を切るのであれば他の包丁で代用できるので、一般家庭では菜切包丁は必須だとまではいえないでしょう。

料理の初心者には三徳包丁がおすすめ

先に紹介した野菜料理に活躍する菜切包丁と肉料理に活躍する牛刀、それぞれの利点を兼ね備えたのが三徳包丁です。

三徳は三つの用途を意味し、野菜、魚、肉などの幅広い食材に対してさまざまな切り方ができるということをあらわしています。

この包丁は薄刃で切れ味のよいオールラウンドプレイヤーです。

とりあえず何にでも使用できる包丁ということで、料理の初心者にはこの三徳包丁がおすすめです。

別名、文化包丁、万能包丁とも呼びます。

スーパーやホームセンターに並んでいる包丁のほとんどはこの三徳包丁です。

文化包丁という名前からして、もしかして明治維新のときに命名されたのかもしれないと思って調べてみたら、明治維新後の食生活の変化から日本でも肉が食されるようになり海外から牛刀が流入しはじめたとあります。

ただし、この包丁が生み出されたのは戦後の高度成長期のこと。

一般家庭でも洋食が取り入れられるようになり、日本の菜切包丁と西洋の牛刀、両方の特性を持った刃物として生み出されました。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/guruguruguru365/status/645478313473904640

 - 生活・ライフハック