最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

そろそろうちの子は卒乳する時期だけど、海外の卒乳時期は?

      2016/06/07

そろそろうちの子は卒乳する時期だけど、海外の卒乳時期は?

1歳半を過ぎて、周りの子も「卒乳した」なんて話を聞くと、うちの子もそろそろ卒乳の時期かなと考えるお母さんも多いと思います。

日本では1歳半〜2歳ぐらいで卒乳する子が多いようですが、海外ではどんな感じでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


海外で卒乳する時期は?

ユニセフの調査によれば4.2歳が世界平均だそうです。 

聞くとびっくりしますよね。世界平均なので、日本のように早い国もあれば、もっと遅い国もあるはずなので、実際4.2歳よりも大きな子が授乳していると思われます。

元々日本では割と早い卒乳を推進する国でした。

数年前の母子手帳には「1歳頃までに離乳をさせましょう」的な文言が記載されていました。

割と母子手帳は、地味にこういった更新がされています。

そのため、割と古くからいる保健師さんなどは、いまだに前の記述通りに1歳児検診などで、「虫歯になるから」「離乳食を食べなくなるから」といって勧める人もいます。

そのため、1歳時検診を過ぎたあたりから、どんどん卒乳を視野に入れるお母さんが増えています。

回りからも「いつまでも上げていると甘えん坊になるよ」とプレッシャーかけれれたりするので猶更です。

回りの人に悪気があるわけではないのですが、自分の経験談や知識というのは人に教えたくなりますよね。

卒乳の時期に関する海外の考え方

WHOのガイドラインによると「2歳以上までは、子供が欲しがったら積極的に与えるべき」だそうです。

なぜなら、母乳は、離乳食よりも質の高い栄養素を含んでいて、病気の時の重要なエネルギー源+栄養源になるからだそうです。

急性や慢性の病気にかかるリスクを低減させる効果があると言われています。

そのため、離乳食を食べ始めると、母乳を飲まなくなるので、積極的に飲ませて摂取量を維持させましょうとまで言っています。

ちなみに6か月〜12か月の子の場合、母乳で必要なエネルギーの半分以上と質の高い栄養素を得ることができ、12か月〜24か月でも、母乳で必要なエネルギーの1/3と質の高い栄養素を得ることができるそうです。

日本と言われていることと大きく違いますね。

日本では、6か月を過ぎると、母乳に含まれている免疫がなくなるので、離乳食を始めましょうというような考え方がまだまだ主流です。

離乳食をはじめると卒乳を視野に入れるのが日本では一般的のようです。

断乳と卒乳

子供の母乳育児を辞めることを以前は「断乳」といっていました。

これは、母親が「そろそろ母乳をやめよう」と決意して、その日以降子供が欲しがっても与えないという方法でした。

それに対して「卒乳」というのは、こどもが自然に母乳はおっぱいに興味がなくなり、飲まなくなるということです。

そのため「母乳を卒業する」から「卒乳」といわれるようになりました。

「卒乳」はある程度子供の意思が尊重されるので、時期は人によって本当に違いがあります。

離乳食を食べ始めたら、一切母乳を拒否した赤ちゃんもいれば、幼稚園に通っていても、まだ母乳を欲しがったり。

これはその子の個性と、また母乳との関わり合いが大きく左右されるようです。

特に寝かしつけや、泣いているときに母乳をあげる関わり方だと、栄養補給よりも精神的な安定に関わり合いがありますので、卒乳が遅くなる傾向があります。

また母親が仕事をしている場合は、卒乳をまたずに仕方なく断乳せざるを得ない場合もありますので、母親自体の状況によっても違いが出てきます。

日本の卒乳事情

あるアンケートによると、卒乳した時期で最も多いのは、1歳から1歳3か月で全体の42%です。

1歳未満は全体の約30%で、一番早い時期は0歳〜3か月で全体の3%に当たります。

ちなみに2歳以上も同じ全体の3%です。

卒乳の目安としては、おっぱい、ミルク以外で栄養がとれ、赤ちゃんがストローやコップが使えること。

これは、離乳食で必要な栄養を摂取して、水分もとれるようにならないといけないからです。

それから、大切なのは赤ちゃんや母親も体調がいい時期であることです。

これは当たり前ですが、体調が悪い時期に、普段の習慣を変えることはよくありません。

新しいことにチャレンジする時は心身共に元気な時に。

そして、家族の何か大きなイベントのない時期にしましょう。

上の子の入園や入学、父親の仕事が忙しい時期等、家族にも余裕がない時はおススメできません。

なぜなら家族にも協力してもうらう必要があるからです。

常に余裕をもって行動することが成功の秘訣です。

昔と今の子育ての考え方について

子育ての方針などは、昔から一貫して同じということはありません。

その時期で、流行のように「こういった方針」というのが主流になります。

顕著なのは泣いている子供の扱い方です。

昔は「泣いても抱っこばかりしてはいけない。甘えん坊になる」と言われていましたが、今は「泣いたら抱っこする」が主流です。

母子手帳もその都度、都度更新をしているので、兄弟でも書いてある内容が違うというこことがあります。

親の世代であればなおさらです。

同じ子育てですが、親の時代と今の時代それぞれ主流の方針が違います。

お互いそれなりに根拠はあるのですが、要はあなたがどの根拠を信じるかによります。

回りの意見に流されず、あなたの気持ちに沿った方針を選択すべきです。

よく言われるのに「子育てに正解はない」ということです。

悩んで悩んで出す結果が必ずいい結果になるとは限りませんが、それでも悩まないより悩んだ方が後悔は少なくなります。

そしてそれだけ真剣に相手を思いやる気持ちは子供にも伝わるはずです。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ