最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

たかが蕁麻疹とあなどるなかれ!その原因は肝臓にあるかも?

      2016/06/07

たかが蕁麻疹とあなどるなかれ!その原因は肝臓にあるかも?

突然、かゆみと共に現れる発疹。

特にお酒を飲んだ後に蕁麻疹が現れると、肝臓が悪いのか?っと心配になりますよね。

蕁麻疹の原因と対処法を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


蕁麻疹とは

皮膚の一部が突然に、赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると、あとかた無く消えてしまう病気です。痒みを伴いますが、チクチクした痒みに似た感じや、焼けるような感じを伴う場合もあります。
この膨疹は、数十分から数時間以内に消えるのが普通です。中には、半日から1日くらい続く物もあります。症状が激しい場合には、次々と新しい皮疹が出没して、常に皮疹が現れているように見える事もあります。
大きさは、1〜2mmくらいのものから数十cmくらいのものまで様々で、融合して体表のほとんどが覆われてしまう事もあります。
形は円形、楕円形、線状、地図状などと表現されますが、特に形には意味はありません。

引用元-−-村上皮フ科クリニック

蕁麻疹(じんましん)は、急性皮膚病の一つ。元来は全てアレルギーが関与していると考えられていたが、必ずしもそうではないものも含まれる。蕁麻疹の一種に血管浮腫(クインケ浮腫ともいう)と呼ばれる病態がある。また、アナフィラキシーショックの一症状として蕁麻疹が出現することがある。

引用元-−-ウィキペディア

蕁麻疹の原因は様々

原因を特定するには試食してみる
体質の問題もあり、症状を診断しただけでは原因を特定することは難しいとされています。そのため、じんましんが発症した要因を過去の経緯から判断することが多いです。
例えば、サバを食べたからじんましんが起きた場合、再度サバを食して診ることで一種の判断指標になり、それが長期的には予防策として役立ちます。
ちなみに食物性アレルギーによりじんましんを誘発しやすい食品は「牛乳、チーズ、卵などの乳製品、サバ、サンマ、マグロなどの魚類、エビ、カニなどの甲殻類と貝類」です。
それ以外では「牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、小麦、大豆、ソバなどの穀類、トマト、キャベツ、ジャガイモなどの野菜類、リンゴ、メロンなどの果物」になります。
じんましんを誘発するヒスタミンなどの「仮性アレルゲン」が直接含まれる食品では「赤ワイン、セロリ、タケノコ、チーズチョコレート、バナナ、ほうれんそう」などがあります。
また、合成着色料、保存料、酸化防止剤などの食品添加物もアレルギー反応の原因となります。

食べ物以外でもじんましんはよく起こる
食べ物だけではなく「こする、かく、つねる、刺す、触れる」など、直接的に皮膚を刺激した場合もじんましんは発症します。
特に子供は「動物の毛、昆虫、金属、化学物質、外用薬」に触れるだけでじんましんが出ることもあるくらいです。
また「暑い、寒い、温かい、熱い、冷たい」といった温度の変化や、夏場のエアコンや冬場の外気による乾燥、梅雨時の多湿、日光や汗などの自然物質でもじんましんは起きます。
ストレスなどの精神的負担でも発症しますし、細菌やウイルスなどの感染や病気の副作用でもじんましんが起きる場合があります。人によってはありとあらゆる物質がじんましんの原因となります。
急性のじんましんの場合は1時間以内に症状が出ることが多いので、その直前に「何を食べたか、何をしたか、何を触ったか、どこに行ったか」などを考えると、原因を特定できます。
自信がない場合はあえて2回、3回と繰り返すことで、確信に近づき、結果的にじんましんの治療への近道になります。
しかし、残念ながらじんましんは原因がわからないことはよくありますし、同じ原因があっても必ずしも毎回じんましんが出るとは限りません。体調の悪いとき、特に下痢をしていると症状が出やすくなります。
原因不明の慢性じんましんは「自分の体の一部分のみがアレルギー反応を起こしている」と考えられています。

引用元-−-じんましん辞典

蕁麻疹の種類も様々

じんましんの種類と特徴について!

まず1つ目は、アレルギー性蕁麻疹(じんましん)です。アレルギー性蕁麻疹は、私たちに最も身近な蕁麻疹です。食べ物や花粉など特定のアレルギー源が原因となって、じんましんが出るという特徴があります。食品アレルギーは、重度になるとアナフィラキシーショックを起こす危険性があります。
アナフィラキシーショックを起こすと、蕁麻疹の他に、呼吸困難などをおこし、最悪死に至る危険性もあります。食品アレルギーのある方は、外食時などにも十分な注意が必要です!

2つ目は、心因性蕁麻疹(じんましん)です。心因性蕁麻疹は、極度なストレスや緊張感が原因となります。心因性蕁麻疹の特徴は、原因となるストレスを遠ざける事でじんましんが出なくなるという事です。また一度じんましんが出ても、約1時間前後で引くことがほとんどですから、それほど心配する必要はありません。

3つ目は、コリン性蕁麻疹(じんましん)です。汗をかいた後に出る事の多いじんましんです。コリン性蕁麻疹の特徴は、若年層に出やすいという点です。小さな子供や20代に出やすく、大人になるにつれてコリン性蕁麻疹は出にくくなります。

4つ目は、日光蕁麻疹(じんましん)です。日光蕁麻疹は、強い日差しを浴びた時に出る蕁麻疹です。日光蕁麻疹の特徴は、4月〜9月に出やすい事と、太陽の光を浴びた部分のみに蕁麻疹が出る点です。日光蕁麻疹経験者は、それほど多くありません。しかし、太陽の光に弱い人は、なるべく露出を避けて、長袖の服を着た方が良いです。

5つ目は、急性蕁麻疹(じんましん)です。急性蕁麻疹は、毎日じんましんが出たり引いたりします。また、疲労、ストレス、ウイルスなどが原因となる事が多いのですが、原因が特定しにくいと言う特徴もあります。急性蕁麻疹は1か月以内に収まりますが、病院で診察を受けた方が良いです。

6つ目は、慢性蕁麻疹(じんましん)です。慢性蕁麻疹は、急性蕁麻疹と同じ症状で、毎日じんましんが出たり引いたりします。ただ、急性蕁麻疹との違いは、1か月以上症状が持続すると言う点です。急性蕁麻疹同様で、原因を特定しにくいと言う特徴があります。

7つ目は、寒冷蕁麻疹(じんましん)です。寒冷蕁麻疹は、冷たいものに触れたことがきっかけで出る蕁麻疹です。クーラーや氷を触った時など、体が冷えた時に蕁麻疹が出ると言う特徴があります。夏でも体を冷やし過ぎないように注意してください。

8つ目は、温熱蕁麻疹(じんましん)です。温熱蕁麻疹は、温かいもの刺激により出てくる蕁麻疹の事です。暖房やお風呂などで、体があたたまりすぎたときに、蕁麻疹が出やすいという特徴があります。温熱蕁麻疹が出やすい方は、体を温めすぎないように注意する必要があります。

このように、じんましんには、たくさんの種類があります。いずれの場合も、すぐにじんましんが治まれば心配いりませんが、症状が中々治まらない時や、繰り返しじんましんが出る場合は、病院で診察を受けてください。皮膚科やアレルギー科などで治療を受ける事で、ツライかゆみから早く解放されるかもしれませんよ!

引用元-−-健康生活

蕁麻疹の予防法

じんましんは辛い症状を伴う病気です。じんましんのつらさは、なったものしかわからないもので、食物の回避、室内空気環境維持などに対する周囲の不理解は本人の精神的負担になることもあります。じんましんは大人だけでなく、子供、それも赤ちゃん、乳児から幼児、小児に発症する場合は本人が説明できず、原因の特定に時間がかかることもあります。大人自身だけでなく乳児から小児まで、じんましんの発症を防ぐためには家庭での普段の生活から対応する努力が欠かせません。じんましんの原因がわかるときの治療ははっきりしますが、食事など特定が困難で知らないまま食べたり、触ったりして刺激を受け、何度も出るのことが多いのです。
じんましんの原因は、食事、室内の空気の汚れやダニの存在、衣服、日光、寒さ、熱、お風呂、運動などなど日常のすべてに可能性があるので、根気よく一つ一つ確認しながら、特定できればその原因を回避すればよいのです。じんましんの症状はこうした努力で少なくなったり、出なくなったりする場合もあります。原因がわかっても、その原因が生活する上でどうしても必要なものであれば免疫をつける治療に入るのですが、その前に普段の生活でできることを実行しじんましん症状を抑えられればそれに勝るものはありません。
日常生活で気をつけながらするじんましん発症の予防法を挙げてみました。
じんましんの原因としての食物に対する予防法は、主食なのか嗜好品なのか、アルコールなどの嗜好品が原因なら減らす努力をし、内臓が弱ってアレルゲンの吸収が増えているなら、飲みすぎ、食べ過ぎをやめて便秘、下痢などを起こさないようにします。問題は摂取が必要な主食品目に対してですが、前述したようなヒスタミンが多く含まれる食品を制限しながら見極めてゆきじんましんが出るものについてその量と発症の程度を確認してゆきます。また食品添加物についても同様の対処をします。
じんましんの原因としての衣服に対する予防法は、ゴムの圧迫などで皮膚の同じ部分が長く刺激されてじんましん症状が起こる場合は、ゴムによる圧迫の程度を測ったり、衣類の種類を変えてみたりして反応を確かめます。ショーツ、ブラジャー、コルセット、ストッキングなどのゴムの圧迫を変えたり、下着を替える工夫です。
じんましんの原因としての発汗に対する予防法は、運動や入浴などの制限が必要になります。汗をかくほどの運動はやめ、お風呂も長時間の入浴は避け、お湯の温度調節やシャワーの利用などでコントロールします。刺激物を食べて汗をかくことも注意します。温熱じんましんのように、体が温まるとじんましん症状が出る場合も同様です。皮膚を擦ることも程度を図らなければなりません。
じんましんは普段から体調を崩さないように節制することが重要です。松居一代さんも、お子さんの症状改善のために部屋を清潔に保つことに熱心になったそうです。ストレスを避け、睡眠は規則正しく十分な時間を取るようにします。じんましんは疲労、寝不足、暴飲暴食などで体調を悪くしたときに発症しやすいと心得てください。冬の風邪にも気をつけましょう。
じんましんの治療は時間との勝負で根気が大切です。普段の生活であせらずに治療を続けましょう。

引用元-−-じんましん原因、症状と治療、予防

蕁麻疹の治療法と使用する薬

a0940_000030

蕁麻疹の治療と処置

現在医療機関では、蕁麻疹に対して主に2つの方法で治療が行われています。1つは、蕁麻疹の原因となるものを除去したり、回避したりする方法です。例えば飲酒や食品添加物、温熱、物理的な刺激などを避けることです。
もう1つは、抗ヒスタミン薬を中心とする、内服薬を用いた薬物療法です。
実際医療の現場では、後者の抗ヒスタミン薬や、抗アレルギー薬、ステロイド薬などの薬での処置が主流になっています。その理由として、蕁麻疹はとても多くの原因から起きているため、その原因を特定するのは非常に難しいからです。
根本的な原因を突き止めれば、外的にそれを排除すれば済みますが、原因が特定できないうちは身体の内部から蕁麻疹が起きる原因を断つという方法がもっとも早い対処方法になるからです。

薬物療法のポイント
この蕁麻疹の薬物療法において大きなポイントになるのは、いかにヒスタミンの働きを抑えるかということです。蕁麻疹は、外的刺激などの原因物質が細胞内に侵入してくる時、細胞がヒスタミンという化学物質を放出することによって発生すると言われています。
皮膚が赤いミミズ腫れのようになったり、強いかゆみがでたりするのも、このヒスタミンの働きによるものなのです。つまり、蕁麻疹の治療ではこのヒスタミンの働きをいかに抑えるかということがポイントになってきます。
それゆえ、抗ヒスタミン薬はもっとも代表的な蕁麻疹の治療薬となっています。ただし、抗ヒスタミン薬は眠気や集中力、判断力、作業能率低下などの副作用がとても強いことがデメリットとしてあります。

引用元-−-スキンケア大学

1)アレルギー性蕁麻疹

a)急性蕁麻疹
急性蕁麻疹の治療は早めのステロイド剤の静注または点滴がよい。具体的にはソルコーテフの静注と抗ヒスタミン剤の内服でよいが、全身の蕁麻疹が数日続く場合または顔面に膨疹が出て赤く腫れた時はプレドニン(40mgまたは60mg)を点滴静注する。原因がわかっている場合はそれらを取り除くよう努力する。そして熱感があり風邪様症状があるときは抗生物質を混ぜる時もある。患者さんには「この点滴をすると蕁麻疹はしばらくすると消えるからね」と暗示をかける。私の経験でははやめに治療を開始すれば急性蕁麻疹は数日以内で治癒する。また急性蕁麻疹は胃腸をこわした後に出ることが多く、整腸剤の内服が必要な時もある。ステロイドの点滴はだらだらと長く続けないで3日以内で止めることが大切で、その後は抗ヒスタミン剤内服のみでよい。日常生活で注意することは、蕁麻疹が出ている時はからだの暖まる食べ物(カレー、キムチなど香辛料の含まれているもの)、アルコールは禁止する。入浴も出来ればシャワー程度でとめておくのがよい。痒みのひどい場合はステロイド軟膏を塗るか同部を冷やすとよい。
b)慢性蕁麻疹
原因がわからず慢性に経過する蕁麻疹については、それぞれの症例に適した対症療法を行う。まずポララミン、タベジールなどの抗ヒスタミン剤の内服から始める。ただし抗ヒスタミン剤は眠気を催すので車の運転などに注意する。抗ヒスタミン剤内服で改善されない場合は週に1回のヒスタグロビンとノイロトロピン混注液を注射する。これらの内服、注射を続けると慢性蕁麻疹の半数くらいは1〜2ヶ月で治癒する。この治療法でも蕁麻疹が治らないときは2型の抗ヒスタミン剤であるH-2ブロッカー(ザンタック、ガスターなど)を併用する。ただし、H-2ブロッカーは胃潰瘍の治療薬で蕁麻疹は保健適用外である。なお消風散などの漢方薬を併用すると劇的に治ることがある。しかしながら実際の臨床ではいろいろの治療を行っても治りにくい蕁麻疹があり、この場合は気長に治療を続けて自然治癒を待つことになる。食餌に関しては蕁麻疹との因果関係が明確でない限り体の暖まる食べ物を除き特に制限はしない。また防腐剤(みそ、しょうゆ、日本酒)に含まれるサリチル酸が蕁麻疹の原因となりうるので、添加物の少ない食品を食べるようアドバイスする。日常生活では充分な睡眠と、規則正しい生活リズムを保ち、暴飲暴食を避けることが大切である。

2)ヒスタミン性蕁麻疹

a)人工蕁麻疹
ある日突然擦った部位に一致してみみずばれに似た膨疹ができるものであるが、必ずしもアレルギー反応で生じるものでない。しかし機械的刺激でヒスタミンが分泌されるので、治療としては抗ヒスタミン剤を内服する。さらに以前の体質に戻すためにヒスタグロビン、ノイロトロピンの混注液を皮下注射を併用するとよい結果が得られる。消炎鎮痛剤を投与することもある。
b)寒冷蕁麻疹
寒冷蕁麻疹は寒冷を避けると同時に抗ヒスタミン剤、ビタミンEなどを服用する。根本的には寒冷に慣らすように努めるのがよい。具体的には洗面器に冷水を入れ、腕を冷水に入れる。そして蕁麻疹が出そうになったら腕を上げる。その訓練を毎日続け、徐々に冷水に入れる時間を延ばしていく
c)日光蕁麻疹
日光蕁麻疹はやや難治性で抗ヒスタミン剤服用だけではコントロールできないことが多。日常生活で日光を避ける必要がある。根本的には寒冷蕁麻疹と同じように、腕を日光に当てながら徐々にからだを慣らしていくのがよい。

3)コリン性蕁麻疹

発汗、運動、精神的緊張などの後に膨疹が出るコリン性蕁麻疹に対しては、暖かい食べ物を避け、激しい運動も避けるのがよい。抗ヒスタミン剤に加えて抗コリン剤(ブスコパン、コリオパンなど)を併用する。抗コリン剤は時には緑内障や前立腺肥大の悪化、口渇、便秘、動悸などの副作用がある。蕁麻疹の発症にストレスが関係している場合にはバランスやアタラックス-Pを投与する。いろいろの治療を試みても治りにくい場合にはツムラ消風散などの漢方薬を加えてもよい。

4)クィンケの浮腫

抗ヒスタミン剤内服などふつうの蕁麻疹と同じ治療法でよいが、呼吸困難を来たしそうなときはステロイド剤を加える。時にはヒスタグロビン、ノイロトロピンの皮下注射も効果がある。体調の変化などがあるときは、その原因を調べ、取り除くように努める。

5)治療のまとめ

以上のような対症療法を行っても治りにくい患者さんには、蕁麻疹をあまり気にしないで、膨疹の出没を楽しむような気持ちが必要だとアドバイスする。例えば「あっ、また蕁麻疹が出たね、私忙しいのよ、早く消えてね」などと考えていると自然に治癒することがある。さらに蕁麻疹は治りにくい場合であっても一生続くことはないと励まし患者の不安と苦痛を和らげることが大切である。蕁麻疹には決まった治療法はなく、医師と患者の信頼関係を大切にしていろいろな治療を試みることが必要である。

引用元-−-治療法

ヒスタミンの働きを抑えることがポイント
特定の刺激により症状があらわれる蕁麻疹では、特定の刺激を避けることが重要となり、自発的に症状があらわれる蕁麻疹では、薬物治療をおこないます。
薬物治療
蕁麻疹のもとになるヒスタミンを抑える薬である抗ヒスタミン薬をのみます。
抗ヒスタミン薬には多数の種類があります。
* 眠くなるもの、眠くなりにくいもの
* 1日1回あるいは2回以上のむもの
* 錠剤、水なしでものめる口腔内崩壊錠、ドライシロップ など
抗ヒスタミン薬の効果には個人差がありますので、医師の診察を受けて自分に合った薬を処方してもらいましょう。
抗ヒスタミン薬をのむと眠気が発現したり、注意力や集中力が散漫になることがあります。 自動車運転などの機械操作をする方や受験生など眠気があっては困る方はあらかじめ医師・薬剤師にご相談ください。

引用元-−-シオノギ製薬

蕁麻疹を発症する肝臓の病気

肝臓が悪いとじんましんが出るか
よく肝臓が悪いからじんましんが出ると信じられています。医者でもそのように説明している方もいるようです。しかし、一般的には肝臓が悪くてじんましんが出るとはいえません。肝臓が悪くなると痒みは出る事はあります。特に黄疸が出るような肝炎では痒みが顕著になりますがじんましんは出ません。痒みだけの場合とじんましんとを混同しているようです。しかし、最近有名になったB型肝炎ビールスなどでじんましんが起こることがあります。この場合は普通のじんましんでなく消えるのに時間がかかったり、跡が残ったりする様です。

引用元-−-尼崎医療生協病院

まず大人の蕁麻疹の原因ですが、風邪のような感染症のあと起こるものが10-20%、食物アレルギーで起こるものが5-10%、内臓疾患とくに肝機能障害によっておこるものが5%程度、薬剤の副作用で起こるものが2-3%、残りの約70%は原因不明です。
その中で、特に1か月以上治らないものを慢性蕁麻疹といいますが、その原因として、最近ではヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎と慢性蕁麻疹の関係が注目されています。しかし、やはり多いのはB型およびC型ウイルス性肝炎です。
ところで、肝機能検査およびB型、C型肝炎ウイルス性の検査は日本中どこの病院でも簡単に出来ます。

引用元-−-OKWAVE

B型、あるいはC型肝炎ウイルス、EBウイルスなどの、ウイルス性感染症も、慢性蕁麻疹との関連が指摘されています。こうした感染症時は、抗原抗体複合体に補体が作用して、マスト細胞が活性化するので、皮膚のトラブルを起こす原因になるようです。
ピロリ菌感染の除菌治療により、蕁麻疹への効果があるとの報告があります。ピロリ菌感染の除菌による蕁麻疹への効果については、データがばらつき、今は決定的とは言えないようですが、慢性感染は、体にいろいろな症状を起こす可能性があります。

引用元-−-千葉県

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ