最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

どうしよう!介護の仕事に自信ないと感じた時の対処法

      2016/06/07

どうしよう!介護の仕事に自信ないと感じた時の対処法

介護の仕事をしていてなかなか思い通りに動くことができず、

自信ないと感じてしまったことはありませんか?

今回は介護の仕事に自信ないと感じた時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


思っていたのと違って自信ないと感じる人は多い

介護の仕事は思っていたのとは違うケースも多い

介護の仕事というのは、お年寄りのお世話をする、そういうイメージが強いですよね。

全く違う仕事をしていて、人の役に立つ仕事がしたくて介護の現場を選んだ人も多いことでしょう。

ですが、実習や勉強を重ねるうちに、介護の仕事というのは思っていたのと違うと感じるのではないでしょうか。

お年寄りのお世話は決してきれいごとではない

お年寄りのお世話=介護ですが、現実はもっと大変です。

引用元-介護の仕事を前向きに取り組みたいけど、自信が持てません・・・という人に、現役介護福祉士おばさんがお答えします〜 | 介護職員初任者研修マニュアル!〜現役介護福祉士伝授〜

実習に行って、排泄やコミュニケーションの難しさを実感することも多いはず。

ただし、それは誰もが思うこと

でも、そんなことは誰もが感じることです。

思っていた仕事内容と違うので、自分にはできないかも・・・

そうやって自信をなくす必要はありません。

ショックを受けることもあるかもしれませんが、実習で現実に直面できることはとてもよいことだと私は思いますよ。

浅い気持ちでは自信が持てない

確かに浅い考えで仕事ができるとは限りません。

でも、最初はみんな同じです。

私も専門学校に入って勉強を始めたときに、あまりの専門性に「私には向いていない」とよく考えました。

自信もなく、仕事をするのも考え込んでしまいました。

浅い気持ちでは自信が持てないというのも理解できます。

引用元-介護の仕事を前向きに取り組みたいけど、自信が持てません・・・という人に、現役介護福祉士おばさんがお答えします〜 | 介護職員初任者研修マニュアル!〜現役介護福祉士伝授〜

介護の業界自体にも原因はある

介護職が自信を持てない理由は色々考えられる。

原因としては『一般社会の価値観』と『介護業界のマイナスイメージの蔓延』の二つが思い浮かぶ。

Ⅰ『一般社会の価値観』

現代の一般社会で価値があるとされるものは、介護業界では得にくい。

現代では『金銭』や『地位』が価値あるものとされているだろう。

もちろん私もこれが欲しいし、あるに越したことはない。

しかし、介護業界は低賃金であり、社会的地位も低い。

したがって、一般人からすると介護は価値あるものを得られない仕事と見られる。

また、介護業界で得られることは一般社会から見ると価値がそこまで高くないと思われている。

『ありがとうという“言葉”』『人の笑顔』『人の役に立てるという充足感』『人間的成長』ということは、他の仕事でも得られるし、これだけを糧として生きていくことは厳しい。

したがって、一般人からすると介護で得られることは『金銭』『地位』に比べて相対的に価値が低いと見られる。

つまり、介護という仕事は一般社会の価値観からすると、価値あるものを得られない仕事という評価を下されているのだと私は考えている。

Ⅱ『介護業界のマイナスイメージの蔓延』

介護は●Kと言われる。

暗い?キツイ?汚い?給料安い?危険?希望が無い?クレーム多い?結婚できない?子供を育てられない?体を壊す?心も壊す?

こじつけのKでも枚挙に暇が無い。

こうしたマイナスイメージの蔓延によって、ひとたび「介護をやってます」と他業界の人に言えば…

「大変だね」
「偉いね」
「自分にはできないよ」
「頑張ってね」

という言葉が返ってくる。

一生懸命仕事をしているのに、マスメディアだけでなく、親しい友人、恋人、親兄弟、親戚からこのようなマイナスイメージのお返しをされたら人は当然自信を失っていく。

引用元-介護職が自信を持つためにできること:介護の専門性新提案

介護の仕事で自信ないと思ってた時、自信をつけるには

これは、他の業種でも同じですが、先輩職員の言ったことはしっかりとメモをし、分からない事は質問をする。また、介護の勉強も自分からするといいでしょう。

そして、何よりも他の職員の方とのコミュニケーションをしっかりとるようにすることです。介護の現場の働きやすさは、施設内の人間関係と言ってもいいです。

日々、真面目に取り組めば、周りが認めてくれるはずです。

また、前述したように介護の先輩職員は教育の経験がないため、悪気なく不適切な言葉を放っている場合もあります。

実際、勤務後に会話すれば普通に笑顔で話せる場合もあるので、自分から積極的に動いてみましょう。

ただ、自分の力だけではどうにもならいこともあります。

もし、無理だと悟ったら、出来る限り新しい職場を探す等の対応を取る事も必要となります。

引用元-介護職 仕事に自信が持てない方へ

性格や年齢から介護の仕事が向かないという人はいない

これからの利用者は、さまざまな価値観や嗜好を持ち、それをどんどん主張するようになってくると思います。

だから、基礎的な介護の知識と技術を身につけなければならないのはもちろんですが、介護職もそれぞれ個性が違う人がいたほうがいいと思います。

それを上手くマッチングできる仕組み、また、悩みやトラブルを話し合い、サポートし合える環境づくりが求められます。

年齢が高いことは、確かに体力面で若い人よりきついかもしれません。

しかし、介護職特有の腰痛なども、ボディ・メカニクスを修得することや福祉用具の工夫等の研修で、未然に防ぐことが可能です。

また、訪問介護、特にグループホームや小規模多機能型居宅介護など居宅系においては、幅広い年齢層のそれこそ経験豊富な人が職員として、利用者と共に過ごすことがむしろ自然だと思います。

誰が利用者で、誰が職員か分からない・・・といったような。そもそも地域ってそういうものですよね。

だから最初は“自分は向かない”と思ってこの職を離れた人でも、他の職種や子育て・親の介護などを経験して再度この仕事に戻ってきたときに、“自分の天職”だと感じることも十分あり得るのではないでしょうか。

その意味でも、今、現場を離れている潜在有資格者の人に、ぜひとも再チャレンジしてもらいたいですね。

引用元-福祉の本質に迫る – 介護福祉の情報サイト「へるぱ!」

介護の仕事にやりがいを感じる事が大切

介護の仕事が慣れていないうちは、思うように介護・介助ができずに自信をなくしたり、仕事が向いていないのではないかと感じたりしてしまいがち。

しかし直接人のお世話をするということは同じ人間同士でわかりやすいこともあり、反応もストレートに自分自身に戻ってくるのです。

自分が尽くした分相手もそれを感謝してお礼の言葉をかけてくれたり、感謝してくれたりするでしょうから、それらにやりがいを感じると介護の仕事がより好きになることでしょう。

また、介護は自立のサポートを行うために、要介護者の症状が良くなるケースも多々見られます。

例えばリハビリによってトイレの介助が不要になったり、食事が自分でとれるようになったりすることも珍しくはありません。

さらに介護が必要になってくるとその不便さが自信のなさにつながり、積極性が欠けてしまったり引きこもりがちになったりする人も多いもの。

しかし介護福祉士による積極的なコミュニケーションにより、会話や笑顔が増えて以前よりも明るくなったり、他の人と過ごすのが楽しくなったりといった改善もみられるのです。

これらが目に見えてわかるようになれば、自分のしてきた仕事も間違いではなかったと感じ、充実感が得られることでしょう。

引用元-介護福祉士の仕事のやりがい

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ