最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

どうなの?玄関や階段を吹き抜けにするメリットとデメリット

      2016/06/07

どうなの?玄関や階段を吹き抜けにするメリットとデメリット

憧れのマイホーム。

せっかく建てるのなら自分たちが納得できるようにとことんこだわりたいものですよね。

最近では少しでも玄関や階段を吹き抜けにして室内空間を広くする間取りの家も増えてきましたが、吹き抜けって実際の所どうなの?

そこで今回は玄関や階段を吹き抜けにするメリットとデメリットを紹介します。

デメリットもきちんと把握して購入しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


玄関や階段を吹き抜けにするメリット

マイホームに吹き抜けを検討している人は、ただその見た目がかっこいいからというような安直な理由で決めてしまうわけにはいきませんよね。

吹き抜けのある家を採用するに当たってどんなメリットやデメリットがあるのかをきちんと理解している必要があります。

まずは吹き抜けのメリットについて考えていきましょう。

玄関や階段を吹き抜けにすることのメリットは何と言ってもその開放感です。

玄関から室内が広々と見渡すことができ、高い天井は豪華な印象をもたらします。

また、吹き抜けの一部に採光の為のはめ殺しの窓を取り付ける事によって、日当たりが悪い環境でも自然の光を多く取り入れて明るい空間を演出することができます。

普通の家と比べて音が伝わりやすい構造になっている吹き抜けがあるリビング階段にすれば、2階にいる家族と簡単に会話を楽しむことができたり、子供が遊ぶ様子を1階にいても把握できたりするので、家族間のコミュニケーションを取る上でも吹き抜けのある空間はメリットがあると言えます。

では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

玄関を吹き抜けにすると掃除が大変

玄関を吹き抜けにした時のデメリットとしてまず考えられるのは、上層部の掃除方法です。

複数の階層を一つの空間にしている以上、どう頑張っても手が届かないところが出てきてしまいます。

そういった部分はどうしても掃除業者に依頼して掃除をして貰わなくてはいけない為、管理も大変な上に余計な費用が掛かってしまいます。

また、照明器具の電球の取り換えもきちんと対策を考えておく必要があります。

手が届きやすいようにするために、1階部分と2階部分の境に梁を見えるように設計し、その部分に照明器具を設置する方法もありますが、その場合は上から降ってくるほこりの心配もしなくてはいけません。

せっかく明るくて開放的な吹き抜けのある玄関なのに、ほこりっぽいようじゃ台無しですよね。

しかも、玄関が吹き抜けということは、訪問者が一歩足を踏み入れただけで家の中をしっかりと見渡せてしまうわけですから、どんなに大変でも掃除の手を抜くわけにはいきませんし、見渡すことができないような工夫をする必要もあるでしょう。

リビング階段は省エネが難しい

続いて階段を吹き抜けにするリビング階段のデメリットについて考えていきましょう。

独立階段ではなくリビング階段にするということは、リビングが開放的な空間になる分だけ専有面積が大きくなります。

面積が大きいということはそれだけ空調が難しいということになります。

つまり、冷暖房を使おうとすればそれだけ光熱費がかかってしまうのです。

壁や扉によって部屋が区切られているのであれば、必要な部屋だけを冷暖房で調整すればいいですが、階段が吹き抜けになっている家であれば、家全体を暖めたり冷したりできるような環境を考える必要があります。

特に、冬場は上層階からの冷気が階段を通って下に流れ込んでしまう上に、暖房を使ってもなかなか暖まりにくいのが難点です。

お金に余裕があって光熱費の心配がないのであれば何も問題はないですが、少しでも光熱費を節約したいと考えるのであれば、リビング階段を採用する場合の寒さ対策は、暖房器具を利用するよりもコタツなどを利用した方がいいでしょう。

吹き抜けに向いているのは高気密・高断熱の家

基本的に家の出入り以外で長時間居続けることがない玄関の空調が困難でもそこまで困りませんが、リビングが寒いようでは困りますよね。

どうしても階段を吹き抜けにしてリビング階段を採用したいと考えるならば、断熱性と気密性の高い家にすると良いでしょう。

高断熱で高気密の家は、壁や床などに断熱材を使うことによって家の内と外との熱が伝わりにくくするので、家全体が一年を通して快適な温度を保ちやすくなっているのが特徴です。

この、高断熱で高気密の家にすることで、吹き抜けがあるからと言って下層階が寒くて上層階が暖かいというデメリットを解消する事が可能になります。

ただし、高断熱で高気密の家を建てるとなると、当然それだけコストがかかります。

吹き抜けでもコストがかかる上に更にプラスしてコストがかかることになるので、十分な予算を準備することができない場合や、無理をしてリビング階段を採用することは諦めて、他の選択肢を考えてみる必要があるでしょう。

吹き抜けに以外の選択肢もある

あまり吹き抜けにこだわりすぎるよりも、場合によっては他の選択肢を考えてみるのもよいでしょう。

そこで考えられるのがスキップフロアというものがあります。

スキップフロアとは、通常の1階と2階の間にもうひとつ空間を作ってフロアごとに段差をつけて作る設計方法です。

フロアに段差をつけることでデッドスペースを極力減らし、通常の空間よりも広々とした印象を与える事ができます。

フロアをずらしていることで仕切りを作らなくても各フロアが独立した空間となり、吹き抜けの様に複数のフロアをひとつにした構造ではないので、吹き抜けよりも空調が効きやすく、掃除もしやすいのが特徴です。

ただし、いくら吹き抜けよりは空調が効きやすいとは言っても、やはり壁や扉を設置しない以上はそれなりの光熱費はかかるので、それなりの工夫は必要になるでしょう。

また、音を遮る壁がないので音の伝わりやすさは覚悟する必要があります。

子供がいる家庭では階段で怪我をしないような工夫と注意も怠らないように意識しましょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ