話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

どうなの?玄関や階段を吹き抜けにするメリットとデメリット

2015.9.28

憧れのマイホーム。

せっかく建てるのなら自分たちが納得できるようにとことんこだわりたいものですよね。

最近では少しでも玄関や階段を吹き抜けにして室内空間を広くする間取りの家も増えてきましたが、吹き抜けって実際の所どうなの?

そこで今回は玄関や階段を吹き抜けにするメリットとデメリットを紹介します。

デメリットもきちんと把握して購入しましょう。

玄関や階段を吹き抜けにするメリット

マイホームに吹き抜けを検討している人は、ただその見た目がかっこいいからというような安直な理由で決めてしまうわけにはいきませんよね。

吹き抜けのある家を採用するに当たってどんなメリットやデメリットがあるのかをきちんと理解している必要があります。

まずは吹き抜けのメリットについて考えていきましょう。

玄関や階段を吹き抜けにすることのメリットは何と言ってもその開放感です。

玄関から室内が広々と見渡すことができ、高い天井は豪華な印象をもたらします。

また、吹き抜けの一部に採光の為のはめ殺しの窓を取り付ける事によって、日当たりが悪い環境でも自然の光を多く取り入れて明るい空間を演出することができます。

普通の家と比べて音が伝わりやすい構造になっている吹き抜けがあるリビング階段にすれば、2階にいる家族と簡単に会話を楽しむことができたり、子供が遊ぶ様子を1階にいても把握できたりするので、家族間のコミュニケーションを取る上でも吹き抜けのある空間はメリットがあると言えます。

では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

玄関を吹き抜けにすると掃除が大変

玄関を吹き抜けにした時のデメリットとしてまず考えられるのは、上層部の掃除方法です。

複数の階層を一つの空間にしている以上、どう頑張っても手が届かないところが出てきてしまいます。

そういった部分はどうしても掃除業者に依頼して掃除をして貰わなくてはいけない為、管理も大変な上に余計な費用が掛かってしまいます。

また、照明器具の電球の取り換えもきちんと対策を考えておく必要があります。

手が届きやすいようにするために、1階部分と2階部分の境に梁を見えるように設計し、その部分に照明器具を設置する方法もありますが、その場合は上から降ってくるほこりの心配もしなくてはいけません。

せっかく明るくて開放的な吹き抜けのある玄関なのに、ほこりっぽいようじゃ台無しですよね。

しかも、玄関が吹き抜けということは、訪問者が一歩足を踏み入れただけで家の中をしっかりと見渡せてしまうわけですから、どんなに大変でも掃除の手を抜くわけにはいきませんし、見渡すことができないような工夫をする必要もあるでしょう。

リビング階段は省エネが難しい

続いて階段を吹き抜けにするリビング階段のデメリットについて考えていきましょう。

独立階段ではなくリビング階段にするということは、リビングが開放的な空間になる分だけ専有面積が大きくなります。

面積が大きいということはそれだけ空調が難しいということになります。

つまり、冷暖房を使おうとすればそれだけ光熱費がかかってしまうのです。

壁や扉によって部屋が区切られているのであれば、必要な部屋だけを冷暖房で調整すればいいですが、階段が吹き抜けになっている家であれば、家全体を暖めたり冷したりできるような環境を考える必要があります。

特に、冬場は上層階からの冷気が階段を通って下に流れ込んでしまう上に、暖房を使ってもなかなか暖まりにくいのが難点です。

お金に余裕があって光熱費の心配がないのであれば何も問題はないですが、少しでも光熱費を節約したいと考えるのであれば、リビング階段を採用する場合の寒さ対策は、暖房器具を利用するよりもコタツなどを利用した方がいいでしょう。

吹き抜けに向いているのは高気密・高断熱の家

基本的に家の出入り以外で長時間居続けることがない玄関の空調が困難でもそこまで困りませんが、リビングが寒いようでは困りますよね。

どうしても階段を吹き抜けにしてリビング階段を採用したいと考えるならば、断熱性と気密性の高い家にすると良いでしょう。

高断熱で高気密の家は、壁や床などに断熱材を使うことによって家の内と外との熱が伝わりにくくするので、家全体が一年を通して快適な温度を保ちやすくなっているのが特徴です。

この、高断熱で高気密の家にすることで、吹き抜けがあるからと言って下層階が寒くて上層階が暖かいというデメリットを解消する事が可能になります。

ただし、高断熱で高気密の家を建てるとなると、当然それだけコストがかかります。

吹き抜けでもコストがかかる上に更にプラスしてコストがかかることになるので、十分な予算を準備することができない場合や、無理をしてリビング階段を採用することは諦めて、他の選択肢を考えてみる必要があるでしょう。

吹き抜けに以外の選択肢もある

あまり吹き抜けにこだわりすぎるよりも、場合によっては他の選択肢を考えてみるのもよいでしょう。

そこで考えられるのがスキップフロアというものがあります。

スキップフロアとは、通常の1階と2階の間にもうひとつ空間を作ってフロアごとに段差をつけて作る設計方法です。

フロアに段差をつけることでデッドスペースを極力減らし、通常の空間よりも広々とした印象を与える事ができます。

フロアをずらしていることで仕切りを作らなくても各フロアが独立した空間となり、吹き抜けの様に複数のフロアをひとつにした構造ではないので、吹き抜けよりも空調が効きやすく、掃除もしやすいのが特徴です。

ただし、いくら吹き抜けよりは空調が効きやすいとは言っても、やはり壁や扉を設置しない以上はそれなりの光熱費はかかるので、それなりの工夫は必要になるでしょう。

また、音を遮る壁がないので音の伝わりやすさは覚悟する必要があります。

子供がいる家庭では階段で怪我をしないような工夫と注意も怠らないように意識しましょう。

 - 雑学