最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

どれくらいで治る?肋骨を骨折する原因と痛みの症状

      2016/06/07

どれくらいで治る?肋骨を骨折する原因と痛みの症状

咳やくしゃみをすると胸が痛い、それどころか呼吸をするたびに胸が痛む、そんな症状を感じたら、それはもしかしたら肋骨が骨折しているかもしれません。

肋骨を骨折すると激しい痛みが走ります。

今回は肋骨を骨折する原因と痛みの症状についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


肋骨を骨折する原因と痛みの症状

肋骨骨折とは、肋骨にひびが入ってしまったり骨折をしてしまった事を指しますが、その原因の多くは外部からの力が加えられたことによって起こります。

わかりやすく言えば、事故にあったり転んだりした時に、強い衝撃を受けた事による圧力に耐え切れずに骨折してしまうのです。

外力によって肋骨を骨折をした場合は、折れた肋骨が内臓を傷つけてしまう危険性があるので注意が必要です。

また、中高年の方の中にはゴルフや野球をやっていて、思いっきりスイングをした時に亀裂が入ってしまうなんてこともあります。

一度肋骨を骨折してしまうと、骨折した肋骨部分を中心に激しい痛みが出てきます。ちょっと笑ったりくしゃみをしたりするだけでも痛みを伴うのはもちろんですが、呼吸をする度に痛みが出る可能性も考えられます。

また、骨折部分に軽く触れるだけでもかなりの痛みがあり、胸に圧力が加わると猛烈な痛みを伴うので、まともに立ってることもできなくなってしまう事もあります。

肋骨を骨折したら痛みはいつまで続く?

肋骨を骨折してしまったら何をするにも痛みを伴う日々が続きます。

腕や脚を骨折してしまった場合はギブスで固定して、患部に負担がかからないように日常生活を送ることも可能ですが、肋骨となるとギブスも使えませんし、ちょっとした行動でも幹部への負担になってしまいます。

1日も早く骨折を治したいのであれば、とにかく安静にしておく必要があります。

骨折の状態や年齢によって完治までの期間は様々ですが、ヒビ程度であれば安静にして患部に余計な負担を掛けないようにしてさえいれば、2〜3週間くらいで痛みも引いてきます。

一方、完全に骨折をしてしまっている場合は2カ月くらいは覚悟した方がいいかもしれません。

また、ヒビ程度の骨折の場合も、症状は2〜3週間で緩和してくるものの、そこから少しずつリハビリを行って日常生活に戻っていくので、完治までは2カ月はかかると考えておいた方がいいでしょう。

少しでも早く肋骨の痛みから解放されたいのであれば、重い荷物を持ち上げたり軽い運動も控え、安静に過ごしましょう。

疲労骨折はスポーツ以外でも起こる可能性がある

スポーツをやっていれば1度は疲労骨折というものを聞いたことがあるという人も多いと思います。

疲労骨折とは、1度くらいでは骨折するほどではない力ではあるが、同じ個所に何度も負荷がかかることによって骨折してしまう事を言います。

冒頭にも書いた通り、通常はスポーツをやっている人に多い疲労骨折ですが、肋骨の疲労骨折はスポーツをやっていない人でも起きてしまう可能性があります。

その原因は、咳です。

咳を何度も何度も繰り返し、いつまでも止まらないままになっていると、咳をするたびに筋肉が肋骨を引っ張ることで一定の負荷がかかり、そのダメージが蓄積して骨折してしまうのです。

骨折と言っても肋骨に少し亀裂が入ってしまう程度であることが多いですが、あまりにもひどい咳が長期間にわたって続いていると、疲労骨折が発生してしまう可能性も高くなります。

とはいえ、普通は咳やくしゃみ程度では肋骨を骨折してしまう事はありません。

もし骨折してしまうようであれば、骨の成長に必要となる栄養素が不足してしまって強度が弱くなっている可能性があるので、普段の食生活を見直してみる必要があります。

骨折しない為の食事

少しでも骨折する可能性を下げるためにも、普段の食生活を見直して骨の生成に必要な栄養素を摂取する必要がります。

骨を生成するうえで欠かすことのできない栄養素は「カルシウム」「ビタミンD」「タンパク質」の3つです。

骨を生成すると言えば言わずと知れたカルシウムですが、カルシウムの摂取量が不足してしまうと血中のカルシウム濃度が下がってしまうので、骨量を減少させてでも下がった濃度を上げようとしてしまいます。その結果骨がどんどん弱くなってしまうので、カルシウムをしっかりと摂取しなくてはいけません。

そんなカルシウムは小魚をはじめ、納豆や豆腐などに豊富に含まれています。

また、カルシウムをいくら摂っても、ビタミンDやタンパク質が不足していると効率よく吸収することができません。

ヨーグルトや牛乳といった乳製品を1日3回摂取して、バランスの良い食事を心掛ける事で骨を強くすることができ、骨折の予防にもつながります。

栄養バランスのとれた食事で丈夫な骨を作りましょう。

骨の強化には運動も必要

いくら栄養満点の食事を心掛けていても、それだけでは丈夫な骨は作られません。

骨は環境に合わせて強度を変えて生成されるので、全く運動をしない生活をしていると、徐々に骨の強度が下がっていってしまいます。

骨折をしない丈夫な骨を作るためには、適度に骨に負荷をかける必要があるのです。

しかし、ただやみくもに運動をすればいいというわけでもなく、過度の運動は骨にも大きな負担となってしまい、疲労骨折を起こしてしまう可能性もあるので、骨の健康を考えた運動強度を考えなくてはいけません。

骨の健康に最も効果がある運動強度は中程度です。具体的に上げるとするなら、30分のウォーキングぐらいが良いでしょう。

毎日30分のウォーキングをすることで、骨に適度の負荷と刺激が加わり骨の強度が維持されますし、日の光を浴びながらウォーキングすることによってビタミンDが体内で多く生成され、より強い骨を作る手助けをしてくれます。

また、骨に体重による負荷をかけて骨を強化するという意味ではスクワットなど、自分の体重を利用した筋力トレーニングも効果的です。

無理なく継続的な運動で、骨折予防をしましょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/mirai_anilabo/status/730690067866386432

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ