話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

なぜ?社会人になると友達が減る原因?

2015.10.5

学生時代は親友や悪友を含めて多くの友達がいた人でも、社会人になると友達が減ってしまうことでしょう。

ではなぜ、社交的な人でも社会人になると友達が減るのでしょうか?

今回は、そんな社会人事情を紹介しましょう。

社会人になると友達は何人ぐらいになるのか

まず、実際に社会人になった人の友達の数を見て行くことにしましょう。

ある既婚の女性の場合。

彼女も学生時代は積極的に友達を増やそうとしていました。

しかし、周りが結婚してだんだん会わなくなる友達が増えました。

しかも、旦那さんが転勤したので、頻繁に連絡をとる友達は1人だそうです。

友達が1人だというのは極端だと思いますが、多くの人は3〜5人くらいでしょう。

例えば、学生時代からの親友2〜3人と社会人になって趣味と通して知り合った友達が1〜2人。

さすがに、休日に一緒に遊ぶことはないでしょうが。

職場の同僚は仕事の仲間であって友達には入れていない人や、ネットで知り合った人も友達には入れていない人も多いので、社会人に友達の数を尋ねたら以外と人数は少ないかもしれません。

いずれにしても、結婚したり子育てに忙しい友達が多いので、会うとしても年に数回といったところでしょう。

もっとも、LINEやSNSでの会話はそれなりにあるでしょう。

社会人になると時間がないから友達が減る

ここからは、友達が減った理由を見て行くことにしましょう。

まずは、時間がないから。

社会人になると仕事が忙しくなってなかなか時間が取れなくなるもの。

そのため、遊びに誘われても断わることが多くなったり、休日は疲れて友達と会う気力もなくなったりします。

その結果、だんだん友達から誘われなくなり疎遠になるのです。

これは特に男性に見られる意見です。

学生時代とは違って、社会人になるとどうしてもプライベートより仕事を優先してしまいがちになります。

特に几帳面で真面目なタイプの人は遊びを優先するということにはならないでしょう。

しかし、久しぶりに友達と会ってみると、今までとは違う空気に触れることもできます。

その結果、行き詰まっていた仕事のアイデアが浮かぶかもしれません。

なので、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないときこそ、あえて昔の友達に連絡してみるのも良いでしょう。

相手の友達も同じことを考えているかもしれません。

社会人になると休みが合わないから友達が減る

次は、お互いの休みが合わないから。

世の中には多様なニーズ、つまり様々な需要に対応しなくてはいけないので土日を休めない人は少なくありません。

そのため、休みが不規則で友達となかなか会えず疎遠になったという人も多いでしょう。

これは友達づきあいを続けて行こうという意思はあるものの、休日が合わないという不可抗力によって友達が消えてゆくパターンです。

学生に人気があるマスコミ関係やサービス業に携わる人に多く見られます。

でも、そのまま何もしないと友達を失うことになります。

そんな人にお勧めなのが、定期的に会う日を決めておくことです。

そうすれば、休みが不規則な人でも休みをとるタイミングが事前に分かります。

ここで大切なのは、約束していた人数が揃わなくても会うことを止めないことです。

たとえそれが2人になって中止になったとしても、お互い電話などで連絡を取り合うようにしておけば、友人関係が消滅することはないでしょう。

社会人になると住む場所が変わるので友達が減る

次は、住む場所が変わったから。

社会人には転勤がつきもの。

また、学生時代とは違った場所に住むことも多いもの。

そのため、学生時代の友達は地元に就職したので会う機会がなくなった、転勤で昔の友達と疎遠になったなどの理由があります。

また、グローバル化を反映して、海外勤務になって昔の友達と疎遠になったという理由もあります。

そんな人にお勧めなのがネットの活用です。

今の時代、メールはもちろんLINEやSNSなど遠く離れた友達と連絡を取る手段はいくらでもあります。

友達を失いたくないという気持ちがあるのなら、自分から積極的に連絡を取ることが大切です。

もっと言えば、自分が同窓会の発起人になるくらいの気持ちが欲しいものです。

また、SNSなどのソーシャルメディアには素晴らしい友達と出会うきっかけがいくらでも眠っているでしょう。

これらを積極的に活用して行けば、社会人になって友達が減るどころか、むしろ友達が増えることにもなるでしょう。

社会人になると家族ができるので友達が減る

最後は、家族ができたから。

結婚して家族ができたら、独身時代の時のように友達と遊ぶ時間はなくなるものです。

特に子どもが生まれた場合はなおさらです。

そのため、友達と時間を合わせるのは大変になってくるしょう。

同じ理由で結婚した友達とも疎遠になりがちです。

これらは男性よりも、むしろ家事全般を担うことになる女性に多い意見でしょう。

でも、考えてみると、これは結婚して家族が増えた分、今度は反対に友達が減ってしまうというなんとも悲しいパターンです。

しかし、家族と友達はトレードオフの関係にはないはずです。

家庭環境が新しくなったときこそ昔からの友達は力になってくれるでしょう。

自分にはまだ子どもがいなくて相手に子どもがいる場合は、こちらから相手の家に遊びに行ったり、昼間の外に出かけやすい時間帯に待ち合わせをするなど、一定の気配りをしてあげると良いでしょう。

そうすれば、お互い楽しく友人関係を続けて行くことができるでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/surameee/status/723886531912470528
https://twitter.com/coma_etti/status/723351066016800768


https://twitter.com/ricerice102/status/734283377604317185

 - 生活・ライフハック