最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ぽっこりお腹の原因は男性必見です!年末年始は要注意

      2016/06/07

ぽっこりお腹の原因は男性必見です!年末年始は要注意

ポッコリお腹は暴飲暴食が原因?

ウェスト周りを気にしている男性は多いものです。

ぽっこりお腹にならない為にその原因を探ってみましたよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


ぽっこりお腹は肥満だけじゃなく、いろんな病気の原因にもなる!?

1.ポッコリお腹は生命の危機!?
早期死亡率50%!!
ポッコリお腹に悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。
男性の肥満は、放っておくと心筋梗塞や脳梗塞といった病気や、生活習慣病に繋がりやすく、健康面への悪影響がとても大きいんです。
しかも、普通の肥満の人に比べてぽっこりお腹の人は、早く死亡する確率が50%も高いそうです。
見た目だけではなく、健康のためにも知って欲しい、ぽっこりお腹の原因と改善策をご紹介します。

2.ポッコリお腹の原因
ポッコリお腹=内蔵脂肪型肥満
男性に多く見られるポッコリお腹は「内臓脂肪型肥満」と言われるものです。内臓脂肪型肥満とは、お腹の内臓の周りに脂肪が溜まってしまうタイプの肥満です。上半身に脂肪がつくため、リンゴ型肥満とも呼ばれ、中年以降の男性に多く見られます。
これは、生活習慣病を引き起こす危険な肥満です。

ポッコリお腹の原因
◾運動不足
◾暴飲暴食
◾カロリーの摂りすぎ
◾アルコールの過剰摂取
◾ストレスの溜めすぎ
◾筋肉の衰え

3.ポッコリお腹によって起る病気や症状
お腹に脂肪が溜まると高血圧や糖尿病、また血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する高脂血症などを引き起こしてしまい、それによって動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞になってしまうのです。
つまり、ポッコリお腹になることは病気のリスクが高くなる、とても恐ろしいことなのです。
他にも脳卒中、心臓病、肥満症、便秘、腰痛、膝痛、肩こり、肌荒れ、疲労、冷え性などがあります。

引用元-−-N-COOZY

ぽっこりお腹を解消する方法は?

男性のぽっこりお腹解消法

≪ 運動編 ≫
男性のお腹周りのダイエットに一番大切なのは運動です。
特に腹筋を鍛える必要がありますが、普通の腹筋運動をやみくもに続けても効果が得られなかったり、腰を痛めたりする危険性も。大切なのは、体の深層部にあるインナーマッスルと呼ばれる筋肉を鍛えること。

インナーマッスルを鍛えると姿勢も良くなり、それだけでぽっこりお腹が目立たなくなります。また、筋肉量が増えると基礎代謝もアップし、脂肪がどんどん燃える身体に! これに加えて通勤時間などを利用し、ウォーキングなどの有酸素運動も取り入れると、脂肪燃焼効果がさらに高まりますよ。
メタボは体の代謝がダウンすることで、脂肪や糖などが効率的に消費されずに体に定着してしまうため、メタボ予防には筋肉はしっかり鍛えて、代謝をアップさせることがポイント。激しい運動をするよりも、簡単な運動を毎日続けるのがぽっこりお腹解消への近道です。

≪ 食事編 ≫
食事は1日3食が基本です。痩せやすい黄金比率と言われるのが“朝食3:昼食4:夕食3”のバランス。代謝が上がりやすい昼に一番ボリュームのある食事を摂り、代謝の下がる夜は軽めで消化の良いものが◎。男性は会社のつきあいやストレスなどで過食しがちなので、外食が避けられない場合はアルコールを控えめに、低カロリー・高たんぱくのメニューを選びましょう。湯豆腐や、脂身の少ない赤身肉などがおすすめです。

食生活を改善&インナーマッスルを鍛えてお腹周りが引き締まると、見ため年齢もグンと若くなりますよ。
日常のちょっとした工夫の積み重ねで、ぽっこりお腹を撃退しましょう!

引用元-−-ぽっこりお腹の原因と解消法

ぽっこりお腹の中でも下腹ぽっこりには悪玉菌が関係している?

下腹のぽっこりが、腸の機能低下による衰えや腫れが原因とみられる場合は、腸内細菌のバランス(善玉菌が減り、悪玉菌が増えている状態)に問題があると考えられます。
したがって、単にお腹周りの筋肉を鍛えたり、摂取カロリーをセーブするだけでは思うような効果が現れないことも少なくないので、まずは腸内環境を整える必要がありそうです。
一般的に、腸の健康状態は、無数に存在する腸内細菌に左右されますが、腸の機能低下によるぽっこり下腹は、悪玉菌が増えていることが考えられます。
そのため、善玉菌を増やすヨーグルトや納豆などの発酵食品がよいと言われていますが、近年は腸内生存率の高い「ラブレ菌」を含んだ食材(キムチやすぐき漬け、あるいはサプリメントなど)が腸内環境の改善に役立つとも言われています。
※ ラブレ菌 … 胃液や腸液などの消化液で死滅することが少なく、腸まで届く強い乳酸菌。

引用元-−-下腹ぽっこり

痩せているのにぽっこりお腹?そんな人は必見!!

「年をとったから仕方ない」で片付けていないか
痩せ型の人もメタボ腹になる理由

たとえば、「大好物は揚げものです。ビールも飲むし、白米も食べます。ごはんを残したらいけないと言われていたので、ラーメンの汁も残さず完食しますし、マヨネーズをかけて食べるとなんでもおいしく感じます」…そんな人のお腹がぼてっとしていても、誰も不思議には思わないだろう。

でも、朝ごはんに食べるのはシリアルと牛乳、コーヒーもしくはパンに野菜ジュース。昼は会社の近くでランチ、夜はそのときの予定次第だが、そんなにお酒を飲む方ではない…という、どちらかというと痩せ型の人が、お腹だけはぽっこり出ていただら、どう思うだろう。

もしも、「やっぱり年をとったから仕方ないな〜」と思っていたら、そのもったいない考えは捨ててしまおう。これもまた、食べ方に原因がある。それはなにかというと、パターン化している朝食の内容だ。このように、朝に食べるのが火を使わないでも食べられる料理ばかりだったら要注意だ。体を温めないまま1日をスタートさせると、代謝はガクンと落ちてしまう。寒い日には体が縮こまるように、冷たいものばかりとっていると内臓だって動きが悪くなる。

引用元-−-DIAMOND online

ぽっこりお腹4タイプの原因と対処法

Green4_hahuhahu20141123125939500-thumb-1084x800-5740

1.脇腹ポッコリタイプ(太っていないのにくびれがない人も)
お腹が出てきたと思って一生懸命腹筋のトレーニングをするが、細くなりません。

腹斜筋を鍛えるのがポイント。

2.下腹ポッコリタイプ
猫背で姿勢が悪い。
姿勢を維持するために抗重力筋(脊柱規律筋や広背筋など)、主に背中側に付いている筋肉が衰えると、筋肉で体を支えられず、背中が丸くなってしまいます。
抗重力筋が弱ってくると、お腹の筋肉もほとんど使われません。
すると下腹だけが出てしまうことに。

姿勢を整えることだけでも、下腹ポッコリが解消されます。

3.兵隊さんタイプ(がっしりした男性に多い。筋肉質なのに、お腹だけ出ている人も)
胸を張りすぎていることでお腹が正面に生理だしています。
前屈してみると、かがめません。身体が硬いのが特徴。

腸腰筋というお腹と股関節をつなぐ筋肉が硬くなってしまったり、ハムストリングスというもも裏の筋肉が硬くなってしまっています。
腸腰筋が硬くなると体が背中に引っ張られお腹が前にせり出します。

ストレッチをしっかりやると自然と体を働かせられるようになります。

4.お腹一周浮き輪タイプ
齢とともに減少した筋肉が重力に負け、支えられなくなっています。

腹横筋を鍛えるのがポイント。
腹横筋は筋繊維が横方向に走っており、身体のコルセットの役割をしています。
付近の中でも最も深い部分にあるため意識して鍛えないと、年齢とともにどんどん衰え身体を支え切れなくなってしまいます。

続かないトレーニング
1.着替えないとできない
2.1回のトレーニングに時間がかかる
3.やり方が難しい
4.専用の器具を使わないとできない
5.家でできない

引用元-−-だだもれアンチエイジング

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ