最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

まぶたが乾燥してカサカサ!試して欲しい4つの対処方法

      2016/06/07

まぶたが乾燥してカサカサ!試して欲しい4つの対処方法

目は人の顔でもかなり目立つ部位ですから、女性はかなりメイクに力を注ぎます。

しかし、その結果、まぶたが乾燥して、カサカサになってしまうなんて残念ですよね。

ここではその対処方法を4つご説明いたします。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


何故まぶたは乾燥してカサカサになるのか?

それはまぶたの皮膚がとても薄いからです。

頬と比べると1/3しか皮膚の厚みがないのはご存知ですか?
でも、化粧で一番力を入れるところは目元ですよね。

アイシャドウにマスカラにアイライナー、それもウォータープルーフタイプなんて使うとそれだけクレンジングも強力になります。

そして、洗い残しがあるといけないと頑張って、ガシガシ洗っていませんか?
これが逆効果なのです。

どんどんまぶたをカサカサにしています。

それにも関わらず、保湿が十分でないとどんどんカサカサは進行していきます。

まぶたはデリケートな部分というご説明はいたしましたが、顔の他の部位と同じケアでは全然たりません。

一番デリケートな部位ですから、顔の中でも一番ケアが必要なのです。

そして紫外線、皮膚が薄ければそれだけダメージも大きいのです。

最近はスマホやPC、タブレットのブルーライトも原因になっているという説があります。

そして花粉症などアレルギーなどの症状がある人も注意が必要です。

試して!まぶたのカサカサには化粧品から見直そう

化粧品というのはピンキリです。

100円ショップでもコスメグッツはたくさんありますし、プチプラと言われているリーズナブルな化粧品はお店に溢れています。

その一方で、安くても数千円、1万円を超えるような化粧品もたくさんありますね。

さて、あなたはどんな化粧品を使っていますか?
最近はリーズナブルな値段で、発色が良い、色が素敵、使いやすいなんていう化粧品はたくさありますから、どうせたくさん試せるように安価なものを利用していませんか?
プチプラの化粧品にはたくさん良いところはありますが、肌に優しいか否かという1点に関しては、ベストな選択とは言えません。

まずは、使用されている成分が肌に優しいものかどうか調べてみましょう。

あまり肌によくない成分でしたら、使用は止めて肌に優しい化粧品に切り替えることを検討しましょう。

前述したとおりまぶたは他の部位から比べて、肌が薄いので、特にアイメイク関連の化粧品は刺激が低いものを利用するのがベストです。

クレンジングの仕方でまぶたの乾燥具合は変わる!

アイメイクが濃くなると、どうしても化粧品を落とすにはそれだけ強力なクレンジングが必要です。

しかし前述した通り、このクレンジングがまぶたへダメージを与えます。

でも洗い残しがあれば、それがまたまぶたのトラブルへの原因に。

痛し痒しという形ですが、ここでは、悩める女子のためのクレンジングの方法についてご説明いたします。

まずはクレンジングの見直しを。

肌に刺激の少ないものを選ぶようにします。

肌の刺激が少ないということは、それだけ洗浄力も落ちますが、ここは洗浄力よりも肌へのやさしさを求めるべきです。

もし化粧が落ちないか心配な人は、合わせて化粧品やメイク方法も見直しましょう。

次にゴシゴシ擦ることは厳禁です。

洗った気になるので気持ちいいのですが、どんどんまぶたの保湿成分が、それこそ根こそぎ奪われてしまいます。

出来ればコットンなどを使って、アイメイクにクレンジングなどをなじませて、ゆっくりとふき取りましょう。

まぶたのカサカサには保湿が一番

化粧品やクレンジングを見直した所で今度は、まぶたを優しく労わってあげましょう。

どんなに化粧品やクレンジングを見直したところで、やはりまぶたに対する刺激には変わりはありません。

そのため重要なのは保湿ケアです。

まぶたというのは当然目を覆う部分ですから、平ではありません。

そのため手のひらで化粧水や乳液を付けても、きちんと保湿されません。

指先を使って、もれなくすることが大切です。

ただ、他の部位よりもさらに保湿が必要なので、まぶた専用の保湿剤があったほういいでしょう。

オススメはワセリンです。

添加物がなく、かなり強力な保湿力。

顔中に塗ると抵抗のある人もいると思いますが、目元だけなら問題ないでしょう。

また、ちょっと乾燥がひどいなあ、と感じる日はコットンパックを試してください。

顔にパックする時もどうしてもまぶたは上手くパックされない事が多いので、目元だけ特別にたっぷり化粧水を含ましたコットンを利用してパックしてみましょう。

忘れないで!まぶたの乾燥の宿敵は紫外線

紫外線は皮膚に含まれているコラーゲンを破壊します。

だから女性は紫外線ケアには敏感ですが、でも目の周りに日焼け止めを塗るのはしみたりするので避けがちではありませんか?これが大きな間違いです。

繰り返しになりますが、まぶたはとてもデリケートです。

この場所こそ一番紫外線ケアが必要なのです。

もし目の周りに日焼け止めを塗る事に抵抗のある人はUVカットのサングラスをかけましょう。

そうでない人は乳液タイプの日焼け止めはどを試してください。

ちなみに4月、遅くても5月にはもうUVケアが必要です。

紫外線が一番強いというのは5月と言われています。

もっと日差しが強くなる7月ぐらいから、ケアを始める人が多いのですが、それでは間に合いません。

ケアを始める日も見直してくださいね。

さて如何でしたでしょうか?

まぶたの乾燥というのは放置すれば、いつまでもカサカサのままどころか、しわやたるみの原因にもなり兼ねません。

目元が老けてくれば、顔の印象も老いて見えます。

きちんとケアしていつまでも若々しい肌で過ごしましょう。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ