最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

もう悩まない!カップルでのLINEの頻度の決め方

      2016/06/07

もう悩まない!カップルでのLINEの頻度の決め方

今では若者の間で使っていない人を探すほうが難しいLINE

手軽にメッセージを送れる利点とは裏腹に、カップルだとどれくらいの頻度がいいのかが悩みどころです。

今回はLINEの頻度のうまい決め方をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


彼女はこんな風に考えているのかも

■毎日連絡するのは基本!?
・「生存確認と気持ちの確認のため。気持ちが離れないように、少なくとも1日1回は相手のことを考えたいし、私のことも考えて欲しいと思う」(29歳/その他)
・「できれば毎日会いたいが、会えないならせめて連絡はとりたいと思う」(29歳/その他)

引用元-−-マイナビウーマン

■週2、3回がベスト
・「毎日は仕事も忙しいし、義務的になってしまうから」(27歳/商社・卸/営業職)
・「月1の人はさみしかった。毎日の人は鬱陶しかった」(29歳/電機/事務系専門職)

引用元-−-マイナビウーマン

■必要があるときのみでOK
・「恋人だからといって、そこまで頻繁に連絡を取る理由がわからない」(26歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「恋人とはいえ他人同士なので、必要と感じたときに連絡があれば、それでいいと思う」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

引用元-−-マイナビウーマン

■お互いが心地良く感じる頻度が一番!
・「毎日だと重荷になってしまうかもしれないから、交換日記のように1日おきぐらいがちょうどよい気がする」(27歳/金融・証券/専門職)

引用元-−-マイナビウーマン

短めのLINEで回数が大事な時も

基本的に人は、心理学的にも親密に感じるのに接触の頻度は重要な意味を持っている。
「一週間前に、2時間電話したよ」
という関係より、
「30分くらいだけど、今週3回電話したよ」
って方が、仲の良さを感じないだろうか。

要は、身近感を感じるのはどちらかと言うと頻度の多さの方であり、量の概念より感覚的に重視している。

それを考慮すると、頻度を上げるために量を減らすことで相手に迷惑にならずに、密に連絡を取り合う関係を目指した方が良いことになる。

それなら、無理にLINEのやりとりを引き延ばすことを考えるよりは、切るところはスパっと切って、面倒には感じさせず、チョクチョク連絡を送っていく方が恋愛的な発展性がある。

従って、仲が良いなら短めを何回もする方向で考えて、仲があまり良くないなら最初はやりとりが長くなる方向で考えると、関係性が進められる。

応用的に考えると、LINEは時々できるようになっている状況だとしたら、盛り上がっている時は別として、一回のやりとりの総量を抑えて、何度もやりとりする方向で考えていくのもアリと言うこと。

仲の良さやこれから目指す関係性で、LINEの頻度と量の関係を自分なりに考えてみよう。

引用元-−-3歩下がって歩く彼女の作り方〜尻に敷かない嫁をもらおう

やはり親しき仲にも礼儀あり

LINEはメールよりも気軽なもの。だからこそ、ついつい送る頻度が上がってしまうのです。

相手が既読になっていないのにメッセージを連続で送ったり、既読になっているからと一方的に送ったり……。相手は負担に感じてしまいます。

LINEのメッセージはは相手のレスがあってからまた送るのが鉄則です。気軽なツールだからこそ、あなたも相手の返信を気長に待っていましょう。

引用元-−-ラブフォルム/LoveforM

時間帯も重要です。深夜や早朝など、相手の迷惑になりそうな時間は避けましょう。

また、そのような時間に既読になったからとメッセージを送りすぎるには考えもの。たまたま起きて携帯を見ただけかもしれません。

もし相手が予想外の時間に既読になったのならば「起きてたの?」などと探りのメッセージを送ってみましょう。反応がなければ、そのまま引き下がってくださいね。

引用元-−-ラブフォルム/LoveforM

ちょっとした工夫がカップルの距離を縮める

N811_iphonewomiserudansei500-thumb-750x500-2196

交際が始まってからは、メールの文章を考えるのに時間がかかる、後からでもよさそうな内容は返信できるときに後でしっかりと返信する、といった意見のように、信頼関係が築けていれば急いで返信をする必要はないようです。

交際中に関しては、まずは簡単でいいから返事をして、後からきちんと連絡をとり合うというのが理想的なようですね。返信は焦らず、自分のペースで大丈夫なようです。

ただし、もちろん放置は厳禁です。相手をあまり不安にさせない程度に連絡を返すことも心がけておきましょう。

引用元-−-Latte

良い方法としては、LINEを送る時に「忙しいだろうから返信はいつでも」や
「返信は大丈夫!」などの言葉を時には軽くつけ足したり
相手に会った時にサラッと「いつもLINEしすぎてないかな?大丈夫?」と
軽く聞くくらいが好感が持てるとのことでした。
その際は「本当に大丈夫?」など何度も聞かないようにしましょう。
迷惑ではないか気になるところではあると思いますが
必死だと相手に思われてしまわないためにもサラッとここは流したほうがよさそうです。

引用元-−-恋する.net

LINE上手になる5つのポイント

1.「愛の言葉」は通話で伝える

「『愛してる』や『好き』という言葉は、通話で伝える」(28歳・男性)

「文字だけだと、愛の言葉が薄っぺらくなる。だから、声に出すことが大切」(24歳・女性)

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

2.「スタンプ」で会話を楽しむ

「喧嘩をしても、スタンプで会話をすると、すぐ仲直りできる」(26歳・女性)

「面白いスタンプを送り合うと、仕事の疲れも忘れられる」(22歳・男性)

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

3.「今日の一枚」を送る

「今日あったことを文章にすると大変だから、『今日の一枚』を送る」(27歳・男性)

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

4.「既読スルー」は当たり前

「お互いに、既読スルーをしても気にしない」(23歳・女性)

「毎回返信をする必要はないと思う」(29歳・男性)

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

5.「動くスタンプ」で会話を締めくくる

「会話が長く続いたときは、『とりあえず、会話終了』の印として、動くスタンプを送る」(22歳・男性)

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

いかがでしたか?

LINEによってこれまで以上にコミュニケーションが取りやすくなった今の時代ですが、お互いの価値観を尊重しあって適度な距離感で楽しむのがポイントのようですね。

引用元-−-女子力UPのニュースサイト モデルプレス

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ