最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

アメリカで車を運転するには日本の免許があれば良い?

      2016/06/07

アメリカで車を運転するには日本の免許があれば良い?

アメリカに行って車を運転する機会がある人は多いでしょう。

そんなときは、アメリカでもう一度運転免許を取る必要があるのでしょうか。

それとも、日本の免許があれば足りるのでしょうか?

今回は、アメリカで運転するときの日本の免許の意味を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


アメリカで車を運転するための要件とは

アメリカに限らず、当人がよその国で車を運転する場合の要件とは、簡単にいえば当人に車を運転するだけの技術が備わっている、ということです。

つまり、その当人が自国で免許を取得していれば、基本的によその国でも車が運転できるということです。

このことは、ジュネーブ条約で定められています。

ジュネーブ条約では、この条約を締結してる国同士はお互いの国の免許を認めています。

つまり相手国で改めて免許を取得する手間を減らそうというのが趣旨です。

これは、いわゆる「国際免許」がいらないことを意味しています。

日本もアメリカもこのジュネーブ条約を締結しています。

したがってアメリカで改めて免許を取得する必要はありません。

また、国際免許を取得する必要もありません。

日本の免許を持っていればアメリカで車を運転することができるということです。

ただし、日本とアメリカでは交通ルールやマナー、標識等が大きく異なっています。

日本の免許があったとしても、これらのことは事前に調べておく必要があるでしょう。

国際免許があればアメリカで運転できるのか

よく耳にする「国際免許」とは何でしょうか?

疑問に思っている人も多いでしょう。

簡単にいってしまえば、「国際語に翻訳した免許」だといえます。

国際免許とは、自国で取得した免許の内容を、国際語といわれている英語やフランス語等に翻訳したものです。

いってしまえば、ただのコピーです。

したがってそれ自体には免許としての効力はありません。

ここで疑問が沸いてきます。

では、この国際免許は何のために作るのかということです。

それは日本語で書かれた日本の免許証ではアメリカの警察官がその内容を理解できないからです。

いってしまえば、相手国の警察官が内容を理解できるようにするために、国際免許が作られるのです。

そのため、たとえば同じ英語を使っているアメリカとイギリスでは国際免許というものは存在しません。

このように、国際免許だけではアメリカで運転できないということになります。

アメリカで運転するためには、自国の免許証が必要です。

日本の免許なしでアメリカで車を運転するとどうなるか

車を運転する技術が当人に備わっているのであれば、日本の免許という紙切れがなくてもアメリカで車を運転することはできるでしょう。

しかし、それが当局に見つかってしまえばトラブルに発展します。

まずレンタカーは借りられません。

なぜなら、レンタカーを借りるときに免許の提示がもとめられるからです。

しかし友人が借りたレンタカーを運転することはできるでしょう。

では、レンタカーを借りた無免許の当人が事故を起こした場合はどうなるのでしょうか?

無免許の人にレンタカーを又貸しした友人には巨額の損害賠償請求が届くでしょう。

訴訟天国ともいわれるアメリカ。

もしかすると一生かかっても払えないほどの巨額になるかもしれません。

また、地元の新聞やインターネットには、住所と氏名が載ることにもなります。

さらに一度無免許で逮捕されると、入出国時にトラブルになる可能性も否定できません。

無免許でもバレなければ良いや、などという安易な気持ちで車を運転すると、後で取り返しのつかないことになりますので、そんなことは絶対に止めましょう。

アメリカ・カリフォルニア州で車を運転する場合

先に説明したジュネーブ条約は、アメリカでは各州が独自に運用しています。

その中でもカリフォルニア州は他の州とは違った運用しているので注意しましょう。

特に現地に駐在することになるビジネスマンは注意しましょう。

カリフォルニア州は、旅行者に対しては先のジュネーブ条約の趣旨を尊重しています。

つまり、旅行者は自国の免許をもっており、かつ、18歳以上であればその免許の有効期間内は運転できます。

ビジネスマンであったとしても、旅行目的で行くのであれば問題はありません。

しかし旅行者以外はそうではありません。

カリフォルニア州で仕事に就く場合や、そこに住み始める場合には、たとえ日本で免許を取ったばかりであっても、10日以内にカリフォルニアの免許を取らないといけません。

現地に行ってはじめてこのことを知らされて慌てることのないようにしたいものです。

このことからも分かるように、カリフォルニア州では、先に説明した「国際免許」を認めていません。

外国人が日本で車を運転するのに日本の免許は必要か

日本はジュネーブ条約を締結しています。

したがって外国人が日本で運転するには、次の免許が必要です。

・日本の免許証。

これがあれば問題ありません。

・ジュネーブ条約に基づく国際免許証。

先に説明したように、国際免許証はただのコピーです。

当人が自国の免許を持っていることが大前提です。

日本と同等の水準の免許制度のある国に免許。

ただし、日本語の翻訳文がついていることが条件です。

まとめ

これまで見てきたように、日本もアメリカもジュネーブ条約を締結しているので、基本的に日本の免許があればアメリカでも車の運転ができます。

ただし、交通ルールもマナーも違うので事前によく調べておきましょう。

なおカリフォルニア州に旅行以外の目的で行く場合は改めて現地で免許を取得する必要がでてきます。

「郷に入れば郷に従え」という言葉があります。

いずれにしても、相手の国の文化や習慣を尊重しましょう。

そうすれば、大きなトラブルに巻き込まれることも少なくなるでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/ankh_0703/status/673377341192540161

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ