最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

アラフォーの結婚に妥協は必要?大人婚を考える

      2016/06/07

アラフォーの結婚に妥協は必要?大人婚を考える

アラフォー世代でする結婚・結婚式のことを大人婚というのだそうです。

この世代の女性が結婚を考えた時、条件に妥協は必要でしょうか?

今回はアラフォー世代の結婚についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


成長した自分の結婚=大人婚

今振り返ると、20代後半は「まずは結婚する/しばらく仕事を最優先させる」のいずれかを選ぶ時期だったのかもしれない。もちろん、「どっちも取る」という選択肢もあっただろうけど、それは形の上でどちらも手に入れただけのこと。本当はどちらかを優先させて力をかけてきたはずだ。

恋愛も人生もペースは人それぞれだけど、人間として女として成長していく過程で誰もが通りすぎるポイントがある。20代後半で恋を終わらせ、「しばらくは仕事」を選んだ人の多くは、30代前半、結婚とは遠かった。結婚願望があろうとなかろうと、恋愛していようといまいと、自分を育てることに夢中になっていたように思う。

そして、それが一段落した30代後半以降、再び結婚の契機がめぐってくるのかもしれない。

30代後半で手に入れる結婚は、20代の結婚とは違う。成長した等身大の自分にしっくりとくる、地に足のついたリアルな幸せが感じられる結婚--言うなれば、大人婚だ。

引用元-−-AllAbout

厳しい現実をしっかり踏まえること

アラフォーの婚活の現状をご存知ですか?

アラフォーといえば、30代後半から40代前半を指しますが、この年代の婚活の現状はかなり厳しいと覚悟しておく必要があります。
特に女性の場合は、妊娠・出産に対する問題があります。単に付き合うだけなら出産のことなど考えないのですが、結婚となると話は別です。
男性は、女性が思っている以上に相手の年齢を気にしています。そしてそのリミットが多くの場合35歳なのです。

アラフォー世代の婚活の現状は、あなたが想像しているよりもはるかに厳しい状況にあると思ってよいでしょう。
いきなり厳しいことを言いましたが、それだけ真剣に取り組んで頂きたいという事です。
若い世代と違い、アラフォーの婚活は相手も真剣なのですから。

引用元-−-アラフォーの婚活-現状と結婚への最後の道

妥協は確かに必要!

顔や容姿、年齢、年収、学歴、身長、スタイル、職業、性格、価値観など、若い頃と同じように高望みするのは無理があります。 とある結婚相談所のデータによると、20歳では結婚相手に年収1000万を求めても良いけれど、40歳では年収0円、 つまりお金を求められないという話もあります。 どんなに有能で仕事ができるとしても、恋愛や結婚市場では重要視されません。 40代以上にもなると、どれだけ妥協できるかがカギです。 年収が1000万円以上あるぐらいのお金持ちでなければ、相手に条件を求める云々などと言ってられない年です。 相手に求めるスペックのハードルを下げ、敷居を低くすることで婚活成功率を高めましょう。 中年から高齢に移ると、無職、派遣、キャリアウーマン、一流企業勤め、どれもそこまで差を感じないと思います。 「お金」を何よりも愛する人間は一生本当の幸福を感じることはできないでしょう。

ただ、裏を返せば求める条件のハードルを下げ許容範囲を広げれば簡単に結婚できたりもします。 要は「普通の人でもいい」という男女のペアができれば結婚できるわけですから、 妥協点さえ見つければ40代でも簡単に結婚相手を見つけられて明るい家庭を築けます。 その相手は年上の50代のリッチマンかもしれないし、年下の30代、収入も身長も低い不安定な人かもしれない。 しかし、それでも結婚することは可能です。 同世代やバツイチ子持ちなども選択肢に入れればいくらでもお見合いの機会は作れますし、 真面目で誠実、素敵な人とも知り合うきっかけはあります。 また、非常手段として、日本人は諦めて外国人に手を出してみると思った以上にうまくいきます。 日本は豊かな国なので外国人からは完全な売り手市場、引く手あまたです。

大事なのは、最低限の条件の彼氏彼女、夫や妻であっても幸せを実感できることです。 他者を羨んでばかりでは、いつまで経っても不満なまま、不幸を感じるだけ。 無口で大人しい、会話がつまらない、変な趣味を持っている、口うるさい、 強引過ぎる、料理が下手、このような短所なんて些細な事です。 自分が決めた相手と一緒に人生を楽しめるだけでも儲けもの。 孤独よりはずっと豊かだと思います。 自由気ままに好き勝手に生きてきたので 相手の短所があまり我慢できそうにない場合は相性重視 でパートナーを選びましょう。 現実として両親に「結婚しろ」と背中を押された男女のカップルはすぐデートをして結ばれる傾向があります。 それは相手に条件を求めず性格や価値観が一致するかどうかにだけ焦点を当てた結果。 とにかくあれこれと相手にケチをつけたり悪口を垂れてばかりでは、決まるものも決まりません。

引用元-−-恋愛tanu.com

大人婚だからこその幸せがある

あなたは熾烈で過酷な婚活市場の中で、つらく苦しいとお感じになることも少なくないかもしれません。
しかしながら、あなたは出会いに苦労しやすい状況である反面、納得できる相手と結婚までたどり着けたとしたら、その日々はより満足度の高い毎日となる可能性が高いと思われます。

なぜなら、結婚相談所や婚活サイトから出会いに辿り着いた男性がいたとしたら、その方は一時の若さばかりを追うような方ではない上に、自分の子供が持てるかということよりも、妻となるその人自身を見つめようとされている方である可能性が非常に高いからです。

その方が最終的にあなたを選んで結婚したとしたら、その方は若さといういずれ必ず消失するものや、子供というあなたの人格に関係のないものに左右されずに、あなたを認め、受け入れたことになります。

あなたは若い世代の女性よりも、出会いに苦労するかもしれません。
しかし、若い世代の女性よりも、あなたの事をぶれずに愛してくれる人と結婚に辿り着ける可能性が高いのです。

引用元-−-アラサー・アラフォー婚活支援。理想の結婚を招くさかなのブログ

急ぎ過ぎは逆に非効率!じっくりアプローチ

女性に多い傾向で、下手な鉄砲も数打てばあたると思い条件の合う男性を見つけたら、すぐアプローチ、ダメなら次!という方がいます。

しかし、アラフォー世代で自分の条件にあった男性と結婚をしたいのなら、これは逆に非効率です。

成功するどころか、どんどん失敗をかさねて、気がつけばアラフィフ…、最悪の場合は一生一人で暮らすことになってしまいかねません。

そうならない為には、条件の合う男性に狙いを定め、じっくりとアプローチすることです。

結婚を焦るがゆえに、相手の心の中に土足ではいるような事はしないように、ゆっくりと関係を深める事に意識しましょう。

また、急に強いアプローチをすると断られた時に、次のアプローチが非常にしにくくなるので、小さなアプローチをじっくり繰り返し、関係を深めましょう。

例えば、連絡先を交換できたとして、翌週にすぐにデートに誘う。

これで断られてしまった場合は非常に次が誘い難いですよね?

ですのでメールでのやり取りもじっくりと時間をかけて、相手の男性から「会いたい!」と思ってもらいデートにたどり着くくらいがベストでしょう。

引用元-−-婚活宣言

結婚後にわかることもある

a0027_000204

こんな考え方はいかがでしょう? 穏やかで、落ち着いた家庭の中で、共通の趣味や楽しみを探していくことを、楽しみにする。もし、その男性が“生理的に受け付けない”というような存在では無いのであれば、ですが。現時点で一緒にいて生理的に受け付けないとか、存在が苦になるとかであれば、この先一緒にいて良くなることはまず無いでしょうから。その場合は、スパッと次へ行きましょう。

もし、つまらないという理由だけで迷っているのなら、その人の全てを知らないうちに切り捨てるのはもったいない気がします。

既婚者にリサーチしたところ、「結婚後、パートナーの意外な一面や面白いところを発見した」という答えが多くありました。その男性にもそれは言えること。もちろんあなたにも。

引用元-−-アメーバニュース

NGと思われる言動をしていないか自分を見直そう

●その1:「年収600万」で妥協

「彼氏なしのアラフォー上司と結婚の話題になった時、『もうさすがに妥協するべきだよね。年収600万でも許そうかな〜』と一言。男性社員から冷たい視線を送られていました」(26歳/事務)

●その2:自分のレベルを勘違い

「彼氏ができないままアラフォーに突入した友人のために合コンを企画したんですが、合コンが終わると同時に『レベルが違う男は疲れるよ。バカに生まれたら苦労せず結婚できたんだろうけど』と言われ、企画した事を本気で後悔しました。自分をどんなにイイ女だと思ってるんでしょうか」(32歳/公務員)

●その3:相談所を見下す

「40代に突入して、1人だけ結婚していない友人に『そろそろ妥協したら?』と提案したら『婚活パーティーや結婚相談所に参加すればすんなり男ができるんだろうけど、そういうガツガツしたことは恥ずかしいし、イヤ』と返ってきました。結婚は諦めたほうがいいでしょうね」(41歳/主婦)

●その4:美魔女ブームの勘違い

「同窓会に、茶髪の巻き髪につけまつ毛、ワンピースで登場した女がいました。『今は美魔女ブームだから、若い子は私らぐらいのお姉さんと結婚したがってるみたいよ。あんたもそんな所帯じみた格好してないで、頑張りなよ(笑)』と言われ、ドン引き。若い子から見たら、私たちはもうただのオバサンでしょう」(45歳/自営業)

●その5:自分へのご褒美

「うちの部署のアラフォー上司は、とにかく自分にお金をかける人なんです。持ち物はほとんどブランド物、週末のエステは欠かせないのだそう。『イイ女は、自分へのご褒美が絶対必要なのよ』とアドバイスされたけど、いい歳してそんなお金の使い方をしてたら男は逃げていきますよね」(28歳/金融)

引用元-−-ライフコラム

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ