最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

アラフォー世代の青春バイブルHot−Dog PRESSが復刊!

      2016/06/07

アラフォー世代の青春バイブルHot−Dog PRESSが復刊!

バブルの時代に青春を過ごしたアラフォー世代の青春バイブルであるHot-Dog PRESSが電子書籍として復活し、イケてるオヤジがザワついています!

当時の過激さがどこまで残っているのかも気になりますね。

そんなホットドッグプレスの復刊に対する各メディアの反応とネット上の反響をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


「HOT-DOG PRESS」がWeb限定復刊、当時の読者向けに恋愛特集など

2004年に休刊した講談社の情報誌「Hot-Dog Press」が、「OYAJI Hot-Dog Press」として25日にWeb限定で復刊する。楽天が運営するポータルサイト「インフォシーク」で6月30日まで公開する。

 講談社の旧「Hot-Dog Press」編集部のメンバーを中心に、オリジナルコンテンツを企画・編成。「Hot-Dog Press」の読者層だった現在の40代男性を主な対象とし、当時のテイストをそのままに恋愛や趣味、ファッションなどのジャンルの読み物を展開する。

 第1弾コンテンツの特集は「オヤジのための今堂々と読む恋愛ブック」として、20代OLによる座談会の様子などを掲載。「妻になぐられても手に入れたい、危険な匂いのするクルマはこれだ。」「あの伊達男に学べ」といった特集も掲載する。第2段コンテンツは4月22日に更新する予定。

 インフォシークはこのほか、「OYAJI Hot-Dog Press」限定の公式Twitterアカウントを開設し、読者や編集部のコメントをリアルタイムで配信する。楽天と講談社は、「OYAJI Hot-Dog Press」を通して、元来消費力のある世代である40代を刺激するとともに、草食化が進む若年層を盛り上げたいとしている。

引用元-−-INTERNET Watch

「Hot-Dog PRESS」が復刊 ターゲットは「40代オヤジ」

若年男性向け情報誌「Hot-Dog PRESS(ホットドッグ・プレス)」(講談社)が電子雑誌として復刊すると、2014年5月14日に発表された。NTTドコモが6月以降に始めるスマートフォン向け電子雑誌サービス「dマガジン」(月額432円)のラインナップとして発行される。

同誌は1979年創刊。20代男性を中心に愛読されたが、2004年に休刊した。10年には当時の読者層に向けたWEBマガジン「OYAJI Hot-Dog Press」が期間限定で連載されている。今回の復刊も同様に「40代オヤジの本音マガジン」と銘打って、当時の読者をターゲットとする。

引用元-−-BIGLOBEニュース

「ホットドッグ・プレス」「シンラ」復刊…名雑誌、不況への挑戦

79年創刊で、バブル時代にはデート・マニュアルとして人気だった『ホットドッグ・プレス』(講談社)は、6月からスマホ対応のデジタル誌(月2回刊)として2004年の休刊以来、10年ぶりに復活した。

 狙いは旧誌時代に愛読者だった現・オヤジ世代。「デジタル雑誌の成功例はまだ少ないが、若い頃親しんだ人が多いこの雑誌を昔のテイストのまま出せば、今もイケイケの40代に読んでもらえるのでは」と奈良原敦子・講談社第四編集局長。NTTドコモの雑誌読み放題のサービス「dマガジン」を手始めに、他のサービスにも広げていく予定で、各記事は単体で電子書籍としても販売する。

 「40オヤジのココが好き!」という女性への意識調査など、まだモテたい男心をくすぐる記事や、作家・北方謙三さんの旧誌時代の名物連載「試みの地平線」の再録が売りだ。

引用元-−-ヨミウリオンライン

ホットドッグ・プレスとは?

ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS)は、かつて存在した日本の雑誌である。若年男性を読者とする情報誌として1979年(昭和54年)に講談社から創刊され、その後のバブル期にかけては、いわゆる「デート・マニュアル」として人気を得ていた。

引用元-−-ウィキペディア

雑誌『Hot-Dog PRESS』、10年ぶりデジタルで復刊

1979年から2004年まで25年間にわたり講談社から刊行されていた男性向けファッション雑誌『Hot-Dog PRESS』が、10年ぶりにデジタルマガジンとして復活する。“ポテトボーイのためのライフスタイル”を発信してきた同誌のかつての読者も、いまや “40オヤジ”。「不惑」を過ぎたものの迷いっぱなしの男たちの現実に向き合うホンネマガジンとして再スタートを図る。

 新生『Hot-Dog PRESS』は、6月よりNTTドコモの新サービス「dマガジン」内で配信開始。「dマガジン」は、スマートフォンやタブレットを使って、70誌以上の最新人気雑誌が月額400円(税抜)で読み放題のサービス。また、8月を目処にiOSのNewsstandでの配信も予定している。

 そのため、スマートフォン&タブレットに特化した画面設計で、特集1本は、スマホ画面で約30~40ページ。特集ごとにミニ電子書籍籍(マイクロコンテンツ)としても販売する(アマゾンはじめ、電子書店、ストア各店で購入可能)。

 例えば、「ゆるポチャでもいいじゃない? 愛されオヤジ“メタぼん”になる!」と、肉体改造ではなく、太めの自分を肯定する生き方を提案したり、「女探偵がこっそり教える上手な浮気の続け方&ごまかし方」といったまだまだ遊びたい40オヤジの妄想に応える特集などを企画していく。

 また、往年の名物連載、北方謙三氏の「試みの地平線」を完全再録して連載。1979年の創刊号から、各号の表紙も連載形式で配信するほか、新規連載として「いまさら人に聞けない“進撃の巨人”講座」や、最新のSNS系アプリの40オヤジらしい使い方がわかる「スグわかる&使えるSNS系探検隊」などを準備中だ。

引用元-−-オリコンスタイル

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 趣味・ホビー

ページ
上部へ