最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

インフルエンザ症状が子供に出た時に注意したいポイントまとめ

      2016/06/07

インフルエンザ症状が子供に出た時に注意したいポイントまとめ

インフルエンザは毎年流行し、予防接種も盛んにおこなわれてきました。

毎年必ずと言っていいほど流行するインフルエンザ

そんなインフルエンザが子供に感染したらどうなるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


インフルエンザについて改めて調べてみる。

pt_flu

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。
「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。インフルエンザに感染すると、1〜5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3〜7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月〜4月に流行が見られます。2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。
インフルエンザの特徴
•潜伏期間 … 1〜3日
•感染経路 … おもに飛沫感染(※)
•発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る
•症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
•療養期間 … 一週間程度

※飛沫とは、くしゃみや咳(せき)などで唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること。

引用元-−-マイクリニック

子供がインフルエンザに感染した時に気を付けたいこと

このインフルエンザには、季節性と新型がありますが、
身体の抵抗力があまりない乳幼児など、10歳未満の
子供の感染が多いようですね。

また、感染してしまった場合、重症化しやすく、
このようなお子様がいるお母さん方には、
大変心配のことと思います。
高熱が出た場合、普通は解熱剤の使用を
考えますよね。

しかし、子供のインフルエンザで解熱剤を
むやみに用いると、「インフルエンザ脳症」を
引き起こす可能性があるから注意が必要です。

インフルエンザ脳症は、脳に後遺症が残ったり、
死亡率は約10%程度もあります。

だから、子供に高熱が出た場合は、インフルエンザを疑い、
解熱剤を使用するなどの、誤った自己判断は
危険なのでやめましょう。

必ず、医療機関へ行き医師の指示に従うことが重要です。
子供がインフルエンザにかかると、怖い合併症に
かかる可能性があることをご存知でしょうか?

合併症はインフルエンザの症状が重症化した時に
かかる可能性があるのですが、子供のほうが
大人よりもかかる可能性は高いのです。

毎年、数百人の子供が発症し、そのうちの
10%〜30%が死亡し、約20%の確立で後遺症が
でているそうです。

引用元-−-Marthaのトレンド.Com

子供がインフルエンザに感染して怖いのは合併症!!

• 中耳炎
• 熱性けいれん
• ウイルスによる肺炎
• 気管支炎
• 心筋炎
• ライ症候群(アスピリンとの関連が指摘されている)
• インフルエンザ脳炎・脳症

インフルエンザ脳症・脳炎

インフルエンザの合併症のなかで、最近よく聞くのが、インフルエンザによる脳炎・脳症。毎年100人ほどが亡くなり、ほど同数の後遺症患者がでているとの報告があり、2002/03の冬もすでに26名(0〜7歳の小児)の方が亡くなっています。 そこで、インフルエンザのよる脳炎・脳症について詳しく調べてみました。

原因は?

インフルエンザ感染が発症の引金となります。なぜ発症するのかは現時点では不明。ただし一部の解熱剤との関連性が指摘されています。

いつ起こるの?

インフルエンザにかかってから、0〜2日以内に発症します。

どんな症状?

インフルエンザによる高熱がでているときに、突然のけいれんや意識障害(昏睡状態、異常に暴れる、意味不明のことを言うなど)をおこし、短期間に全身症状が悪化、死にいたることもある恐ろしい病気です。厚生労働省の調査では、患者のうち約3分の1が亡くなり、約3分の1に後遺症が残るといわれています。

前駆症状は?

前駆症状にはさまざまな症状がありますが、熱性けいれんや高熱に伴ううわごととも非常に区別がしにくいようです。「いつもと違う」症状た「いつもと違う」といった胸騒ぎがあれば必ず病院へ。
•けいれんを起こす。
•何度起こしても、起きない。
•嘔吐しながら、ずっと眠っている。
•立てない。
•狂ったように暴れる。
•頭をぐるぐる回す。
•意味不明の言葉をしゃべる。
•「ぎゃ〜」や「わぁ〜」などの奇声や悲鳴を上げる。
•消えているTVを見て「猫が来る」などと口走る。
•自分の手を「ハムだ」といったりする。
•悲鳴を上げて脅える。
•「恐い」「行かないで」などといって脅え、泣き叫ぶ。
•異常に興奮する。 など

引用元-−-学校たんけん隊

子供のインフルエンザ その症状は?

A型インフルエンザは突然39〜40℃の発熱で始まることが多く、年長のこどもでは、頭痛、のどの痛み、全身の関節の痛みを訴えることがありますが、年少のこどもでは発熱の他は、元気や食欲がない程度の症状しかないことが多く、診断が難しいことがあります。発熱に続いて咳や鼻汁が出現してきます。咳、発熱が持続する場合は、気管支炎、肺炎といったさらに重い合併症を起こしていることがあり、注意が必要です。また、1才から4、5才の小児では、後述の急性脳症という重症合併症を発症することがあります。発熱は上下を繰り返しながら、4、5日間以上持続する場合がありますが、軽症であればそれより短期間で治まります。また、一旦発熱がおさまってから再び体温が上昇することもあります。B型インフルエンザは、発熱の他に胃腸症状を伴うのが特徴で、A型よりも軽症のことが多いようです。現在では、病院によっては、迅速診断キットにより、診察時に診断が可能になっており、時を移さずに治療することが可能になっています。

引用元-−-ちさか小児科

子供のインフルエンザは親の見守りが肝心!

子供がインフルエンザにかかっても、大人のように自分で対処していくことは困難です。普通の風邪でも子供の場合、気付かず元気に走り回っていることが多いですので、インフルエンザのような辛い症状でも自分からは症状を告げることがない場合もあります。親御さんがしっかり観察をして、さらに一般的なインフルエンザの症状を把握しておくことが大事です。

最後にもう一度、確認してみましょう。

•風邪とインフルエンザの見分け方を把握する
•>インフルエンザの合併症を把握する

大切なことは高熱時いつもと何か違うと感じたらすぐ受診することです。インフルエンザをただの風邪と思わずに対処してあげてくださいね。

また、症状の把握、合併症の知識もあるのとないのとでは大きな違いとなってきます。お子さんへの観察をしっかりしてあげてくださいね。

引用元-−-iGotit

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ