最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

インフルエンザ脳症で解熱剤の使用に注意!原因や症状、治療法などのまとめ

      2016/06/07

インフルエンザ脳症で解熱剤の使用に注意!原因や症状、治療法などのまとめ

インフルエンザの感染にともなう病気としてインフルエンザ脳症がありますが

安易な解熱剤の使用は危険なこともあります。

しっかりとインフルエンザ脳症について知りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


インフルエンザ脳症とは?

 インフルエンザ脳症は、インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受ける( 多臓器不全たぞうきふぜん)、重い疾患です。インフルエンザの感染は引き金となりますが、脳の中ではウイルスは増えず、感染によって産生されたサイトカインなどによって、脳障害や多臓器不全が起きると考えられます。

1995年ころから報告があり、2000年ころから一般に知られるようになりました。欧米では少なく、東アジアに多いと考えられています。日本の年間発症数は100〜500例で、病因別では最も多い疾患です。好発年齢は1〜5歳、ただし、2009〜10年に流行した新型インフルエンザでは、5〜10歳が中心でした。

引用元-Yahoo!ヘルスケア

インフルエンザ脳症の症状

脳の障害とインフルエンザ特有の様々な症状を起こします。

・高熱(多くは38℃以上)
・咳、鼻水、全身倦怠感、ノドの痛み、筋肉痛などのインフルエンザの症状
けいれん
・意識がなくなる意識障害
・おびえ、恐怖、幻覚、幻視、突然大声を出したり、うわごとを言ったり突然怒り出したりする異常行動

インフルエンザ脳症は、発熱してから48時間以内に起こります。通常のインフルエンザでは見られない症状がないか注意する必要がありますが、異常行動が必ずしも脳症が起きている証拠とは限りません。

タミフル投与後の異常行動の報告で、インフルエンザ治療時の異常行動が問題になりました。異常行動の多くは、発熱後24時間以内に見られ、特に高熱時に多いようです(低温時にも見られることもあります)。
一方で、タミフルを投与していない無治療のインフルエンザでも異常行動が見られることがあるため、異常行動自体がインフルエンザによる合併症とも考えられています。
いずれにしても、異常行動によって事故につながることもあるので、インフルエンザの時には注意深く観察する必要があります。

引用元-All About

インフルエンザ脳症は予防できるの?

 一時期、ワクチンを接種すれば脳症にかからないといわれたこともありましたが、ワクチン接種していても脳症にかかる場合はあります。ただ、ワクチンを接種しても免疫のでき方は個人差が大きいですし、2才くらいまでは免疫のでき方も十分ではないこともありますので、ワクチン無効とは決めつけられないと思います。

ワクチンは毎年接種を続ければ、だんだん免疫も高まりやすくなりますので、やはり、乳幼児期からでも積極的に接種した方がよいと思います。仮に今年度十分効果が見られなくても、毎年接種を続ければ次年度以降免疫が高まってきます。

引用元-よしだクリニック

インフルエンザ脳症の後遺症について

インフルエンザ脳症は文字通り、脳に障害をもたらすため、急性期には意識障害、神経障害を引き起こし、運動系の後遺症として、運動麻痺、嚥下障害、視覚や聴覚の障害が認められています。

また神経系の後遺症として精神遅滞やてんかんなどが多発し、失語症や記憶障害なども現れるようです。

一般にはインフルエンザ脳症はインフルエンザウイルスの感染が原因と考えられていましたが、近年の研究によって、解熱剤の投与が起因して生体防御物質のひとつであるサイトカインが過剰になり、炎症を引き起こすことが知られています。

そのためインフルエンザによって高熱が出たからといって、安易に解熱剤を投与すると、逆にインフルエンザ脳症や、その後遺症を招きやすいので注意が必要です。

本来発熱反応は、ウイルスや病原菌と戦うために必要な生体反応であるため、幼児や高齢者など体力が弱っている人であっても解熱剤を使うことなく、安静にして免疫力に依存する方がインフルエンザ脳症やその後遺症を防ぐためには望ましい治療法とされています。

引用元-インフルエンザ脳症とは

インフルエンザ脳症で解熱剤の使用には注意を!

インフルエンザに限らず、発熱すると解熱剤がよく使われますが、解熱剤は一時しのぎの薬ですし、使いすぎると異常な低体温になったりしますので、注意して使用しなければなりません。

「熱さましを使用したのに熱が下がらない。」という事はよくあります。インフルエンザウイルスを排除するために、免疫活動が活発になった結果、発熱も見られるようになります。
きちんとインフルエンザの薬を内服(吸入)していれば、次第に解熱します。それでも、なかなか熱が下がらないと、心配になる事もあると思います。
その時は、様子を見てばかりいないで早めに受診するようにしましょう。(発熱と熱さまし)

日常よく使われている解熱剤(熱さましの薬)の中には、インフルエンザ脳炎・脳症を重症化させる場合があるということが、厚生省の研究班によって報告されています。
多くの解熱剤は、生体内でシクロオキシゲナーゼという物質の働きを抑えることによって熱を下げます。このシクロオキシゲナーゼという物質は発熱作用の他に、血管の修復作用も持っています。
つまり、解熱剤を使用すると熱が下がるだけではなく、脳炎・脳症の時に見られる血管炎も治りにくくなるため脳炎・脳症を重症化させる可能性があるというものです。

引用元-よしだクリニック

インフルエンザ脳症に関するTwitterでの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ