最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ウィルス性の急性咽喉頭炎に注意!症状や原因、予防法などのまとめ

      2016/06/07

ウィルス性の急性咽喉頭炎に注意!症状や原因、予防法などのまとめ

ウィルスや細菌の感染などで起こってしまう急性咽喉頭炎

時には発熱なども伴うこの病気に関する予防法や治療法などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


急性咽喉頭炎とは?

SoreThroats

ウイルスや細菌感染で起こるのどの炎症です。

のどが少し赤くなっているだけなど炎症の程度が軽度の段階ならのどの違和感や、咳、タン等を起こします。
そして炎症の程度が悪化すると、口蓋扁桃に膿が付着したりのど全体が真っ赤になったりして、症状も強い咽頭痛、高熱などがでます。
更に炎症が悪化すると扁桃とその周囲の組織との間に膿汁がたまり(扁桃周囲膿瘍)痛みなどで口が開かなくなったり全く嚥下が出来なくなったりします。
また喉頭蓋という気管の入口のところが腫れ上がると呼吸がしづらくなり場合によっては窒息することすらある急性喉頭蓋炎という恐ろしい病気もあります。

引用元-ながい耳鼻咽喉科クリニック

急性咽喉頭炎の症状

のどの奥に痛みを感じ、特に飲み込み時に痛みを感じます。37〜39度の発熱を伴うときもあります。鼻の奥から濃い鼻水がのどに流れ落ちて痰になり、咳き込みがひどくなり、話しているときに連続した咳が出ることもあります。なんとなく体がだるく、頭痛を伴い首のリンパ腺が腫れることもあります。

注意しなければならないのはインフルエンザとの鑑別です。インフルエンザは集団で流行し高い熱が続き咳や鼻水だけ出なく関節痛や強い全身の倦怠感が特徴です。いずれにせよ自己判断せずに医師の診察を受けましょう

引用元-鈴木耳鼻咽喉科・アレルギー科医院

 

咽頭・喉頭と呼ばれる、いわゆる“のど”の炎症です。
風邪症候群の部分症状として現れることが多く、急性期には咽頭痛やのどの掻痒感、声がれ、刺激発作性の咳、痰などの症状を呈しますが、重症化すると急性喉頭蓋炎等を合併し窒息のおそれもあるので、呼吸困難などある場合は注意が必要です。慢性化により、のどの違和感や咳が持続することがあります。

引用元-関西医科大学付属 枚方病院

急性咽喉頭炎の治療方法

まずは安静とうがい、水分の摂取、湿度。急性喉頭炎に移行もしくは
合併しないかを調べる。

薬はこの急性咽頭炎になってる場合二次感染としての細菌感染が関係するので
抗生物質や鎮痛解熱剤投与。また耳鼻科などで薬を局所に塗布する。家では
うがい。食物や水分摂取できないときは点滴など。

引用元-耳鼻科50音辞典

安静にし、抗生剤、鎮痛剤の内服をおこないます。口腔内をうがいなどで清潔にします。だいたい1週間ぐらいで軽快、治癒します。

引用元-ならむらクリニック

急性咽喉頭炎の予防法

完走した空気は、ウィルスや細菌の増殖に適した環境をつくります。乾燥しやすい時期には、部屋に加湿器を置いたり、日頃から、うがいや手洗いをしっかりと行うことで予防できます。
また、刺激の強い食べ物やタバコなども控えましょう。

引用元-健康サ〜チネット

薬での予防も効果的

ちょっとした痛みやはれでも、放置しておくと確実にひどくなっていきます。
のどからかぜのウイルスを侵入させないためにも、気になったらすぐにうがい薬でうがいをしたり、トローチをなめるなど、早めの対処を心がけましょう。
のどの殺菌・消毒には、スプレータイプの薬も効果的です。

引用元-佐藤製薬

急性咽喉頭炎に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ