最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ウォーキングでのダイエットは30分に何歩位が効果的?

      2016/06/07

ウォーキングでのダイエットは30分に何歩位が効果的?

ダイエットしたくてウォーキングを始めたけれど、どのくらい歩けば効果的なのか判らないと悩んでいませんか?

毎日30分ぐらいのウォーキング目安にしている人は、何歩位歩けばいいのでしょうか?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


ウォーキングはダイエットに向いている?

ウォーキングが一番簡単な手軽な運動です。

歩きやすい靴と、動きやすい服装があれば十分。万歩計などあればさらにいいでしょう。

体の負担は少なく、お金もかからない、またどの年齢層の人にも行うことができ、特別な運動能力も必要ない。

運動を習慣化しようと考えた時、一番ハードルが低い運動と言えます。

ただ目的がダイエットとなると、効果的とは言い難いので、それが目的の場合は、さらに運動量の大きいジョギングの方が効果を得られます。

ウォーキングは、運動不足な人や普段運動をしない人におススメです。

どんな効果が見込めるかというと、まずは「肥満防止」でしょう。

ダイエットはあるものを減らさなければいけないので、それだけ運動量が必要ですが、「肥満防止」は増やさないためのもので、そこまで激しい運動量は必要ありません。

またウォーキングは有酸素運動なので全身の血行が促進されます。

そのため、肩こりや腰痛にも効果があると言われています。

ウォーキングを30分継続すると?

ウォーキングの効果は「肥満防止」や「肩こりや腰痛の改善」の他ストレス解消にも効果があるという説があります。

時間によって得られる効果が増大します。

ウォーキングを15分した場合、βエンドルフィンが分泌されるそうです。

これは心を爽快に導く効果があるそうです。

ウォーキングを20分した場合、ドーパミンが分泌され、45分継続すると、今度はセロトニンというリラックスさせるホルモンが分泌されるそうです。

また、家族や友人などと一緒にウォーキングをすると更に効果的と言われています。

では毎日どのくらい歩くといいのでしょうか?

少なくとも15分以上はウォーキングをするとストレス解消には効果的のようです。

もしダイエット目的であれば、脂肪燃焼が始まるのがウォーキング開始から20〜30分後から始まるので、30分でままだ足りません。

脂肪燃焼を目的とするなら最低でも40分は継続したいところです。

45分歩くとリラックス効果も見込まれますので、一応の目安として45分としたいところです。

ウォーキングを30分すると何歩?

アメリカの専門家によると「10分間に1000歩」のペースで、30分ならば3000歩を毎日ウォーキングすると効果的だそうです。

ただ一般的にはウォーキングするには1日1万歩を推奨するケースが多いようです。

でも万歩計でもつけないと1万歩数えるのは大変ですよね。

もし時間を目安にするなら、「10分間に1000歩」のペースなので、1万歩歩くと100分といったところでしょうか?

この「10分間に1000歩」というのは、急いでいる人の歩くペースだと考えると判りやすいでしょう。

ウォーキングは運動なので、いつものようにただ歩いているだけでは効果がありません。

先にご説明した歩くペースもそうですが、歩幅も重要。

適切な歩幅の目安は身長の40〜45%だそうです。

ちなみに消費するカロリーですが、「10分間に1000歩」のペースであれば、30分で3000歩になりますので、消費カロリーは100Kcal、1万歩で340 Kcal弱といったところでしょう。

人間の摂取カロリーと消費カロリーの差分は300Kcalと言われていますので、肥満防止であればこの300Kcalを、ダイエットしたいならそれ以上のカロリーを消費する必要があります。

何歩歩くべきかとペースの目安は?

「10分間に1000歩」のペースで1万歩というのは1日のウォーキング量として推奨されています。

このペースはあくまでも目安です。

実際、若者も高齢者も同じペースという訳には行きません。

年齢に応じた適切なペースがあります。

自分の1分間の心拍数を基準に歩くペースを考えましょう。

20代であれば、1分間で165だとかなりしんどくなります。

1分間で110だとかなり楽になります。

20代であれば、1分間で165だとかなりしんどくなります。

1分間で110だとかなり楽になります。

30代の人は1分間で160だとかなりしんどくなり、1分間で110だとかなり楽になります。

40代の人は1分間で150だとかなりしんどくなり、1分間で105だとかなり楽になります。

50代の人は1分間で145だとかなりしんどくなり、1分間で100だとかなり楽になります。

60代の人は1分間で135だとかなりしんどくなり、1分間で100だとかなり楽になります。

このように年齢によって適切なペースがあります。

初めのうちは負荷の軽いペースで初めて、体が運動になれてくれば徐々にペースを上げてもいいでしょう。

大切なのは無理をせずに自分に合ったペースを見つけましょう。

ウォーキングの市町村の取り組み

市町村でもウォーキングの習慣化にそれぞれ色々な取り組みが行われています。

多いのはウォーキング大会の開催ですが、中でも横浜市はとてもユニークなウォーキングの推進事業を行っています。

「よこはまウォーキングポイント」という名称で、横浜市内在住の40歳以上の希望者に万歩計を無料で配布しています。(送料は希望者が負担)

この万歩計はただの万歩計ではありません。

その万歩計を常に身に着けて、定期的に市内の特定の店舗やドラックストアに設置されているリーダーで、万歩計の歩数データを転送します。

一日1万歩で最大5ポイントまで付与され、3か月ごとに200ポイント以上を対象に抽選が行われます。

ちなみに一日1999歩未満だどポイントの付与はありません。

見事当選すると、リーダーが設置されている店舗にて利用可能な、3000円分の商品券があたります。

なかなか面白い取組だと思います。

この方法なら、単発的なウォーキング大会と違って、継続的にウォーキングをする人も増えそうです。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ