最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

エコキュートが危ない!?運転時の低周波音で健康被害を受けた件

      2016/06/07

エコキュートが危ない!?運転時の低周波音で健康被害を受けた件

エネルギー効率が非常に高く、国が補助金を出してまで推進していた電気式給湯器のエコキュート

このエコキュートの運転音である低周波音が健康に影響を及ぼすとして波紋を呼んでいます。

このエコキュートで健康被害が出たとされる報道各メディアの反応と関連情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


エコキュートとは

エコキュートは、電気を使った給湯器で、エネルギー効率が高いことから、国が平成22年まで8年間にわたって補助金を出し、導入を後押ししました。
これまでに450万台が普及していますが、消費者庁によりますと、設置した家の近くに住む人などから、「機械の音で不眠や頭痛などの健康被害が出た」などという訴えが相次いでいて、ことし2月末までの4年半ほどの間に110件余りが報告されています。
こうした声を受けて、業界団体は3年前、エコキュートの設置を行う事業者に向けたガイドブックを作成し、隣の家の寝室のそばには設置しないことや、壁や塀で音が反響しないよう周囲にはスペースを設けることなどを呼びかけています。
ところが、消費者庁が「エコキュート」の設置を行ったことがある全国700社余りの電器店や工務店などを調査したところ、このガイドブックについて「知っている」と答えた事業者は、全体の3割以下にとどまっていたということです。

引用元-−-NHK NEWS WEB

エコキュートの低周波音で不眠 「健康への影響、可能性ある」

暮らしに関わる事故の原因を調べる消費者安全調査委員会(消費者事故調、畑村洋太郎委員長)は19日、省エネ型給湯器「エコキュート」から出る低周波音の健康への影響について調査報告書を公表した。因果関係は断定しなかったが、「(不眠などの)健康症状の発生に関与している可能性がある」と言及。経済産業省などに対策を講じるよう求めた。

消費者事故調は、群馬県高崎市の夫婦からの申し出を受け2012年11月から調査。夫婦は隣家のエコキュートから出る低周波音で不眠や頭痛の症状が出たと訴えていた。

エコキュートやエアコン室外機の運転音には周波数が100ヘルツ以下で、音が小さいと聞こえない人もいる低周波音が含まれることが分かっている。消費者事故調は、エコキュートの運転音が健康に影響したと訴える100人へのアンケートや、群馬県の例のほか苦情があった18例の現地調査などを実施。その結果、エコキュートからの距離と症状の程度に関連があることなどから、低周波音の健康への影響が「否定できない」と結論づけた。ただ、消費者庁の小堀厚司・事故調査室長は「低周波音の健康への影響は学術的に評価が定まっていない」という。

メーカーなどの業界団体「日本冷凍空調工業会」は、①隣家の寝室の近くは避ける②周囲に極力スペースを設け壁や塀で音が反射しないようにする、などの騒音防止策を示したガイドブックを作成している。報告書はこのガイドブックの普及が不十分だとして、経産省にメーカーへの指導などを求めた。

また報告書は、低周波音の苦情を判断する目安として環境省が04年に示した「参照値」に言及。それ以下であっても慎重な判断が必要な場合があることを周知するよう同省に求めた。

消費者事故調がこれまで調査対象にしたのは9件。報告書の公表は今回で3件目。エレベーター事故など5件は調査中で、1件は他省庁の報告書を評価しただけで独自調査はしていない。

引用元-−-ハフィントンポスト

「エコキュート」の音、健康被害原因の可能性

消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は19日、隣家の家庭用ヒートポンプ給湯機「エコキュート」の発する低周波音で健康被害を受けたとする群馬県高崎市の夫妻の申し出について、「給湯機の運転音が原因である可能性が高い」との報告書を公表した。

類似事案の調査でも同様の結果だったとして、経済産業省や環境省に対し、メーカーへ改善を指導するなどの対策を求めた。

エコキュートにはファンなどがあり、人の聴覚では聴き取りにくい低周波の運転音が出る。夫妻から2012年10月に調査の申し出を受けた事故調は、撤去後に不眠や頭痛の症状が改善されたことや、音の大きさと症状の程度に関連性があったことなどから、健康被害はエコキュートの運転音による可能性が高いと結論づけた。ただ、運転音の中の低周波音が要因かどうかは明確にならなかった。

畑村洋太郎委員長は「エコキュートは今後も普及が見込まれる。メーカーも健康被害のリスクを下げる努力をお願いしたい」と述べた。

引用元-−-ヨミウリオンライン

消費者事故調:「エコキュート」運転音で健康被害の可能性

ヒートポンプ式給湯機「エコキュート」から発生した低周波音で不眠などの健康被害を受けたとの申し立てを受け、因果関係を調べていた消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は19日、低周波音を含む運転音が原因の可能性が高いとする報告書をまとめ、公表した。国の機関が家庭用ヒートポンプの低周波音による健康被害の可能性を指摘するのは初めて。

エコキュートは、大気中の熱を集めてお湯を沸かす家庭用ヒートポンプ給湯機の愛称。電力各社と住宅関連メーカーが普及をはかっている。省エネ効果が高く、先月までの国内累積出荷台数は約450万台。機器は屋外に設置され、運転音は、湯を作り出すヒートポンプユニットの圧縮機や送風機から生じる。

安い深夜電力を活用し夜間に稼働しており、同庁には2009年9月から今年2月までに、運転音による不眠などの健康相談が112件あった。

今回、調査を申し立てたのは群馬県高崎市の50代夫婦。09年2月ごろから、自宅から約2メートル離れた隣家に設置された機器の運転が始まると、不眠や頭痛、めまいなどの症状を感じるようになった。

事故調は夫婦のほか、健康被害を訴えている類似の18件も調査。その結果、機器の設置と発症が同時期▽撤去や移設で症状が改善したケースがある−−などから、夫婦については低周波音を含む運転音と因果関係がある可能性が高いと判断し、他の18件も否定できないと結論づけた。

事故調は健康被害の防止のため、寝室のそばを避けるなど機器の適切な設置や、低周波音を減らす製品開発などを事業者に促すよう、経済産業省など関係機関に対応を求めた。経産省は「真摯(しんし)に対応する」としている。

引用元-−-毎日新聞

低周波音とは?

周波数がおよそ100ヘルツ以下の音。このうち20ヘルツ以下を超低周波音という。
[補説]人間の耳に聞こえる音波は20ヘルツから2万ヘルツ(20キロヘルツ)程度とされ、2万ヘルツ以上の音波は超音波と呼ばれる。

引用元-−-コトバンク

給湯器「エコキュート」の音、不眠に影響 消費者事故調が指摘

消費者安全調査委員会(消費者事故調)は19日、ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から出る音が原因で不眠になったとする調査申し出について、「運転音が健康症状の発生に関与していると考えられる」などとする報告書を公表した。

エコキュートは深夜電力を使って湯を沸かすことで電気代が節約できる給湯器。一般的には午後11時から午前7時までの時間帯に稼働する。

報告書によると、調査対象は健康被害を訴える19件で、大半が設置当初から不眠や頭痛などを発症。撤去後は改善した事例もあることなどから、設置と健康症状の関連を認めた。ただ、同じ家に住んでいても症状を訴えない人がいることなども踏まえ、原因は運転音のほか、設置場所や個人の特性が複合的に絡むとした。

業界団体の手引では、寝室や窓から極力距離を取って設置するよう促しているが、設置業者の多くは認知しておらず、手引の活用促進や健康被害の可能性を消費者に周知することなどを経済産業相に提言した。

引用元-−-日本経済新聞

エコキュートの低周波音「健康への影響、可能性ある」

暮らしに関わる事故の原因を調べる消費者安全調査委員会(消費者事故調、畑村洋太郎委員長)は19日、省エネ型給湯器「エコキュート」から出る低周波音の健康への影響について調査報告書を公表した。因果関係は断定しなかったが、「(不眠などの)健康症状の発生に関与している可能性がある」と言及。経済産業省などに対策を講じるよう求めた。

消費者事故調は、群馬県高崎市の夫婦からの申し出を受け2012年11月から調査。夫婦は隣家のエコキュートから出る低周波音で不眠や頭痛の症状が出たと訴えていた。

エコキュートやエアコン室外機の運転音には周波数が100ヘルツ以下で、音が小さいと聞こえない人もいる低周波音が含まれることが分かっている。消費者事故調は、エコキュートの運転音が健康に影響したと訴える100人へのアンケートや、群馬県の例のほか苦情があった18例の現地調査などを実施。その結果、エコキュートからの距離と症状の程度に関連があることなどから、低周波音の健康への影響が「否定できない」と結論づけた。ただ、消費者庁の小堀厚司・事故調査室長は「低周波音の健康への影響は学術的に評価が定まっていない」という。

メーカーなどの業界団体「日本冷凍空調工業会」は、①隣家の寝室の近くは避ける②周囲に極力スペースを設け壁や塀で音が反射しないようにする、などの騒音防止策を示したガイドブックを作成している。報告書はこのガイドブックの普及が不十分だとして、経産省にメーカーへの指導などを求めた。

また報告書は、低周波音の苦情を判断する目安として環境省が04年に示した「参照値」に言及。それ以下であっても慎重な判断が必要な場合があることを周知するよう同省に求めた。

消費者事故調がこれまで調査対象にしたのは9件。報告書の公表は今回で3件目。エレベーター事故など5件は調査中で、1件は他省庁の報告書を評価しただけで独自調査はしていない。

引用元-−-朝日新聞デジタル

エコキュートの音  ⚠警告 <音量注意!>画像ぼかし処理

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ