最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

オフィスの椅子が原因? クッションで腰痛を和らげよう!

      2016/06/07

オフィスの椅子が原因? クッションで腰痛を和らげよう!

オフィスで長時間椅子に座っていた時、腰がだるくなったりすごく疲れる感じがする人は多いと思います。

なるべくなら、この不快な症状を和らげ仕事に集中したいものです。

そんな方のためにクッションを使った腰痛対策法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


その腰痛の原因はイスかも

椅子に長い時間座っていると、腰痛になったり、腰がすごく疲れる感じがしますね。

立っていると脚が疲れて「座りたい〜」と思いますが、実は座った姿勢は、腰にとっては負担が大きい姿勢なのです。

良い姿勢で立ったときに、骨盤の傾きが適正で腰の負担がないように人間は進化してきました。しかし、椅子に座った姿勢では、多くの場合、骨盤が後ろに傾きすぎた姿勢になります。特に、リラックスしているつもりでやや後ろにもたれかかったような座り方では、体重がかかる位置が坐骨ではなく、より腰に近い部分になり、大きな負担を腰部にかけてしまいます。

ちょうど坐骨に重心を乗せるようにして座る位置が正しいのですが、意識していないとなかなかそうはできないようです。

引用元-−-腰痛体操&腰痛グッズでイタイのとんでけ〜!!

長時間のデスクワークから逃れられない人のために、私たちは、「着座姿勢」というアプローチから、腰痛や肩こりなどの症状の予防・改善に取り組んでいます。
座っている時は、立っている時と比べて40%も大きい負担が、腰や背中にかかります。
立っているより座っている方が楽だと感じるのは、脚だけです。

正しい姿勢で座ることができても、直立姿勢と比べると椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たす椎間板には、40%も大きい負荷がかかります。

欧米人に比べて背中の筋肉が弱い日本人は、椅子に深く座ることが苦手です。
浅く腰掛け、骨盤を後傾させた姿勢で座ろうとします。
その結果、立っている時と比べて2倍以上の負担が、腰や背中にかかることになります。

背中を丸めた着座姿勢が楽だと感じる私たちにとって、椅子に座ることは、危険がともなう行為なのです。

引用元-−-がんばらない腰痛対策

腰痛にならない椅子の選び方

柔らかい椅子に座って骨盤が傾くと骨盤と背骨が結合している場所に負担がかかり痛みが発生して腰痛になります。

そのため、腰痛にならないためには柔らかい椅子ではなく硬い椅子が必要になり何よりも骨盤が斜めに傾いて歪まないことが必要になります。
腰に負担がかからない椅子というのは骨盤が斜めに傾かない椅子なのです。

そのためには、椅子の座面が前斜していることが必要になります。

椅子が前のめりになってくれていると、自分の力を使わず自然に姿勢も骨盤の位置も良くなり腰に負担がかからず、長時間座っていても痛みが発生しません。

引用元-−-オフィスチェアのおすすめ人気ランキング

人気の腰痛クッションで腰痛を予防しよう!

長時間のデスクワークは腰に大きな負担を与えます。腰痛に悩む方が数多くいるでしょう。座っている時、腰には立っている時の2倍の負荷がかかっているのです。そこで、座っている状態で立っている時と同じ背骨の状態に近づける様に腰痛対策クッションが開発されています。値段も材質も様々、ニーズに合わせて多様化しています。
こちらでは、人気の4タイプを集めてみました。
骨盤サポート系:ベーグルクッション、バックジョイ、らくちん美尻クッション、骨盤座ぶとんなど。腰痛対策クッションの主流。
低反発系:ドーナツ円座クッション、ドクターエルEX、勝野式円座クッション
マッサージ機能付き:ルルド マッサージクッション
発泡ビーズ系:サポーター CuCuエクボ
温め系:低反発座れる毛布
クッションで腰痛が治るなんて、と思われる方もいるでしょうが、ぜひこちらを参考にして自分に合ったクッションを探してみてください。悩みだった腰痛が嘘のように消えるかもしれません。

引用元-−-iGotit

女性に人気は骨盤矯正クッション

1.腰痛改善
長時間のデスクワークによって歪んだ骨盤を矯正するために骨盤矯正クッションを活用します。骨盤矯正クッションを使うことによって正しい姿勢で座ることが出来るようになります。骨盤をキュッ!っと締めてけて背筋を伸ばし、理想的な姿勢を保つことが出来ます。

2.肩こり改善
肩こりもデスクワークの際に無理な姿勢、パソコン操作する際の長時間同じ姿勢をすることが原因になります。
デスクワークの際に正しい姿勢をキープすることが出来れば肩こりは今までよりグッと改善されるかもしれません。骨盤矯正クッションの補助によって楽に正しい姿勢をキープ出来るようにしてみてはいかがでしょうか?

3.種産後の冷え性・便秘などの体の不調
出産後、可愛い赤ちゃんとの生活はこの上ないくらい幸せな時間です。でも、出産後に体調がどうも思わしくないという方は骨盤の歪みが原因かもしれません。出産はとてつもなく体力を使いますし、赤ちゃんを生むときに骨盤が開いた状態になって出産後もなかなか元に戻らないという方も。歪んだ骨盤を出産前の状態に戻してあげることが出来れば体調不良というお悩みを解決出来るかもしれません。

座るだけの「骨盤矯正クッション」とはちょっと違い、このクッションを活用してエクササイズを行い骨盤を正しい位置に戻しましょうというアイテムです。出産後の体調不良にお悩みの方は試してみてください。座るだけで骨盤を締め付けてくれるクッションです。下半身のシェイプアップやスタイル維持に活用してみてください。

引用元-−-家具ノート

クッションは座るだけじゃない!背もたれクッションで正しい座り姿勢をサポート

背もたれクッションの効果
背もたれクッションは猫背姿勢を防ぎ、正しい座り姿勢を補助してくれる効果があります。
背もたれクッションが背筋を伸ばし、理想的な姿勢を保つお手伝いをしてくれます。また、背中にフィットしてくれるので座り心地も改善されますよ!

引用元-−-家具ノート

腰痛クッションと合わせて行いたい、腰痛にならない座り方

lower-back-pain

①ひざをつける
太ももをそろえてひざをつけます。
②ひざの角度は90度にします
ひざから下を自分の方にひくようにして、ひざ下を真っ直にします。
③お尻と腰も90度にします
お尻を後ろに引いて、背中を立ててここも直角にします。
④おなか真っ直ぐ伸ばします
おなかに線が入らない(段腹にならない)ように、背中とおなかをくっつけるようなイメージで。
⑤頭はまっすぐにする
頭は前に出すぎず、あごを引いて首の上にしっかり載るようにします。

引用元-−-AKINAI Policy

背筋を伸ばすのではない。骨盤を立てるのだ。
人間は、表面を捉えて物事を判断しやすい。「背筋を伸ばす」という忠告も同様だ。
背筋を伸ばす事は「結果」であって、「背筋を伸ばした結果、背筋が伸びている」わけではない。
「骨盤を立てた結果、背筋も伸びている」のである。背筋を伸ばしたって、骨盤が寝ていれば、腰は丸まった状態のため腰痛は改善しない。
骨盤を立てれば、背筋を曲げる事は出来なくなる。背筋を前に倒したければ、骨盤ごと前に倒すしかない(太ももの付け根で、体を折りたたむ)。
骨盤を立て、骨盤を地面に対して水平に保つ事が腰痛改善には重要である。そのために、第3章で指摘したように股関節の柔軟性を確保しようというのだ。
骨盤を立てた姿勢が、寝る姿勢にも、立つ姿勢にも共通して良いように、椅子に座る時も骨盤を立てたまま座る事が腰痛を避ける最大ポイントだ。

骨盤を立てられるかどうかは、「股関節の柔軟性」と「骨盤を水平に置くための神経を生やす訓練」にかかっているが、「骨盤を立てやすい椅子」というのもある。
図 6-1を見て分かるとおり、座面が前傾していれば骨盤を立てやすい。
椅子に太ももの付けが触るように、ちょこっと腰をかけると骨盤を立てやすい。(膝下は、置きやすいように置けば良い)
お尻で座るのではなく、太ももで座る感じだ。
古くからある座面の奥がお尻の出っ張りに合わせてへこんでいる椅子は腰に最悪だ。
深く腰をかけざるをえなくなり、お尻の所がくぼんでいるので、骨盤が寝てしまい、腰が丸まる。いくら背筋を伸ばしても、腰が丸まっているのだから意味がない。
背筋は、図 6-1の右側も左側もどっちも伸びている。表面だけ捉えて、「背筋を伸ばすように座るのが良い」などといっても嘘だという事が分かるだろう。
背筋の問題ではなく、腰の丸まり具合の問題だ。
図 6-1の左右の人間のパーツの大きさは同じだが、左側の方の人間の方が小さく見えるだろう。それだけ腰の部分に縮こまって腰に負担がかかっているのだ。
「背筋が伸びているかどうか?」ではなく、「腰がまっすぐ(骨盤が立っている)かどうか」に目を向けなくてはならない。
何事も、表面だけを漠然と捉えても無意味などころか、悪影響さえもたらす。物事は本質部分、根本部分で捉えなくてはならない。
ネットなどで「良い椅子」や「正しい座り方」を探しても、「背筋を伸ばす」とか「椅子には深く腰掛け、背筋を伸ばす」とか「腰を反る」とか嘘八百ばかりゴロゴロ出てきて、私は何が本当で、何が正しいのかぜんぜん分からなかった。
そこで私は、椎間板ヘルニアの激痛期の「腰痛センサー」を利用し、いろいろな椅子を試した。幸い私の職場には、職場の都合上、高いものから、安いパイプ椅子までさまざまな椅子が転がっていた。さまざまな椅子に、さまざまな座布団を試した。
そこで、座面が前傾している椅子は共通して、腰が比較的楽である事がわかった。ちなみに私はSEであり、毎日長々と椅子に座るので、椅子は寝具と同じくらいの時間使用しているので、非常に重要なのだ。
「座面が前傾した椅子は腰への負担が少ない」と分かった後に、「開脚」や「骨盤を立てる」という話を知り、「なぜ座面が前傾していると、腰が比較的楽なのか?」が分かった。
私の座面前傾の主張は、理屈からではなく、経験から来たものだ。経験則に理屈を当てはめると、経験と理屈とがぴったり一致したので間違いないという自信がある。
腰痛持ちなら分かるはずだが、「座っている時」と「立っている時」では、立っている時の方が腰は圧倒的に楽だ。
腰痛を持った事のない人は、「立っているより、座っている方が楽」だからといって、「座る方が腰に負担が少ない」と思っているだろうが、それは間違いだ。腰痛持ちになれば分かるが、座るのが一番腰に負担がかかる。
腰痛持ちには、「体育座り」や「座禅姿勢」は非常に苦しい。体育座りなど、もう立ち上がれなくなる。
つまり背中と太ももの角度が90度以下になると腰にかかる負荷が劇的に大きくなる。90度よりも大きな角度になるようにして座り、立った姿勢に”より近ければ”楽なのだ。

引用元-−-腰痛(6)

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ