最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

カカオ100%のチョコレートを糖質制限のために食べる?

      2016/06/07

カカオ100%のチョコレートを糖質制限のために食べる?

甘い物が欲しくなったとき、つい手が出てしまうのがチョコレート。

でも、糖質の塊であるチョコレートの食べ過ぎも気になるところ。

では、カカオ100%のチョコレートは糖質制限になるのでしょうか?

今回は、そんなチョコレートのメリットとデメリットを紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


チョコレートに含まれる糖質の量

まず、一般的なチョコレートに含まれる糖質の量を見て行くことにしましょう。

市販のミルクチョコレート(約50g)に含まれている糖質量は、約25gほどといわれています。

もちろん、製法などによって含まれる糖質量は異なってきますが、チョコレートに含まれる糖質の割合はかなり高いようです。

なお、板チョコ1枚のカロリーは約280カロリーで、低い数値とはいえないでしょう。

チョコレートの原料であるカカオ豆は甘いものではありません。

チョコレートは、カカオ豆にミルク、砂糖、カカオ豆の脂肪分であるココアバターなどを加えて作られるものなので、必然的に糖質もカロリーも高くなってしまいます。

なお、糖類と糖質は違います。

なので、「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」も当然違ってきます。

糖類は、単糖類や二糖類を指すとされています。

例えば、ブドウ糖や砂糖、果糖などがこれにあたります。

栄養表示基準では、これらの含有量が一定量未満であれば「糖類ゼロ」と表記できます。

一方糖質は、糖類に加えて三糖類以上の多糖類や糖アルコールなどを含みます。

例えば、でんぷん、キシリトール、マルチトールなどは糖質に含まれます。

したがって、「糖類ゼロ」を謳っていても糖質がゼロとは限らず、その商品を食べると血糖値を上げる可能性があるの注意が必要です。

カカオ100%のチョコレートの味

カカオ100%のチョコレートとは、チョコレートの原料であるカカオ豆以外はいっさい加えていないということになります。

ミルク、砂糖、カカオ豆の脂肪分であるココアバターなどは加えられていないということです。

では、カカオ100%のチョコレートはどんな味がするのでしょうか。

カカオ100%のチョコレートは結局カカオ豆の味がします。

実際に食べたことのある人の話によると、「甘味が全然なくて苦い」という声が圧倒的でした。

これは当然の結果でしょう。

なぜなら、ミルク、砂糖、カカオ豆の脂肪分であるココアバターなどは加えられていなのですから。

もし、それでも糖質制限のためにカカオ100%のチョコレートを食べたいという人のためにいくつかアドバイスをしておきましょう。

人によって味の好みが分かれるでしょうが、いきなりカカオ100%のチョコレートに挑戦するのは無理があります。

まずは、カカオ75%ぐらのチョコレートから挑戦して、舌が慣れてきたら徐々に80%、85%という具合に数値を増やしてゆけばいいでしょう。

カカオ100%のチョコレートのメリット

ここからは、カカオ100%のチョコレートのメリットとデメリットを見て行くことにしましょう。

まずは、メリットから。

ミルク、砂糖、カカオ豆の脂肪分であるココアバターなどが加えられていないカカオ100%のチョコレートは糖質がほぼゼロなので、糖質制限をしている人にとっては大きなメリットだといえるでしょう。

逆に考えれば、これは一般的なチョコレートに含まれている糖質のデメリットだともいえるでしょう。

糖質ゼロ以外のメリットとして、カカオ豆が本来持っている成分に注目して見ましょう。

カカオ豆に含まれているカカオポリフェノールには動脈硬化や老化防止などに効果があるとされれています。

また、ポリフェノールはワインにも含まれており、抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用などの効果が期待されます。

先に述べたカカオ100%のチョコレートの苦い味はともかく、糖質を気にすることなく食べられ、そのことによってこれらの健康効果が得られるとすれば、大きなメリットだといえるでしょう。

カカオ100%のチョコレートのデメリット

次は、デメリット。逆に考えれば、これは一般的なチョコレートに含まれている糖質のメリットだともいえるでしょう。

糖質のメリットは色々とあります。

まず考えられるのは脳のエネルギー源ともいわれるブドウ糖のメリットです。

ブドウ糖を摂取すると脳が活性化されるので、試験勉強などの合間に食べる人も多いでしょう。

また、ブドウ糖だけでなくテオブロミンも一緒に摂取することができます。

これは集中力を高めるなどの効果があるとされています。

また、以外と見落とされているチョコレートの効果があります。

それは、高カロリーのチョコレートは非常食としてもすぐれています。

例えば、登山の途中で遭難してしまった人が持っていた板チョコ1枚を食べて生き延びた、というニュースはよく耳にします。

この効果に着目して、日ごろからバッグになかにチョコレートを入れている人もいるくらいです。

つまり、糖質が含まれていないカカオ100%のチョコレートはこれらのメリットが得られないということです。これがデメリットです。

糖質をおさえたチョコレートの楽しみ方

最後に、カカオ100%のチョコレートの楽しみ方を紹介しましょう。

用意するのは、カカオ量が違う数種類のチョコレートと苦めで美味しいブラックコーヒーです。

最初は、カカオ70%に挑戦です。

チョコを口の中で溶かすようにしてカカオ豆本来の味を味わいます。

一般的なチョコレートに比べて少し苦いと感じるかもしれませんが、違和感は少ないでしょう。

そして、口の中のチョコレートが溶けてなくなったらブラックコーヒーを飲んで口直しをします。

これは、ちょうど寿司を食べたときの緑茶のようなものです。

こうして少しずつカカオの含有量が大きいチョコレートに挑戦して行きます。

そして、最後はカカオ100%。

チョコレートを口の中に入れると、少し酸味のあるチョコレートの味が口の中いっぱいに広がっていくのを感じるでしょう。

これがカカオ100%の美味しさです。

そして、これも先ほど説明したように食べ終わったらブラックコーヒーで口直しをします。

ここでコーヒーの味の変化に気がつくことになるでしょう。

つまり、少し苦めに感じられるブラックコーヒーの苦み以外の美味しさも感じることができるようになります。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ