話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

クロールはコツを覚えれば速く泳げる!その方法とは?

2015.10.16

水泳競技の花形でもあるクロール。

そんなクロールに憧れる人は多いでしょう。

その一方、自分はなかなか速く泳げないと悩んでいる人も少なくないでしょう。

でも心配は要りません。

クロールはコツを覚えれば速く泳げるようになります。

今回は、そんなクロールのコツを紹介しましょう。

クロールを速く泳ぐコツはキックとプルにあった

クロールで泳いでいる選手を目の前で見たことがある人は分かると思いますが、力強いキックとストロークによる水しぶきは迫力満点です。

では、どうしたらそのように泳げるのでしょうか?

クロールで速く泳ぐコツは、キックとプルとのバランスにあります。

具体的に見ていくことにしましょう。

まず、キックについて。

短距離になるほどキックによる推進力が重要になってきます。

このとき、足の甲とスネで水を押し出すようにして泳ぐことが必要です。

ポイントは、腹筋やお尻に力を入れることです。

ここが緩んでいる状態で泳いでも推進力は得られません。

次に、プルについて。

水をしっかりかいて後方へ押しやることで体の推進力を得ます。

このときのポイントは、たんに水を後ろに押しやるのではなく、体の方を前に押しやるイメージで泳ぐことです。

もちろん、水をかいて前に進むことは大切です。

しかし、それだけではなく、水をつかんだところを支点として体を前に押しやるイメージを持つことが重要になってきます。

クロールを速く泳ぐコツは呼吸の安定にあった

短距離の場合は、キックとストロークの力があれば速く泳げるでしょう。

極端なことを言えば、泳いでいる最中に息を止めてもある程度の距離は速く泳げるでしょう。

しかし、長距離になるとそうはいきません。

そのためにはスタミナが必要となってきます。

では、スタミナ切れを起こさずに長距離を速く泳ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

それには、安定した呼吸が必要となってきます。

そうすれば、長距離でも楽に泳ぐことができるようになります。

ここから具体的に見ていくことにしましょう。

陸上競技のマラソンと同じように、水泳で長い距離を楽に泳ぐにはリラックスして安定した呼吸をすることが重要になってきます。

体が横になり頭が水に浸かっている状態が一番楽に呼吸することができます。

ただし、このときは口の位置が下がっているので水を飲みやすくなります。

そうならないように口の位置を高くしましょう。

また、キックの数も減らしましょう。

1ストロークの間に2回しかキックしないツービットキックです。

そうすれば足にかかる負担が減り、長く楽に泳げるようになります。

クロールで速く泳ぐためのペース配分

長距離を速く泳ぐためには、呼吸の安定以外にもペース配分が重要となってきます。

最初にスピードを出しすぎてスタミナを使い切ってしまうと、後半でペースダウンしてしまいます。

では、どのようなペース配分にすればいいのでしょうか。

体力の有無や性格など個人差はあると思いますが、基本的な配分は次の通りです。

まず、前半。ここでスピードを出し過ぎると後半に響きます。

マラソンランナーも最初はペースダウンするように、ここでは力まず自然体で泳ぐことが重要です。

次に、中盤。

ここでは前半より少しペースを上げて泳ぎましょう。

このとき、ラストスパートに必要となる力を残して置くことがポイントとなります。

そして、ラストスパート。

残った力を振り絞って泳ぎましょう。

泳ぎ終わってからしばらく立ち上がれなくなる選手もよく目にします。

これが、ペース配分の基本です。

もちろん、この配分は距離によって変わってきます。

距離がもっと長くなれば入れる力を少し抜きましょう。

それが、長くかつ速く泳ぐコツです。

サプリメント補給でクロールは速く泳げるようになる

次は、サプリメントについて見ていくことにしましょう。

多くの人は、トレーニングの量に比例して泳ぐ速さは速くなると思っているのではないでしょうか?

しかし、ただトレーニングを黙々とこなしていても速く泳げるようにはなりません。

それはなぜでしょうか?

運動能力を高める3大原則というものがあります。

それは、トレーニング、栄養、そして休養です。

これら3つが揃ってはじめて運動能力が高められます。

このことを知らないと、過剰なトレーニングになる一方、栄養補給と休息が不十分になりトレーニング効果は半減してしまうでしょう。

では、どのような栄養が必要となるのでしょうか?

まずは、アミノ酸。これがなければ運動能力は下がります。

特に、アルギニンというアミノ酸が不足すると筋肉が細くなってしまいます。

そうなってしまうと力が入らず、速く泳ぐことは難しくなります。

このアルギニンは筋肉量の増加と疲労回復に効果があるので、積極的に摂取するようにするといいでしょう。

クロールで速く泳ぐための脱毛法

最後に、脱毛法。

オリンピックの水泳選手が水に対する体の抵抗を抑えるために全身を脱毛したという話をよく耳にします。

はたして、本当に脱毛は効果があるのでしょうか?

実は脱毛をすると浮力が増します。

そのため、体が浮き上がった状態になり水の抵抗を受けにくくなり速く泳ぎやすくなります。

これは水泳界では常識になっており、日本代表クラスの選手はもちろんのこと、トップアマ選手もほとんどの人が脱毛しています。

ある水泳コーチは、中学生以上の選手には脱毛を行ってもらっているそうです。

まとめ

これまで見てきたように、クロールで速く泳ぐにはトレーニングだけでなく栄養補給や十分な休息が必要になってきます。

したがって、ただがむしゃらにトレーニングを行っても効果はあがりません。

むしろ、逆効果にもなるでしょう。

また、脱毛も効果的な方法でした。

いずれにしても、コーチなどの専門家とよく相談して自分に一番合った練習メニューを決めると良いでしょう。

 - スポーツ