最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

クーラーと扇風機、体に悪いのは果たしてどっちなの?

      2016/06/07

クーラーと扇風機、体に悪いのは果たしてどっちなの?

クーラーと扇風機。

どちらも暑い夏には必須のアイテムですが、果たして体に悪いのはどちらなのでしょうか?

今回はクーラーと扇風機のメリットやデメリットを比較してどちらが体に悪いのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


クーラーの冷気は体に悪い?

「クーラーは体に悪い!」と言ってクーラーを嫌う高齢者の方も多いように、クーラーの冷気は体に悪いイメージを持っている人も少なくないと思います。

しかし、クーラーが体に悪影響を及ぼすのは使い方の問題が大きく関係しています。

倦怠感や食欲がなくなるなどの症状が出てしまう、俗にいうクーラー病は外気温との温度差が原因です。

長く冷気にあたっていた事によって体が冷えすぎてしまうと体に悪いので、外気温との温度差があまり大きくなりすぎないように温度設定をする必要があります。

また、気をつけなくてはいけないのは、体に悪いからと言ってクーラーを使用せず、暑さを我慢してしまう事です。勘違いされている方もいますが、熱中症は屋外にいる時だけなってしまうものではなく、たとえ室内にいてもなってしまう可能性はあります。

特に、高齢者や乳幼児は体温調節機能が低く体調の変化を起こしやすいので、クーラーを使用する際は十分注意をする必要があります。

扇風機の風に当たりすぎると体に悪い?

「扇風機の風を体にあてっぱなしにしたまま寝ると死ぬ」そんな噂を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かに、扇風機の強風を長時間体にあて続ける事で低体温になってしまう可能性はありますが、通常であればそこまで体温低下を起こすことは稀であり、健康な体であれば異常な体調変化を察知することができるので、扇風機の風を一晩中体にあてていたからといって死ぬことはありません。

しかし、その人の健康状態によっては脱水症状や脳梗塞・心筋梗塞の原因になるなど、体に悪影響を及ぼす危険性もあるので楽観視することはできません。

飲酒後や体調が悪い時の扇風機の使用は控えめにし、使用の際は首振り機能やタイマー機能を有効活用して、一か所に長時間風が当たり続けないようにする工夫が必要です。

また、扇風機を自分の体に向けるのではなく、風通しを良くする為に窓に向けて換気扇の様に風を送ることで、室内の熱気を帯びた空気を外へ逃がし、室内温度を下げる事もできます。

クーラーと扇風機はどっちが体に悪い?

ここまでで、クーラーも扇風機も体に悪いかどうかは使い方次第だと言いうことが分かってもらえたと思います。

つまり、クーラーと扇風機のどちらがより体に悪いかということは一概には言えないわけです。

どちらを使った場合も、使い方を間違えれば体に悪影響を及ぼすわけですから、クーラーの温度を極端に低く設定して使用したり、扇風機の首振り機能を使わずに直接体にあて続けて睡眠をしたりしなければ、あまり過度に騒ぎ立てるほどの影響はないわけです。

むしろ、どちらがより悪いかではなく、両方を併用して室温を調整する方がよほど効果的です。

具体的にいうと、クーラーの設定温度を28〜29℃程度にして、扇風機を首振り機能を使って回すよう使用するのがよいでしょう。

そうすれば、室内温度が低くなりすぎる事もありませんし、そうやって使用した方がクーラーの温度設定を25〜26℃に設定して使用した時よりも電気代が安くなるんです!

クーラーと扇風機を上手に利用して快適な夏を過ごしましょう。

寝苦しい熱帯夜での使い方

クーラーと扇風機を併用した日中の快適な過ごし方は分かっていただけたと思います。

では、寝苦しい熱帯夜の就寝時も同じ設定のまま朝まで使用し続けてもいいのでしょうか?

実は、ここでも少し注意が必要なんです。

人は寝ている時、体温の調節機能が低下しています。

しかも、日中であれば体感温度でクーラーや扇風機を消したりつけたりすることができますが、睡眠中はそれができません。

その為に体を冷やしすぎてしまい、体調不良になってしまう危険性があるのです。

そこで便利に利用したいのがタイマー機能。

タイマーの設定は入眠後3時間程度で切れるようにしておくと良いでしょう。

なぜかというと、人が眠るためには熱を体外に苦し、体温を下げなくてはいけません。

しかし、脳が休眠状態になるノンレム睡眠の時間帯は体温調節がうまくできません。

そしてこのノンレム睡眠は、眠ってから3時間くらいに多く見られる現象だからです。

体温調節のうまくいかないノンレム睡眠が起きる最初の3時間に、クーラーや扇風機のタイマーを利用して心地よい室内温度を保ち、快適な睡眠がとれるようにしましょう。

快適に過ごすためのクーラーの選び方

最後に、より快適な室内空間にする為の上手なクーラーの選び方を紹介します。

クーラーは部屋の広さだけでなく、実は建物の種類にも合わせて選ぶ必要があります。

そこでみなさんが購入時に確認する必要があるのが「畳数の目安」と「能力」の2つです。

木造と鉄筋とで冷房効率が変わる「畳数の目安」は、“6〜8畳”というように記載されている場合があります。

これは、木造で6畳、鉄筋で8畳という意味で、6〜8畳の部屋用というわけではないので、勘違いをして部屋の大きさよりも目安の方が小さいものを購入してしまわないように気を付けてください。

そして「能力」は、そのクーラーの力の強さを表しています。

この数値が大きくなればより強力になり、大部屋にも対応できる事を意味しています。

また、通常はクーラーというよりも冷暖房完備のエアコンを購入すると思いますが、冷房よりも暖房の方が負荷が大きいため、夏の暑い時期に購入する場合でも暖房能力が設置する部屋に対応しているかを目安に検討することが重要です。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ