最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

コレで決定!プロポーズから結婚までの流れ!

      2016/06/07

コレで決定!プロポーズから結婚までの流れ!

6月のジューンブライドを控え、プロポーズを考えている人も多いのでは?

プロポーズも大変ですけど、本当に大変なのはプロポーズしてから結婚するまでと言われます。

その流れを知って、スムーズに事を運びたいものです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

スポンサーリンク


何はともあれまずはプロポーズすることから始まる!

結婚式から1年前

プロポーズ
男性のみなさん、どんなプロポーズを考えていますか?女性はいくつになってもやっぱりプロポーズには夢と憧れを抱いています。理想と現実のギャップにがっかりする女性もたくさんいるので、ここはちゃーんとオトコを見せたいもの!もしきっかけがなかなかつかめないのなら、ホテルやレストランなどでは「プロポーズプラン」を用意しているので、それを活用しても。草食男子には、女性からの逆プロポーズもアリです!
晴れてプロポーズが成功したら、そこからふたりの未来がスタート!
結婚・新生活に向けて準備を始めます。まずはふたりの心を幸福で満たして、これから結婚式までを協力して歩んでいく信頼関係を築いてくださいね。

引用元-−-ぐるなびWEDDING

親への挨拶

さて、ふたりの結婚の意思が固まったら、その旨をご両親に報告するのが「親への挨拶」。おつきあいの段階で、ご両親と良好な関係を築いていても、ここはきちんとケジメをつけるべきときです。ましてや、初めてお会いするならなおさら!!と、脅してみましたが、そのくらいの緊張感をもった方が、ご両親も「真剣に考えてくれてるんだな」と好印象を持ってくれるはず。この後の結納・顔合わせはご両親も含めて準備を進めるので、ぜひ、上手に進めてくださいね。

引用元-−-ぐるなびWEDDING

プロポーズが済んでから入籍までどれくらいの期間を考えておけばいい?

プロポーズから入籍までの期間

プロポーズから入籍までの期間は、いつ入籍するかによって大きく違ってきます。一般的には、結婚式の前に入籍する人がほとんどのようです。中には結婚式の当日に入籍する人や、結婚式が終わってから入籍する人もいますが、普通は入籍してから結婚式をする人が多いようです。
多くのカップルを見ていると、プロポーズしてから結婚式の準備をして、結婚式の少し前くらいに入籍する人が少なくありません。そう考えると、プロポーズをしてから入籍までの期間は、ある意味で結婚式までの期間と近くなるのかもしれません。

期間が長いことのメリット・デメリット

プロポーズから入籍までの期間が長いと、十分な気持ちや身辺の準備をすることができます。一時的な感情で慌てて入籍するのではなく、結婚の挨拶や結納・結婚式や新居の準備もできた上で入籍するので、万全の情況を整えて正式に結婚することができるというメリットがあります。
逆に期間が長すぎると、結婚式の準備の過程で思わぬ衝突が起きてしまい、感情が冷めてきたり、マリッジブルーになったりして、結婚が破談になってしまうことがあるかもしれません。

期間が短いことのメリット・デメリット

プロポーズから入籍までの期間が短いと、恋愛感情が高まり幸せいっぱいの時に入籍することができます。二人だけではなく、両家のご両親も同意している時に、早めに入籍しておくことで、気持ちが変わって婚約が破棄になるという問題を避けて安心できるという大きなメリットがあります。
逆に期間が短すぎると、気持ちや結婚式への準備が十分ではありませんから、後悔しても取り消すことができなくなってしまうというデメリットもあります。

引用元-−-Wedding Park

プロポーズ後の結婚式までの段取りを知っておこう!

769171926_37f3c4ac63

(1)自分の親への報告
プロポーズが成就し、お互いの「結婚の意志」が固まったら、まずは自分の両親への報告です。今まで育ててくれた両親に感謝の気持ちも込めて第一に報告してあげて下さい。
結婚は本人同士の意志が大切ですが、両親にとっても自分の子供の結婚はとても気になるものでしょう。もし、相手のことなどについて両親からの質問があれば、誠意を持って答えましょう。

引用元-−-ハウツー

(2)お互いの両親への挨拶
自分の両親への報告を終えたら、お互いの両親への挨拶になります。姓が変わる女性の方が「もらわれる」立場ですから男性側が女性の家を先に訪問するのが一般的です。すでに面識がある場合でも、改めて直接訪問し、結婚のお願いをするのが礼儀です。

引用元-−-ハウツー

(3)結婚式場を探す
お互いの両親への挨拶を終えたら、次は結婚式場を探します。挙式スタイルには、チャペル式、神前式、仏前式、人前式があります。また披露宴会場もホテル、式場、レストランなどから選ぶことができます。
ふたりで話し合い挙式スタイルを決めたら、ブライダルフェアに積極的に参加することをおすすめします。

引用元-−-ハウツー

(4)結婚の日取りを決める
ふたりの希望の日取りを決めたら、お互いの両親に相談し、結婚式の日取りを決めます。両家の親戚ゲストの都合や大安吉日を良しとする六輝(六曜)などお日柄などにも配慮して決めるようにしましょう。

(5)婚約指輪を買う
正式に婚約する際に、男性から女性に「婚約の証」として贈られる指輪です。プロポーズの際に贈る場合もあります。婚約指輪に選ばれる石は「ダイヤ」が最も多く95%、購入額の相場は「給料3カ月分」などと以前は言われていましたが、2013年のブライダル総研の調査によると平均は36.6万円です。
リング購入方法には、完成している既製品から選ぶ「レディメイド」、石と枠を別々に選び、組み合わせたデザインパターンから選ぶ「セミオーダー」、すべてがオリジナルオーダーメイドの「フルオーダー」、親から譲り受けたものなど、手持ちリングを違うデザインに作り替える「リフォーム」の4種類があります。

引用元-−-ハウツー

(6)両親の顔合わせ・食事会をする
両家の家族が顔を合わせ、自己紹介をし、両家の親睦を深める意味合いで行われるのが「食事会」です。都市部を中心に増えている婚約スタイルで、挙式の3〜6カ月前の吉日に行われるのが一般的です。結納品は用意せず、男性が女性へ婚約指輪、女性が男性へ時計などの贈り物を交換するケースが多いようです。
最近の結婚カップル対象調査では「顔合わせのみ行った」は76%と最も多く、「結納のみ」は6%と減る傾向にはあります。

引用元-−-ハウツー

(7)結納
「結納」は、古くからのしきたりにそって結納品、受書、家族書、親族書を取り交わし、正式に婚約する儀式です。結納も挙式の3〜6カ月前の吉日に行われるのが一般的です。地域により千差万別ですが、男性側が女性宅を訪問し結納品を納め、後日女性側が男性宅を訪れて結納返しをする方法や、両家が一同に介して、同時に交換する方法もあります。最近では式場やホテルの「結納パック」を利用する人も増えています。
最近の結婚カップル対象調査では、減ってきてはいますが「結納のみ」と「結納と顔合わせの両方行った」が18%と、地域のしきたりや伝統を重視する傾向は根強く残っているようです。

引用元-−-ハウツー

(8)会場を決定する
日取りや招待人数、結婚式のイメージなどふたりの希望条件を会場の担当スタッフやウェディングプランナーに相談して会場を決定します。
具体的にはこちらの希望に対する見積書を作成してもらいます。その見積書を元に料理、引出物、写真、ビデオ撮影や演出関係のオプションなどの詳細を追加・変更して、ふたりが納得のできる条件を詰めていき仮予約または予約を入れます。その後、家族とも相談して、最終的に予約金を支払った時点で正式な予約が完了します。

(9)ドレスを決める
まずは挙式や披露宴のシーンごとにゲストに伝えたいイメージを描いてみましょう。
その描いたイメージのドレスはどのようなものか、また会場の雰囲気に合うドレスや自分の体型をカバーしてくれるドレスはどれが良いのかなども検討してみます。Webや雑誌などからそうした自分のイメージに近いものを探して、それを切り抜きやプリントして用意しておきます。次に「憧れのブランドを着たい」とか「素材感を大事にしたい」など、自分のこだわりの優先順位も決めておきます。
自分のイメージと優先順位を決めたら、お店の人にそれを伝えて試着してみます。試着の段階では、新郎の衣装も含めた衣装の点数や予算を具体的に決めておきましょう。

(10)ゲストをリストアップする
一般的に親族、職場関係、恩師、友人などからリストアップしますが、披露宴に招待する人数分をリストアップするのではなく、招待する人を以下のように分類して全てリストアップすることをおすすめします。
◾必ず招待したい人
◾余裕のある場合に招待する人
◾二次会のみ招待する人
◾結婚の報告のみする人
分類することで、招待するゲストが多かったり少ない時の調整にもすぐに対応することができます。また、披露宴、二次会などの招待状を送る際にも案内漏れ防止になります。

(11)引き出物を選ぶ
披露宴へ列席したゲストへのお返しやおもてなしの意味で渡すのが引き出物・引菓子です。
最近の結婚カップル対象調査では、82.4%が「贈り分けた」と答えているように、ゲストのライフスタイルや好みに少しでも合う引き出物・引菓子を選ぶ傾向にあります。
贈り分け方法は、性別、世代別、未婚と既婚、上司と友人などさまざまですが、贈り分けしやすいのがカタログギフトです。食器、電化製品、生活雑貨、お食事券など、多数の掲載商品の中からゲスト本人が欲しい商品を選んで注文できます。

引用元-−-ハウツー

(12)二次会会場を決める
二次会は披露宴に呼べなかった人や来れなかった人を中心に招待して、新郎新婦が信頼する友人をそれぞれ幹事役に立てて行うのが一般的です。幹事が忙しい場合は、二次会の幹事を代行する運営会社やプロの司会者に頼むこともできます。
結婚式同様にどんな二次会にするか、食事スタイルは立食か着席か、予算をいくらにするかなどを決めていきます。希望する二次会スタイル、予算、人数を決定したら会場の下見をして決定しましょう。下見の際には幹事にも同行してもらうのもよいでしょう。

(13)結婚指輪を買う
結婚式で「誓の証」として交換するのが結婚指輪です。結婚指輪は、結婚後に日常的につけるものなので、仕事や家事などに差し支えないシンプルでフィット感のあるデザインのものが一般的です。素材はプラチナ、ゴールド、プラチナとゴールドのものが多く、平均購入額は22.1万円です。
リングの購入方法は、「レディメイド」、「セミオーダー」、「フルオーダー」の3種類があります。

引用元-−-ハウツー

いざとなって慌てない為に、結婚にかかる費用を算出しておこう!

結婚に必要な費用は、大きく分けて、婚約や結納の費用、挙式と披露宴の費用、新婚旅行の費用、新生活の費用の四つに分けられます。これらの費用の合計は、平均で500〜600万円となっています。

自分たちの資金や、ご祝儀(総額平均210万円)、両親からの援助などを合わせて、どこにどれくらいのお金を使えるかを考え、予算を立てましょう。また、披露宴はこじんまりとやって、その分を新生活の準備にあてたり、新婚旅行はとりあえずやめておくなどのやり方もあります。

結婚にかかる費用は、基本的には両家で折半します。地域のしきたりや習慣によっても違いますが、挙式など共通してかかる費用は折半し、披露宴の費用は人数に応じて分担し、衣装は自分の分を負担するというのが一般的です。また新居にかかる費用や、家具、家電なども、トータルでほぼ折半になるようにします。

ただ男性側は結納金を女性側に渡すことがあるので、トータルで見ると、男性側の負担がやや多くなることが多いといえるでしょう。ちなみにご祝儀は、新郎のゲストの分は新郎側が、新婦のゲストの分は新婦側が持ち帰ります。

引用元-−-結婚レシピ

婚約指輪の準備も忘れてはいけない大切な準備の一つです!

もしプロポーズの前に内緒で指輪を買っておくなら、彼女の指輪のサイズを知っておかなければいけませんね。
これまでに彼女に指輪をプレゼントしていれば覚えているかもしれませんが、指輪を贈るのが初めてという方も多いかと思います。
BRILLIANCE+ や Cadensia+bridalといったネットショップなら、
無料でリングゲージ(指輪のサイズを測る道具)の貸出を行っているので、
彼女がはめている指輪をこっそりチェックしどのサイズか調べてみる、という手もありますよ。
もしも結果的にサイズが合わなくても、ほとんどのショップでサイズ直しが出来るはずですから安心して下さい。

ただ、ひとりで選ぶのはやはり難しいですよね。
どのデザインがいいのか、どんなダイヤがいいのか、本当に悩ましいと思います。
ブライダルリングの路面店で実際に指輪を見せてもらいながら店員さんに話を聞くのが一番イメージしやすいと思いますが、どうにか購入してもらおうと押しの強い店員さんがいたりすると困りますね。

ですから、ネットで色々なブランドのリングをたくさん見てみて、デザインを絞っていくといいでしょう。
予算に関しては、最近は特別高価で無くても問題ありませんよ。出せる範囲のものを選んで下さいね。

引用元-−-婚約指輪.jp

プロポーズも無事終わって、ようやく婚約!婚約したらしないといけないことのまとめ!

婚約してまずしなければならないのは、結婚までのスケジュールを逆算して決めていくことです。もちろん相手のあることですから、ふたりでよく話し合って決めなければなりません。
結婚までのスケジュールとは、役所に婚姻届を提出する入籍日をいつにするのか、そして挙式はいつ頃にするのかということです。
入籍日の決め方として多いのは、ふたりにちなんだ記念日や、バレンタイン、クリスマスなどのイベントに合わせて提出するというもの。その他にもお日柄で決めたり、ふたり揃って役所に提出に行ける日など。婚姻届を提出するタイミングはカップルによって様々です。
挙式の日程についても同様で、職業によっては業界全体が多忙になる時期などもあるため、ふたりの都合だけでなく、招待状を送る相手の都合なども考慮する必要があります。
お日柄はとくに気にしないというカップルには、仏滅の日に挙式を予約することで通常よりお得な費用で済ませられるプランも多く見受けられます。
これらのことを考慮した上で、挙式会場はどこにするのか、誰を呼ぶのか、洋装か和装かなど、より具体的なことを決めていきます。雑誌やネットで下調べをしてからブライダルフェアなどのイベントに足を運んでみるといいでしょう。とくに女性にとっての場合、ブライダルエステやドレス、ヘアメイクなど、美容面の準備にも忙しくなります。挙式当日を最高に美しい自分で迎えるためにも、ゴールから逆算してしっかりとしたスケジュールを立てるように心がけましょう。

引用元-−-人気の結婚指輪・婚約指輪ランキング

最後に挙式のスタイルを決めよう!

(1)教会結婚式
結婚式を挙げる約半数のカップルがこの教会結婚式を選んでいるといわれております。 ドラマのシーンでも多いのが、この教会結婚式。バージンロードを歩く新婦と新婦父…娘とバージンロードを歩きたい!お父さんとバージンロードを歩きたい!という方は多いはず。 教会にもバリエーションが様々あります。たとえば、ホテルであれば施設内に教会があったり、最上階の見晴らしがいい教会、さらには屋上に教会がある会場もあります。また、結婚式場やゲストハウスの場合は、施設内にある場合もありますが、施設外に独立型チャペルがある場合もあります。それぞれ、教会のコンセプトや雰囲気が異なるので、教会結婚式を希望される方はいくつか見比べる事をおすすめします。

(2)神社結婚式・神殿結婚式
最近、じわじわと注目されている神社結婚式。芸能人をはじめ、著名人も神社で結婚式を挙げているのをテレビでも目にしますね。神社結婚式は、厳かな雰囲気が漂う神社・神殿で執り行われる結婚式です。和装に憧れる女性に人気で、結婚するお二人は当然のことながら、参加するゲストも日本ならではの伝統を感じることができます。白無垢を娘に着させてあげたいと願う新婦の母親も多いです。古来、結婚式は家の床の間をより所とする神々に結婚の報告をする「祝言」という形で行われており、大正天皇の結婚式が神社で執り行われたことにより、広まったといわれております。 会場には神社はありませんが、神殿があります。本格的に神社での挙式を希望されるのであれば、会場によっては提携している神社があるので、相談してみましょう。

(3)人前結婚式(シビルウェディング)
お世話になった人や親しいゲストの前で結婚を誓い、証人になってもらう人前結婚式。 特に決まった形式がなく、二人らしい挙式ができるので、最近増えている挙式スタイル。大抵は披露宴の会場で、誓いの言葉を述べて、婚姻届に署名・押印をして、指輪を交換するケースが多いようです。また、会場によっては教会式同様のセレモニーホール等で執り行われる人前結婚式もあるので会場のプランナーに相談してみましょう。 進行も、シビルミニスターが行ったり、司会者が行ったり、プランナーが行ったりとさまざまです。金額はリーズナブルですが、年配の方には支持されない場合もあります。

(4)仏前結婚式
仏前で仏やご先祖様に結婚を報告する仏教スタイルの結婚式です。
仏教の教えに基づいて来世までの結びつきを誓い、二人をめぐり合わせてくれた祖先に感謝します。数珠を受けて焼香をし、誓杯を交わします。本来は先祖代々のお墓のある寺か、自宅に僧侶を招いて行います。

(5)海外挙式
ハワイやグアム、オーストラリアの教会、ヨーロッパの教会や古城などで挙げる海外挙式。最近は新婚旅行もかねて海外挙式をするカップルが多くなってきました。

(6)リゾート挙式
北海道や沖縄、軽井沢、那須などのリゾート地での挙式。大自然の中で愛を誓い、教会式や人前式が多いようです。

引用元-−-Bouquet

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ