最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ゴルフは道具を替えるのが先か腕をあげるのが先か?

      2016/06/07

ゴルフは道具を替えるのが先か腕をあげるのが先か?

ゴルフ界では昔から次のような命題が与えられていました。

「ゴルフは道具を替えるのが先か腕をあげるのが先か」

プロはともかく、アマチュアはどうすればいいのでしょうか?

今回は、効果的なゴルフ上達術を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


ゴルフは腕だという考え方

ゴルフは道具ではなく腕だ、という考え方をする人がいます。

それは、いくら高価な道具を買い揃えてもそれを使う腕がなければ宝の持ち腐れになってしまうという意味でしょう。

確かに、一昔まえのパーシモンの時代などのゴルフクラブに関していえばそういう考えも妥当でした。

しかし時代は変わりました。

いまは全然違ってきています。

ゴルフクラブをはじめとする道具は日々進化しているのです。

ゴルフは腕だという考え方は、過去の自らのゴルフ経験の積み重ねといった部分もあるので仕方がないかもしれません。

そして、それがゴルフの常識になっているのでしょう。

しかし、過去の常識を引きずってもダメなのです。

道具が変わるとゴルフ理論を含めて状況は大きく変わってきます。

ゴルフは腕だという考え方に固執しているゴルファーはせっかくのチャンスを逃して損をしています。

そういう固定観念を捨て去り、先入観なく試し打ちしたときの感触がいい道具を手に取ることが一番大事です。

ゴルフのプロは道具にこだわる

プロゴルファーのように一流の腕をもつ人は道具にはこだわらないのでしょうか?

そうではありません。

むしろ道具により一層こだわるようになります。

プロゴルファーの中でも特にツアーを戦うようなトッププロは道具にこだわります。

ツアーの練習日やトーナメントの序盤戦では選手たちはクラブの調整に多くの時間をついやしています。

その代表的なものがシャフトの交換です。

その他にも、クラブの重さ、フェースのロフト、ライ角、そしてグリップなど細部に渡って自分にとってベストなものを追求します。

それがよいスコアを出すために必要だと考えているからです。

ツアーを戦うトッププロにとって商売道具となるクラブ、ボール、シューズ、ウエアなどはスポンサー契約しているメーカーなどから支給されます。

そして、これらの選手の要望に応えることによって次々と新しい道具が開発されています。

言うなれば、選手の道具に対するこだわりは技術革新の原動力だともいえるでしょう。

ゴルフには道具と腕が必要

先に説明したように、日本のゴルフ界には「ゴルフは道具ではなく腕だ」という考え方があります。

確かに、道具だけが良くてもゴルフは上達しません。

したがって、ゴルフが上達するにはある程度の腕も必要です。

しかし、話が飛躍して「道具はどうでもいい」というのは無茶な話です。

つまり、「道具だけでゴルフが上達する」とか「腕だけでゴルフが上達する」といった個別の問題ではなく、両者は車の両輪のように密接に関係したものだといえるでしょう。

では、なぜ日本でこういった考え方が広まったのでしょうか?

そこには日本のゴルフ業界が抱える構造的な問題が存在します。

つまり、日本のゴルフ業界は「腕を鍛えるのはレッスンコーチ」「道具を選ぶのはクラブ屋」として、それぞれが独立してしまっていることです。

これではお互いのメリットを理解し合えないでしょう。

その点、米国はゴルフコースにレッスンコーチがいてその人が実際にクラブを使って芝から球を打たせながら調整もするという一貫した体勢で運営しています。

ゴルフ初心者の道具選び

ここからは、具体的な道具選びを見て行きましょう。まずは、初心者の道具選びから。

クラブは大別すると、ウッド、アイアン、パターの3つに分類できます。

ウッドは、主に遠くまで飛ばすためのクラブです。

アイアンは、主に狙ったところにボールを持ってゆくためのクラブです。

パターは、ボールを転がすためのクラブです。主にグリーン上で使います。

これら以外に、バンカー脱出用として不可欠なクラブとしてサンドウェッジがあります。

コースに持って行けるクラブは、14本以内なら何本持って行っても大丈夫です。

初心者はこれらのなかから選べばいいのです。初心者におすすめは次の通り。

ウッドは、1番と4番の2本。アイアンは、5番、7番、9番の3本。サンドウェッジは1本。パターも1本。

最初はこのハーフセットがあれば十分コースに出られます。

そして、自分の腕が上達してくれば必要なクラブを買い揃えればいいのです。

そうすれば、ますますゴルフが楽しくなることでしょう。

ゴルフの腕をあげる道具選び

最後は、中上級者の道具選びを見て行きましょう。

まずはドライバー選びから。次の点に注意しましょう。

フェースの向き、ロフト角、ライ角、重量、シャフトの長さと硬さ、重心の位置と重心距離。

これらが変われば飛距離にも影響してきます。

まずは、試し打ちをして自分に合ったドライバーを選ぶことが大切です。

次は、アイアン選び。次の点に注意しましょう。

ライ角、キャビティ・マッスルバック・中空、重量、シャフトの材質、ヘッドの大きさ、幅広ソール、芯に当たる確率。

これらが変わればボールのコントロールに影響してきます。

これも、試し打ちをして自分に合ったドライバーを選ぶことが大切です。

次は、サンドウェッジの選び方。次の点に注意しましょう。

重さ、ネックの形。これもドライバーやアイアンと同じです。

最後は、パターの選び方。次の点に注意しましょう。

ヘッドの大きさ、ピン型の特徴、L字パターの特徴、マレットタイプの特徴、フェースインサートやフェースの硬さ、センターシャフトの特徴、グリップの太さ、ライ角、パターの重さ。パッティングは繊細なものです。

パター選びは特に慎重にしましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ