最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ショック!もしも旦那が仕事ができないヤツだと言われたら?

      2016/06/07

ショック!もしも旦那が仕事ができないヤツだと言われたら?

家庭では、いい夫なのに会社での評価はイマイチだと知ってしまったら、妻としてはショックですよね。

完璧な人間なんていないとは分かっていても、できれば自分の旦那はデキル男でいて欲しい。

妻次第で夫を変えることができるかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


仕事ができない男の特徴

1.メモをとらない
どんな小さな打合せでも手帳と筆記用具はもっていきましょう!
又、覚えなくてはいけないことなどもメモをとるのは当然のことです。
メモはとってる姿勢がなければやる気もないように思われます。

2.知ったかぶりをする
仕事をしていく上での最大の弊害は、しばしば繰り出す「知ったかぶり」です。
まだ相手が話してる途中などで自分の無能な知識で話をさえぎることにより、相手に不快な思いをさせます。

又間違った知識により会社に損害をだすかもしれません!

3.素直さがない
私も最初素直さが足りず勘違いしていた時期があります。誰しもが最初から「仕事ができる」訳ではないのです。

最初は、「どうやったらいいのかなんて全然分からない」状態です。
従って、「教えてもらう」ことになります。
その「教え」を丸呑みして、丸ごと真似できるだけの「素直さ」が、「教えてもらう」には必要です。

口癖編

出来ない人の多い口癖です。
こんなこと無意識にいってませんか?

4.忙しい
「忙しい」と口にすることは、「自分の能力はこれで一杯です」「自分には計画性がありません」と言っているようなものです。
上司も、能力がない人には高度な仕事を任せられません。

5.でも……
「言い訳」や「ネガティブ発言」をする人ほど、仕事ができないという意見がたくさん!
まわりの雰囲気も悪くなります。

6.……したのに
相手が自分の期待通りの行動をしてくれなかったからといって、「……したのに」といっても、物事は改善しません。

7.じゃあ、みんなで話すか
本当は自分が決めなければいけないことを決められないから、みんなで決めて、何かあったときの保険をかけているだけである。
このタイプの人がよく口にする「みんなで考えたほうが、アイデアが出るから」という言葉は裏を返せば、「自分にアイデアがないからメンバーに出してもらいたい」という意味

8.人が足りません
大抵の場合、足りないのは人ではなく能力だ。
人が足りないという前に、仕事の効率化を見直してみることが大事だ

9.この仕事むいてないんです
学ぶという姿勢がまるで見られないので、先輩や上司の指導の意欲も下がり悪循環です。
周りが「じゃあ、辞めて別のことをすれば?」と言いたいのをグッと堪えている可能性も

10.ビジョンが見えません
だいたいそういうことをいう人は、自分自身に明確なビジョンがない。
もし、ビジョンを持っているのであれば、そのビジョンに基づいて、会社の業績を上げる提案と努力をすればいいだけの話。
尚、会社のビジョンは経営理念です。

11.チッ(舌打ち)
舌打ちされるとほとんどの人が不愉快な気分になりますよね。
これをやる人は社会人としてのマナーがなっていない「ダメな社会人」が少なくないよう

12.溜息が多い
昔から溜息をつくと幸せが逃げると言われるぐらい、他人に不快な思いをさせます。
最低な行為です。溜息が多い人で仕事ができる人は見たことありません!

以上12個ありましたが、みなさんは何個ありました?

仕事ができないと思われるだけで負のスパイラルに入り込みます。
仕事ができない人に上司は仕事を頼みません!
仕事が頼まれないのでできる人とドンドン差がついてしまいます。

仕事ができる人は、お客様・上司・同僚・部下・周りのスタッフからも何かと依頼され、
簡単にこなすことで評価もあがり、ますます大きいな案件や信頼を勝ち得てるのです。

引用元-−-HB.ブラザーズ マガジン

成績優秀なのに仕事ができない人もいる

「落ち着きがない」「ミスが多い」
子供特有じゃない“大人の発達障害”

やるべきことを先延ばしにする。仕事のミスが多い。時間に遅れる。人の話を聞かない。人付き合いがうまくできない。場の空気が読めない。キレやすい。落ち着きがない。片づけられない——そんな“大人の発達障害”が問題になっている。

発達障害といえば、衝動的な行動をとることがある「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」や、対人スキルや社会性に難のある「自閉症」と「アスペルガー症候群(AS)」、特定能力の習得に難のある「学習障害(LD)」などの総称。これまでは、生まれつきや何らかの理由で脳の発達が損なわれ、子供特有の障害だと思われていた。しかし、「大人の発達障害」の場合、うつ病や依存症を併発するなど、より大きな問題を引き起こしかねないことが明らかになってきたのだ。
『発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社新書)の著者である福島学院大学の星野仁彦教授(児童精神医学)は、「トップクラスの成績のいい人が多いので、人付き合いが苦手でも、大学などの学校を卒業するまで、発達障害と気づかずに見過ごされてきた」と、大人にも数多い理由を説明する。
「会社に入ってから困るのは、会話や対人スキルが上手くいかなくなること。一方的に自分の気持ちをまくし立てるんだけど、人の話を聞かないんです。さらに問題なのは、朝の起床を始め、夜の睡眠、お金、時間、食事、整理整頓、提出物などの管理ができない。しかも、感情のコントロールができないため、些細なことでもカーッとなってしまい、仕事上では致命的になりかねないのです」

引用元-−-DIAMOND 男の健康

仕事がデキない男は妻をダメにする?

lgf01a201412211800

デキない夫と負のスパイラルに

●ベンジャミン幸子さん(仮名・42歳)
●夫の職業は金融で年収2000万円

艶やかな黒髪に和装が勝負服の幸子さん。高スペックの欧米人夫を射止めたのは8年前のこと。

「当時は、前の夫と離婚して5年。夫婦は悪いスパイラルにハマったらおしまいです。私が失敗から学んだのは、仕事のできない男は妻を劣化させるということです」

幸子さんいわく、デキない男は優先順位をつけられず、リスクヘッジできない。また自己コントロールもできないため感情や欲望に流される。家庭に置き換えてみると、風俗や浮気に時間とカネをつぎ込み、妻を大事にしないということだとか。前夫は見事なまでにこの“負のスパイラル”にハマってしまったという。

「今の夫はハッキリ言って仕事ができます。仕事ができるから自然と収入も高くなります。自己コントロールもしっかりできて、家庭と仕事をうまくコントロールしてくれてます。結局、離婚後に決めた“男の条件”をクリアした日本人男性はいなかったんですよ」

理想を求めた結果なのか、再婚した相手は欧米人だという

引用元-−-J・SPA!

ダメ夫にするのは、ダメ妻のせいかも

「夫を落とす妻」たちは、まさに正反対だ。まずいわゆる「昭和妻」のレイカさん(45歳)。家計は自分だけが握り、夫は永遠の定額お小遣い制。夫は激務で帰ってこないので、食事はいつも子供と自分の分だけしかつくらない。たまに帰宅すれば「あなたの分はないわよ」とレトルト食品をぽんと手渡す。
そんな状況の家には夫も早く帰りたいマインドがなく、ダラダラ長時間勤務、栄養バランスのよくない外食や痛飲、果ては浮気……とよいことはまったくない。昭和妻は自分の楽しみや子供の教育費には湯水のごとくお金を注ぎ、生活費が足りなくなれば「夫の働きが悪いせい」と考える。自分で働くつもりは一切なく、夫は「給料運搬人」。結果的に妻は夫という資産をマイナスにしている。

もう1人は、30代前半の妻ツグミさん。年収800万円の夫と結婚し、出産を機に仕事は辞めた。東京都下にマンションを買い、子供は2歳。家計管理は「数字に弱いので夫任せ」。が、夫の手取り給料のかなりの部分、月20万〜30万円を自由に使わせてもらっているという。
「でも、毎月赤字。月の手取りから生活費がはみ出してます」という。ボーナスで赤字を補てんし、貯金ゼロのギリギリ家計だ。
雑誌「CanCam」を愛読していた独身OL時代に比べ、「ランチはワンランク下」だという。でも独身時代からいきつけの表参道の美容室には月イチで通い続け、きれいな巻髪を維持している。一番財布のヒモが緩むのは、子供グッズだ。
「読モ(雑誌の読者モデル)の子育てブログを愛読していて、カワイイと思うグッズを見ると、すぐにケータイで買ってしまうんです」
こういった30代夫婦は家計管理や貯蓄というマインドがない。子供の教育費がかかる時期になるととたんに苦しくなるだろう。本当は子供が小さい今こそ妻も働くか、真剣に貯蓄するべきなのだ。この世代は昭和妻ほど夫への管理はきつくないし家計も握らない。要するにすべてが緩いのだが、その緩さがじわじわと命とりになりかねない。

引用元-−-PRESIDENT Online

仕事ができる男に変える

仕事ができる男性と話していると、彼女や妻による上手なマインドコントロールは、仕事へのモチベーションに影響していると感じます。
そこで今回は、男を育てる女の心構えを3つご紹介します。
上手なコントロールで、彼氏や夫を成長させましょう。

■認める
男性に限らないことですが、人は認められたいものですよね。
多くの男性が持っているのが承認欲求。仕事ができる夫を「あなたは仕事ができる人」と認めるのはもちろん、仕事が上手く言っていない時でも、同じように認めることができる男育てには大切です。
仕事でもがいているときなら「頑張ってるじゃない」と認める。仕事が上手くいっている時なら「やっぱりあなたってすごいね」と認めること。
「あなたってダメな人」と言われ、ハングリー精神に火がつく人も中にはいますが、基本的な姿勢は男性を認めることがポイントです。
男性はとてもナイーブですよね。傷ついて立ち直れない状況をつくるのは、できる男育てではNGです。「あなたは仕事ができる人」とマインドコントロールすることで、より仕事ができる男に育てましょう。
自信を持って仕事に取り組める環境を作るのも、パートナーのために女性ができることのひとつでは?

■信頼する
男性にとって信頼感はエネルギーになると言います。女性のみなさんも「信頼されているから頑張らなくては」と思うことってありますよね。家族を持った男性は、家族への責任感を仕事へのモチベーションに変えられる人が多いようです。
そして、その責任感は、信頼されることで増えているようです。
「あなたがダメだから私が頑張らないといけないのよ」なんて責められると、とたんに挫けてしまう男性は多いのです。「信頼してくれる人のためにも頑張らなくては」というモチベーションになります。
仕事をする動機は大切ですよね。多くのビジネスマンと話していると、その動機は一つではない場合がほとんどです。お金が目的の人もいれば、ただただ仕事が好きで仕方ないという人もいますが、「信頼してくれている家族のため」という動機で、苦しい時を乗り越えたというエピソードを聞くことがあります。
逆に、苦しい時に、妻から信頼されず離婚危機に陥った夫婦もいます。その後、危機を脱しても夫婦関係は修復されることはなかったとか…。

■ 放置する(適度に)
いろいろなタイプの男性と話をしてきましたが、みなさん、パートナーから上手に野放しにされている印象があります。
あまりに締め付けが厳しいのは、男性を育てるという意味では良い方法とは言えません。
例えば、帰宅時間や付き合う相手に厳しすぎる女性と結婚した男性は、当然ですが、付き合いの幅も減ってしまいます。
コミュニケーションの幅を狭めてしまうのは、仕事にとってはかなりのマイナス。多くの出会いがある人は、それだけチャンスも手にできます。
ある男性経営者は、仕事が忙しく帰宅できなくても、大した干渉は受けないと言います。それは、仕事を成功させるために必要なことだからと。でも、仕事に集中した後は、家族をねぎらい、旅行や家族サービスを必ずするとも言っていました。仕事に自由で自立している男性の方が、力を発揮しやすいようです。
ただし、放置しすぎるのも危険。寂しがりやの男性は、放置されたのをいいことに、ふらふらと他の女性に目移りしないとも限りません。
例えば、ひっきりなしの電話やメールでの行動チェックを減らすなど、適度に放置するのがいいのではないでしょうか?付き合いや夜遊びが増えたら、その時はきちんと締める。
何も言わないのも危険、言い過ぎはダメ。そのさじ加減で、男性は成長もできるし、その逆もありますね。
今回ご紹介した上記3点の逆は「認めない、信頼できない、縛り付ける」です。毎日顔を合わせる相手に抱く思いとしては、何ともツラいですね。
男性に対して、認めて、信頼して、上手に放置できると、女性自身の心も楽になります。

引用元-−-KOI-GAKU

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ