最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ストレスによる過食で便秘になったときの対処法まとめ

      2016/06/07

ストレスによる過食で便秘になったときの対処法まとめ

ストレスで過食に走ってしまうと便秘を始めとした様々な症状が起き、健康を害してしまいます。

今回はストレスによる過食で便秘になったときの対処法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


ストレスによる過食

ストレスから食欲不振におちいるケースとは逆に、ストレスを感じると異常に食欲が亢進し、一度に大食いしたり、一日中食べ続けることがあります。「ストレス食い」とも「気晴らし食い」ともいわれ、大量に食べることがストレス解消の手段となっています。

引用元-−-タケダ健康サイト

過食の症状

食べては吐く、食べては吐くということを繰り返したり、過剰に食べては使用量の5倍の下剤を服用したり…
このような過食症を続けていて、体に何の影響もないわけがありません。
栄養バランスの乱れによる健康への悪影響や、嘔吐を繰り返すことによる歯の健康への悪影響、そして、心への悪影響があります。
健康への悪影響

無月経・便秘・低体温・むくみ・冷え・低血圧・貧血・電解質異常・腎機能障害などがあります。
歯への悪影響

嘔吐を繰り返すと、胃酸によって歯が痛んでしまいます。虫歯が増えたり、歯が変色・変形したりしてしまいます。
心への悪影響

情緒不安定や気分障害・不安障害などの精神疾患を生じる場合があり、自殺願望やアルコール依存・薬物依存につながる場合があります。

引用元-−-ダイエットSlism

食べ過ぎでも便秘になる

食べすぎによる便秘は胃腸の消化速度が食事の量に追いついていない場合に起こるようです。消化機能が発達している人は沢山食べてもスムーズに排出されますが、消化機能が鈍くなっている人は特に食事の量が多くなくても、普段よりすこし多く食べただけですぐに消化スピードがついていけなくなり、便秘になることがあります。

何事にも限度はありますが、特に肉類は消化に時間がかかり胃腸に負担をかけるのであまり食べ過ぎないように心がける必要があります。また、食物繊維は便秘改善に必要不可欠ですが、不溶性のものは刺激が強いので痙攣性便秘の場合は食べ過ぎると症状がひどくなることもあるでしょう。

つい食べ過ぎてしまう人は消化機能を発達させるために空腹の時間帯を作ることが大切です。常に胃の中に食べ物がある状態では胃腸の消化機能は疲労しきってしまいます。特に寝ている間は胃腸が休まる時間帯なので寝る直前に食べるのは控えるようにしましょう。

引用元-−-便秘、克服への道

便秘に対する誤解

便秘の人が陥りやすい誤解が、便は食べなくては出ないということ。

便秘がちになると、便のかさを増やそうと、より多くの食べ物を摂ろうとしてしまうことがあります。

朝食を摂ることによって腸が動き出し、便がでやすくなることは明らかになっていますが、便を出すために、消化できる限度を超えるほどの過食は、消化不良を起こし、消化しきれなかった食べ物が腸内に入り、腐敗し、腸内環境を悪化させてしまうことがあります。

過食は、胃や腸だけでなく肝臓、膵臓など様々な臓器に負担をかけてしまいます。

自分の胃や腸が消化できるキャパを超えると、便秘だけでなく体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

引用元-−-便秘解消法ベスト3!

ストレスによる過食が原因の便秘対処法

OZP85_yabeeonakaitai500-thumb-750x500-3527

自律神経失調症タイプの便秘対策は、通常の便秘対策と真逆

通常、便秘対策というと運動や適度な脂質の摂取などが挙げられますが、自律神経失調症タイプの便秘は対策が変わってきます。

(1)運動は避け、休養を心掛ける

(2)脂質の摂取は控える

(3)揚げ物の摂取は控える

(4)熱過ぎる、冷た過ぎる飲食物は控える

(5)食事量をきちんと確保するが、過食は控える

(6)酸味・香辛料・アルコール・カフェインなどの刺激物は避ける

(7)ガスを発生させやすい食品は控える

(8)硬い食品、濃い味付け、炭酸飲料を控える

(9)食物繊維の摂取に注意する(いも類、果物類、海藻類から“水溶性”食物繊維を摂取する)

とくに、運動を避ける、脂質を避ける、食物繊維の摂取に注意するなどは、一般的な便秘対策と異なってきます。

食物繊維には“水溶性”食物繊維と“非水溶性”食物繊維が存在します。ゴボウやサツマイモ、大豆、玄米などの食物繊維は“非水溶性”食物繊維になります。

水に溶けず、腸の中で膨れ上がる非水溶性の食物繊維は、自律神経失調症タイプの便秘では、むしろ控えた方がいいと言われています。

引用元-−-WooRis(ウーリス)

過食を卒業する

過食、ストレス食いは心と体の栄養が満たされていないせい?
過食が止まる「心と体の栄養を満たす食べ方」3原則
㈰食べる自分を責めない
㈪本当に食べたいものを食べる
㈫五感をフルに使い、満足度を高める
食べることに罪の意識を感じて、本能である食欲を抑えこもうとすると、結局は、そのストレスの反動で過食に。まずは罪悪感を捨てること。その上で、「食べたい」と思う、食の本能を高めることを心がけて。本当に食べたいものは何か、体に聞くような気持ちで向き合ってみよう。五感をフルに使って、「食べる」ことを心から楽しめば、栄養が心と体を満たしてくれるはず。
———「過食」を卒業するためのテクニック———
・週に1回、好きな物を食べるご褒美デーを作る
・食べたいものを、わくわくしながらリストアップ
・食べるときはたくさん並べて、目からも満足感を得る
・コンビニよりデパ地下へ。迷ったら高級なものを選ぶ
・選ぶなら、より自然な形に近いもの
・たんぱく質、いい油をきちんととる

引用元-−-医療法人和楽会

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ