最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

タバコを吸っている家族がいると子供が虫歯になるその理由

      2016/06/07

タバコを吸っている家族がいると子供が虫歯になるその理由

皆さんはタバコを吸っていますか?

タバコは体にいい影響を与えるものではないという認識は少なからずあるのではないでしょうか。

実は家庭内に喫煙者がいると、子供が虫歯になる可能性が高くなるそうです。

実際にどれほどの影響を与えるのか、少しでも多くの方に知っていただきたいです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


タバコが人体に与える影響はどんなもの?

タバコを吸うと、体にどのような影響が及ぶのかご存知ですか?

煙草の煙は大きく分けて3種類あります。

タバコを吸って口の中に入る「主流煙」、吸った後に吐き出す「呼出煙」、そして火のついている所から発生する「副流煙」です。

実は主流煙よりも副流煙の方が有害物質が多く含まれているのです。
タバコを吸わない人が、副流煙を吸ってしまう事を「受動喫煙」といいます。
これが肺がんや心疾患の原因になっていることが確認されています。
喫煙者でない人にも影響が出てしまうというのはとても恐ろしいです。

では実際に喫煙者に与えられる影響はどのようなものなのでしょうか?

タバコには約60種類の発がん性物質が含まれています。
よって、肺がんなど様々ながんになりやすい体になってしまいます。

その他、消化器疾患や歯周疾患など、体に及ぼされる影響は計り知れません。
女性の喫煙者では閉経が早まったり、肌荒れやシミ・そばかすが目立つようになるそうです。

タバコの影響が原因で亡くなる人が年間約13万人もいるのです。
そのデータだけでも、タバコが体に与える影響の酷さが感じられます。

子供の前でタバコを吸わないで!

妊娠をきっかけにタバコをやめたというママは多いのではないでしょうか?

実はパパもやめた方がいいのです。

理由は先ほどお話した「受動喫煙」が、子どもにも悪影響を及ぼすからです。

赤ちゃんが突然死んでしまう、乳幼児突然死症候群という病気になる確率がおよそ5倍になります。(両親ともに喫煙者の場合)どちらか片方だけだとしても1.5倍強も高くなってしまいます。

どんなに愛情を注いでいても、パパやママが赤ちゃんの前でタバコを吸っているだけで、赤ちゃんが亡くなってしまう確率が5倍にも膨れ上がるのです。

また、病気にかかりやすくなったり発育に影響が出ることもあります。
一見関係なさそうな虫歯や中耳炎などにもかかりやすくなるそうです。

受動喫煙でも体内からニコチンがしっかりと検出されます。
なら目の前で吸わなければいいの?ベランダや換気扇の下なら大丈夫?

いいえ、タバコの有害物質は服や髪にも付くのです。
赤ちゃんのいない部屋でも、例え家の外でも、タバコを吸っていれば必ずと言っていいほど、本人はもちろん家族にも悪影響が及びます。

大切な子供に辛い思いをさせないためにも禁煙しましょう。

家族の喫煙で子供が虫歯に

家族に喫煙者がいると、子供に様々な影響が出てしまう事が分かりました。
その中でも、歯への影響について興味深いデータがあります。

家族に喫煙者がいる子供が、受動喫煙によって虫歯になってしまう可能性が、非喫煙者の家庭より最大で2倍以上になるそうです。

受動喫煙によって唾液の成分が変化し、虫歯の原因菌が集まってしまうことが原因ではないかと、京都の大学チームの研究結果から推測されています。

歯ぐきに黒ずみが出やすくなることもあるそうです。

あまり甘いものを食べさせないようにしたり、歯みがきを徹底したり、フッ素コーティングをしたり、虫歯予防のために色々と試行錯誤されるママも多いと思いますが、もし家庭内で喫煙している家族がいるのであれば、禁煙してもらうようにしましょう。

せっかく試行錯誤して守ろうとしているものが、家族の受動喫煙で台無しになってしまうかもしれません。

また、外食する際にも注意が必要です。
できるだけ全面禁煙のお店を選ぶようにしていきたいですね。

子供の虫歯予防あれこれ

受動喫煙をなくすことはもちろんですが、その他に子供の虫歯予防に効果的なものはご存知ですか?
あれこれお金をかけなくても、いくつかのポイントを習慣づける事できちんと予防ができます。

多かれ少なかれ、誰の口の中にも虫歯のばい菌は潜んでいます。
虫歯菌は、食べ物から糖を取り込み、酸を出し、口の中を酸性にして、歯の表面を溶かします。

食事の度に歯の表面は溶けてしまうのですが、食べない時間に元に戻ります。

なのでまず重要なのが、だらだら食いをさせない事。
食べない時間が無いと溶けてしまった歯の表面が元に戻れなくなり、虫歯になってしまします。

食べる回数をきちんと決めてあげましょう。
目安は3食のご飯におやつを足した5回までです。

もちろん甘いものを取り過ぎないのも効果的!
唾液の分泌が盛んになると、酸性になった口の中を中性に戻す力が強くなるので、よく噛んで食べることも大切です。

歯みがきは思っているよりもきちんと磨けていないことが多いです。
定期検診を受けてフッ素塗布をしてもらう時に、歯みがきのコツを聞いてみるといいでしょう。

今からでも遅くない!禁煙しよう

喫煙が自身に与える影響、周囲の人に与える影響は、とても怖いものばかりです。
それが分かっていても、なかなか簡単にやめることができないのが、最大の恐怖です。

それぞれの体質や性格によって効果的な禁煙方法は様々だと思います。

私は妊娠を機に禁煙しました。

最初はなかなかやめられませんでしたが、吸う度にお腹が痛むような感覚がありました。
赤ちゃんが苦しい思いをしていると思ったら自然と本数が減り、吸わなくても平気になりました。

友人は禁煙外来に通って成功させました。

体調の優れない時に吸って、余計に具合が悪くなってしまったことがきっかけであっさりやめられたという話を耳にしたこともあります。

禁煙するとご飯の味が変わります。喫煙期の何倍も美味しく感じるのです。
肌が綺麗になります。シミが薄くなり、ニキビができにくくなりました。

喉の調子が良くなります。今までいつも痰が絡んでいたのに。
息切れしにくくなります。スポーツなどの新たなストレス発散法が楽しめます。

ゆっくり無理のないペースでもいいのです。
まずは「禁煙しよう」とする意志を持つことが大切です。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/nao080977771/status/665140128453558272

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ