最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ネイルは独学でも大丈夫?資格を取ってネイリストになりたい!

      2016/06/07

ネイルは独学でも大丈夫?資格を取ってネイリストになりたい!

大好きなこと、やりたいことを諦めたくない!。

今の仕事にやりがいが見つけられず、大好きなネイルを仕事に出来ないかな、と悩んでいるあなた。

今、子どもがいても、資格がなくても、やる気さえあれば道はひらける!。

独学?スクール?時間もお金も最小限に抑えてお得に賢くチャレンジ出来る方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


ネイルのお仕事、資格が必要?

実は、「私、ネイリストです!」と日本で名乗るのに資格は必要ありません。

そもそも、日本にはネイリストの国家資格がありません。

ですが、どんなに上手にネイルができても、やっぱりなんの資格(証明)もない素人より、専門知識を身につけたプロとして学んだ資格を持っている方に施術してもらいたい、と思うのが人心。

ネイルサロンで働いたり、ネイルサロンを経営するなら当然のことながら、その資格取得は必須。

では、どうすればその資格が得られるのでしょうか?

それはズバリ、民間の団体や企業がおこなっている独自の審査基準で技能をはかる任意検定を受け、民間資格を取得すること。

英語検定や漢字検定、パソコン能力評価試験や家電製品エンジニアなど、公的資格と同様に知識や技能があるとされ、社会的に広く認知されている資格や、独立や就職が可能な資格があります。

ただし、民間資格は国家資格とは違い法律による制度はありませんので、詐欺のような資格商法にだまされないよう、注意が必要です。

ネイリストになるための資格って?

日本にはネイリストの資格は大きく分けて2種類あります。

1つはネイリスト技能検定試験と、もう1つはジェルネイル技能検定試験です。

これはネイルには、マニキュアネイルとジェルネイルの2種類があるからです。

どちらも爪にカラーやデザインをほどこす施術ですが、材料や方法が大きく異なります。

マニキュアネイルの資格で最も有名なのは公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)がおこなっているネイリスト技能検定試験。

この資格は1級から3級の3段階に分かれており、1級はアメリカ合衆国で国家資格になっている「マニキュアリスト国際ネイルライセンス」を受けられるレベルです。

ネイルサロンでの勤務や自宅ネイルサロンの経営であれば、2級資格を持っていればその技術があると認知されています。

3級はいわゆる初級レベルで、ネイルアート、ネイルケアの正しい知識があると認定されるレベルです。

これに加えて、15年ほど前から流行り始めたジェルネイルの技術・技能を主としたジェルネイル技能検定試験があります。

これは5年前にできた新しい検定試験で、初級、中級、上級に分かれています。

ちなみに、これらの検定を受けるためには、義務教育を終了していることが受験の条件になっています。

ネイルの資格は独学でとる?スクールでとる?

ネイリストになるためにはネイル検定に合格すること。

そのために考えられる方法は

1.ネイリスト専門の養成スクールに通う
2.通信教育を利用しての独学
3.独学

の3種から選択できます。

ネイルが流行った頃、初心者でもすぐに学んでプロになれます!なんてキャッチフレーズが出回ったので、わざわざ高いお金を払ってスクールに通ったり、通信教育を受けなくても検定に合格するのでは?と思う方も多いかもしれません。

ですが、独学となると、強い意志と手間が必要になります。

ネイルは技術やデザインの進化が早い職種ですので、常に新しい情報を得て、新しい技法を身につけていくことがスキルアップの基本となります。

そういった情報を素早く得るためには、本を買っての独学よりも、スクールや通信講座がベター。

卒業後のフォローやサポートが充実している講座が主流ですので、長い目で見れば、スクールや通信教育を受けるほうが、プロへの近道かもしれません。

条件が合えばハローワークの職業訓練として無料でネイルスクールに通える制度もあります。

ネイルを仕事にする!と思ったらまずは自分に合うものを吟味するところから始めましょう。

迷うなら純粋な独学よりも通信教育での独学がおすすめ

会社勤めをしながら、小さな子どもを育てながら、自分のやりたいことを自分の時間&自分のペースで出来るのが通信教育のネイル講座を利用しての独学。

内容、コスト、終了後のバックアップ等、通信教育機関によって様々なコース、コスト、特典があります。

テキスト学習だけでなく、DVDによる視覚学習やインターネットを使っても専任講師とのマンツーマン受講をおこなっているところもあります。

また、基本的な材料・用具(もちろんプロ用!)がセットになっている講座も多いので、思い立ったらすぐに始められる講座も数多くあります。

卒業後の就職先を紹介してくれる機関もありますのでありがたい限り。

ネットでちょこっとググればランキング形式で人気の講座がすぐに調べられ、内容や価格、特典など、比較形式で書かれているのでとても便利。

目的に合わせて気になるネイル講座をチョイスして、コスパと好み、目的に会うものを決定すればOKです。

もっと安く、もっと手軽に、という方には、ディスカウントクーポンサイトでもネイル資格が取れる通信講座がでています。

ただし、安さよりも内容やバックについている教育機関の信頼性などを重視しましょう。

ネイル資格を取るためのコストと期間

ネイルの資格を取る方法は先ほどご紹介した3つ。

独学の場合、コストは専門書代のみ、期間はやる気次第になります。

通信教育を利用した独学の場合は、平均的な受講期間は3〜6ヶ月。

講座によっては無料での期限延長サービスが受けられるので忙しくてスケジュール調整が難しくても期限切れ!ということがないので安心です。

コストは15,000円から100万円をこすものまで様々です。

平均12万から20万が多く、別途材料費が6〜10万程度かかります。

スクールにかかるコストはは20万から100万円。

期間は通学スタイルによって幅があり、半年から2年位かかる場合もあります。

通信教育機関やスクールを選ぶ時に注意したいのはバックグラウンドと1回の授業時間。

当然のことながら、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)の認定を受けている学校であれば有利。

もちろん、認定校でなくても、講師やカリキュラムがしっかりしていれば大丈夫。

1回の授業時間は60分なのか120分なのか、で同じ授業回数でも時間は倍違ってきますので気をつけましょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/Yurichan__21/status/689446388908691456


https://twitter.com/ruriruri_mm/status/623166059562971136

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ