最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ピクピクが止まらない!二の腕の筋肉が痙攣する原因と対処法

      2016/06/07

ピクピクが止まらない!二の腕の筋肉が痙攣する原因と対処法

二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?

痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。

今回は二の腕の筋肉が痙攣する原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


筋肉の痙攣で一般的に考えられるもの

一時的な症状「局所性けいれん」であることが多い

まぶたの筋肉のピクピクをはじめ、健康な人でも筋肉の痙攣が一時的に起こることは特に珍しくないようです。研究所長の場合は背中や上腕部、大腿部などがピクピクしたことがありますが、長くて1週間程度で治まりました。

このような一時的な痙攣で他に病的な症状が無い場合、原因の特定が難しいのですが、ストレスや疲労による神経過敏と判断されることが多いようです。

この場合、まずはゆっくり休むこと、ピクピクを気にしないことが重要でしょう。

私の様に鏡に映して「気持ち悪い!」なんて気にしていると、症状を悪化させかねません(笑)

病院に行っても、「大丈夫、そのうち治るから」なんてあしらわれてしまうパターンですね。

とはいえ、顔面の筋肉がピクピクしていたりしたらすごく気になると思うので、症状がひどい場合は心療内科などで診察を受けた方が良いでしょう。こういった症状を抑えてくれる薬も存在しているようです。

引用元-筋肉が勝手にピクピク動く現象 | 肉体改造研究所 研究日誌 – 楽天ブログ

カリウムが不足して二の腕の筋肉が痙攣する

二の腕の筋肉がピクピクと痙攣するようになったのです。

1分程度でおさまるので放置していました。

でも、最近カラダが疲れやすくなってきたので大きな病気ではないかと心配になりました。

二の腕ほどの頻度ではないけれど左のまぶたもピクピクするようになったのです。

筋肉がピクピクと痙攣する原因を調べることにしました。

調べてみて安心したのは栄養不足が原因であることが多いことです。

もちろん、大きな病気の初期状態でも筋肉の痙攣はあるのですが確率的には少ないのです。

しかも現代人のほとんどが不足している栄養素が原因だったのです。

その栄養素とは「カリウム」でした。

カリウムが不足すると筋肉が収縮してしまってピクピクと痙攣するのです。

つまり筋肉が低下しているのです。

さらにカリウムが不足していると体が疲れやすい、イライラするなどの不快な状態にもなるのです。

だから、カラダを元気にするためにもカリウムは必要なのです。

カリウムを摂取することでピクピクの痙攣がおさまるのです。

食事でカリウムを摂取するのが一番いいです。

パセリ、ほうれんそう、さといもなどにカリウムは含まれています。

引用元-二の腕の筋肉がピクピクと痙攣して心配!その原因と対処法とは?|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

局所性痙攣は運動不足や局部的な筋肉の疲労で起きる

何もしていないのに、筋肉がピクピクと動くということないですか?

動かそうと思っているわけじゃないのに、

「ピクピクッ」って。

健康であっても、この現象は起こり得ます。

この一時的に筋肉がピクピクするのは、「局所性痙攣(きょくしょせいけいれん)」の可能性があります。

これは、顔や手足などの、部分的に起こるもので、下痢などで、ナトリウムやカリウムが低下しているときや、運動をした後、また、運動不足や、局部的な筋肉の疲労、こういうものが原因となります。

足に起こる、「こむらがえり」も、局所性痙攣のひとつなんです。

予防としては、身体を冷やさないこと、お風呂などで、リラックスすること、などが効果的です。

また、あまり心配し過ぎないことも大切。

心配し過ぎて、心理的に不安定になると、自律神経やホルモンバランスを崩して、余計、起こりやすくなることもあります。

引用元-筋肉が勝手にピクピクと・・・|健康医療の現場から 〜身近な健康・ダイエット〜

感情を抑えていると二の腕などの痙攣が起きる事がある

心臓を早くしたり、胃液を出したり、血圧を高くしたりするのは、あなたが必要だと思って行っているわけではなく、体が必要だと思って脳と自律神経が指令を出しています。

つまり、あなたが意識しなくても体が必要だと思うと体は勝手に動くのです。

体が勝手に引きつりやけいれんしたりするのは、悪霊が取りついていたり、何か発見不可能な病気にかかっていたりしているわけではありませんのでご安心ください。
(病院で異常がないか必ず検査をしてください)

ただ、心臓や血管そして胃などとは異なり、顔・腕・足などはいつも自分が意識的に動かしているので、自分が意図しない不随意運動がおこると不安になりますよね。

しかし、実は我々は無意識に腕や足を毎日動かしています。

分かりやすい例でいえば寝ている時の寝返りは無意識で行われています。

では、なぜ寝ているわけでもないのに、体の色々なところが動いてしまうのでしょうか?

身体心理学では、この引きつりやけいれんは我々の心や感情の状態が体を通して表に出ているにすぎないと考えます。

結論からお話ししますと、自分のあるがままの心の状態や感情を表に出すことを抑えている方が、引きつりやけいれんが顔や体に出やすくなるのです。

引用元-体の痙攣(けいれん)、引きつりの原因と対策 | うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

二の腕以外にも継続する痙攣があるならALSの可能性がある

こんな自覚症状はありませんか?

もしも、以下のような自覚症状に少しでも思いあたったら、一日でも早く神経内科を受診してみてください。

1.手や指の筋肉の力が弱って、箸やペンを握れなくなったり、腕が上がらなくなる
2.どちらかの足の力が弱くなったり、突っ張りがあり、歩きにくくなる
3.しゃべりにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなる
4.顔や手足の筋肉の表面が小さく痙攣する
5.上記の1〜3の症状が、徐々に強くなってくる

ALSの診断

症状に気づいたとき、患者さんはかかりつけ医に相談したり、地域・近隣の大きな病院を受診したりします。

また、最初から神経内科で受診することもありますし、整形外科や耳鼻咽喉科を受診することもあります。

ALSはまれにしかみられない病気であるため、かかりつけの一般医や整形外科医などで診断がつかず、何カ所も医療機関を転々とすることもあります。

いずれにしてもALSの診断がつくまでには、セカンドオピニオンとして神経内科専門医の受診が必要になります。

神経内科では、全身の運動機能の状態や腱反射などの検査により運動障害の程度を確認し、MRIや筋電図検査などでALSと他の類似した神経・筋疾患との鑑別診断を行います。

ALS早期診断のメリット

少しでも早くALSの確定診断がつけば、患者さんのALSに対する理解を深めて、将来起こりうる症状への準備をすることもできます。

また、薬物療法や理学療法などのリハビリを早く開始できるメリットもあります。

日本では、ALSの患者さんに対してさまざまな支援制度があり、確定診断が早ければ早いほど、経済的な面でも支援を早く受けることができます。

もしも前に挙げた自覚症状があったら、少しでも早く神経内科を受診してみてください。

引用元-自覚症状 | ALS / LIVE TODAY FOR TOMORROW

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ