最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ピル服用中に大量の出血!?正しいピルの知識を知ろう

      2016/06/07

ピル服用中に大量の出血!?正しいピルの知識を知ろう

様々な理由からピルを服用している人が意外に多いのですが、そこで気になるのがピルを飲み始めてからの出血。

微量出血から大量出血まで‥。

心配な方、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


ピルはどういうときに使うもの?

アナタはどんな理由でピルを飲んでいますか?

それは人によって様々なのですが、まず多い理由として避妊のためです。

なぜ避妊のためにピルを飲むのか。

女性は毎月排卵をして生理になりますがピルにはその排卵を抑える作用があります。

更に子宮の内膜を妊娠しにくい状態にする作用もあります。

こういったことから避妊の効果が出るのです。

他には生理痛が重く、毎月の生理でとても憂鬱になる方でピルを服用しているという場合もあります。

こちらは上記でも挙げた通り、子宮内膜を妊娠しにくい状態にする作用が働き、それが生理痛緩和にも繋がるのです。

そして生理周期が乱れている方でもピルを服用している方はいます。

ピルを飲んでいる間は体が”妊娠している”という状態になるので服用中に生理がきません。

ですが、服用をやめると体が”妊娠していなかった”という状態になり生理がくるのです。

この状態を利用して、生理不順の方がピルを使用すると生理周期を整えることができます。

ピルの副作用とは?

ここで気になるのが、ピルを服用したときの副作用ですよね。

なんとなくピルは副作用がある、ということを認識している方って多いのではないでしょうか?

それでは気になる副作用とはどんなものがあるのでしょうか??

まずは吐き気や嘔吐・ムカムカ感です。
妊娠中のつわりのような状態が出る方もいます。

ピルはエストロゲンと言われる卵胞ホルモンとプロゲストンと言われる黄体ホルモンからできている合錠です。

そのため体の中でホルモンの環境が変わりこういった症状が出てしまうのです。

その他には乳がん・子宮がん・血栓症などの病気を引き起こす場合もあります。

こちらは確率はとても低いのですが、こういった病気を引き起こすこともあるということも理解しておきましょう。

そしてピルを服用していると太る、という話を聞いたことはありませんか?

ピル自体に太る作用はないのですが、ピルを飲むことによって食欲が増えたりすることがあり、このことからピル=太るというイメージになっているのだと思います。

ピルを飲んでから大量の出血が‥!

上記で挙げた副作用の他に、ピルを飲み始めてから微量〜大量の出血がある場合があります。

お手洗いへ行くといきなり出血があった‥なんてびっくりしてしまいますよね。

でも心配しないでください。ピルを服用中に出血があるのは意外とよくあることなのです。

ピルを服用しているときに24以上間隔があいてしまうと出血しやすくなってしまいます。

なので、ピルを飲んでいる間はなるべく同じ時間帯に服用するように心がけましょう。

飲み忘れなどしても大変なので、携帯のアラームをかけておくのもいいかもしれないですね。

ピルを飲み始めて一日や二日だけでなく、数日出血が続く場合もあります。

こちらもピルの作用の影響なのでそこまで気にすることではありません。

ピルの服用に慣れてきたころに出血もおさまったりすることもあります。

ですが、毎日続いてどうしても心配な場合はかかりつけの病院で診てもらいましょう。

不安を払拭してくれるはずです。

これって不正出血?

ピルの服用中によくある不正出血。

そんなに焦ることはないのですが、かかりつけの病院で話しておくとよいでしょう。

ではピルを服用していないときに出血していることってありませんか?

生理以外での出血のことを不正出血と呼びますが、この不正出血、甘く見てはいけません。

大きな病気が隠れているかもしれないので不正出血があった場合にはきちんと婦人科を受診しましょう。

不正出血は、ストレスやホルモンバランスの乱れからくることもあるのですが、子宮筋腫や子宮内膜炎、子宮がんなどの恐ろしい病気が隠れている場合もあるのです。

また、生理と生理の間に不正出血がある場合、それは排卵出血かもしれません。

排卵出血の場合、出血している期間は短く量も少なかったりという特徴があります。

基礎体温を付けているとちょうど排卵日もわかるので、そのあたりに出血していたら排卵出血でしょう。

ですが、排卵出血だと思っていたけれど出血している期間が長かったり、量が多いなど、おかしいな、と思えばこちらもやはり病院へ行くことをオススメします。

ピルは大量に飲んではいけません

ピルを服用するにあたって気を付けることがいくつかあります。

まず大切なのは病院で処方してもらう際にピルを飲む期間や何錠飲むかなど教えてもらうと思います。

きっちりそれを守ることが大切です。

当たり前のことですが、お酒やジュースなどでピルを飲むこともよくないです。水と一緒に飲みましょう。

また、なんのためにピルを服用しているのか、その目的によってピルを飲む日にちも違います。

自分がなんのためにピルを飲むのか、その目的を正しく理解しておきましょう。

そしてピル服用中に一番気を付けなければならないことは飲み忘れです。

ピルを飲み忘れてしまうと、妊娠のリスクが上がってしまうということもあるのです。

ですが万が一、飲み忘れたからと言って、自分の判断でピルを飲み忘れた分大量に飲むことは絶対にやめてくださいね。

飲み忘れがあって自分でどうしたらいいかわからない場合は直ちに病院へ連絡しましょう。

医師や薬剤師の判断に沿って正しく服用しましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ