最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ホットヨーグルトは夜が効く!メリットや効果などのまとめ

      2016/06/07

ホットヨーグルトは夜が効く!メリットや効果などのまとめ

最近美容やダイエットに効果があるとされ、ホットヨーグルトが注目されています。

でも実は食べるタイミングでも効果が変わってくるようです。

特に夜に食べるホットヨーグルトが良いとか?

そのホットヨーグルトを食べるときの注意点、タイミング別のメリット、効果がアップする組み合わせについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


「夜のホットヨーグルト」がダイエットの新定番!

ヨーグルトを食べるタイミングは、求めたい効果によって変わります。
便秘を解消したいと考える人は食後、ダイエットなら食前と言われてきました。

ですが、ヨーグルトの効果が最大限発揮出来るタイミングは食事する前でも、ごはんを食べた後でもありません。
腸のゴールデンタイムと言われている、22時〜2時がベストなのです。

その時間帯は腸の働きが最も活発になります。
腸内環境の改善が期待出来るヨーグルトの効果を食べて寝ることで、朝にすっきり老廃物を外に出すことが出来るのです。

合わせて気をつけておきたいのが、食べる量。
大体200gが理想的です。

カロリーを考えると、砂糖が含まれていないプレーンタイプがいいでしょう。
ヨーグルトを食べる際は、出来るだけ夕食は少なめにするように意識してくださいね。

ヨーグルトを食べた後に、腸ストレッチするとより効果が期待できます。
腕を頭の上で交差させ、手のひらを合わせる。
腸を意識しながら、左右に倒れたりと上半身を大きく動かすだけなので簡単です。

引用元-−-TRILL

ヨーグルトを食べるのは朝?夜?

「便秘改善には朝に食べるのがいい」という研究結果があります。

というのも、どの時間帯に食べても結局は同様の便秘解消効果があるのですが、一般的に朝に排便の習慣があるため、その効果を得られやすいのです。

例えば、昼に便意を感じても仕事などで排便の機会がなかったりしますよね。

しかし、夜に食べると以下のようなメリットがあります。

リラックス効果(熟睡効果)
カルシウムにはリラックス効果があるので、寝る2時間前程にヨーグルトを食べることで熟睡できるようになります。

骨の形成促進
就寝中に骨の形成が行われるので、寝る前にカルシウムを摂ることが勧められています。

二日酔いの防止
寝る前にヨーグルトを食べて腸内環境を整えると、肝臓の負担が減り、結果的に二日酔いの防止になります。実際にブルガリアでは二日酔い防止のためにヨーグルトを摂取する習慣があるそうです。

引用元-−-ダイエット&健康の最新情報

寝る前にはちみつ入りヨーグルトを食べるダイエット

方法もとっても簡単で寝る前に、はちみつ大さじ1を入れたヨーグルトを食べてから寝るというものです。

この寝る前はちみつダイエットのポイントをまとめてみると

1、はみみつは純粋のものを使う(加糖は避ける)

2、寝る1時間前に食べる

3、睡眠は6時間くらいとるのが良い

このあたりを注意してくださいね。

このダイエット方法の効果として期待できるのが

・代謝のアップ

・便秘解消

この2つがあげられます。

なぜ、代謝がアップするのかというと寝る前にはちみつを食べることで寝ている間の脳のエネルギー不足を避けることができるからです。

睡眠中に脳にエネルギー源がしっかりとあることで成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンがたくさん分泌されることで基礎代謝のアップや脂肪燃焼の効果があるそうです。

また、ヨーグルトを一緒に食べておくことで整腸作用が期待でき翌朝のお通じが良くなるようです。

なので、寝る1時間前にはちみつ大さじ1をヨーグルトに入れて食べるとダイエットに効果的なようです。

引用元-−-最新!話題のダイエット情報・ダイエットニュース速報

ホットヨーグルトと組み合わせて、美味しく効果アップ!

1つは「はちみつ」さん。
美容に効果的なビタミンB郡やビタミンKが含まれているので、お肌がうるうるになります。

2つ目は「ココア」さん。
高酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれているのですが、この子はすごいんです。
細胞のサビを落とす働きがあり、アンチエイジング効果が期待出来ます。シミ、シワ、白髪を予防できてしまうのです。

3つ目は「しょうが」さん。
ポカポカ体を芯から温めてくれるので、代謝を促進してくれます。しょうがに、ちょっとだけはちみつをいれるのがおいしいですよ。体が温めると眠りにもつきやすいので、オススメです。

最後は「きなこ」さん。
脂肪を燃やすサボニンや美白をもたらすイソフラボンが含まれているので、入れるだけでダイエットにも、美肌にも効果的に
ほんのりした甘さがリラックスを促し、心地よい睡眠へ促してくれます。

一時期、モデルや芸能人の間で注目された「ホットヨーグルト」。夜に食べれば、より効果的だということも分かりました。今日の夜に1度試してみてください。朝起きた時にビックリすることになるかも!?

引用元-−-TRILL

脂肪蓄積防止には夜、便秘解消には朝!目的で分けて食べるのがオススメ

ホットヨーグルトダイエットで成功するたに|夜食べる

ホットヨーグルトダイエットで成功するための食べるタイミングとしては1日のなかでいつ食べるのが良いかといえば、夜に食べるのが最適。

どうして夜にホットヨーグルトを食べる方が良いかといえば、ホットヨーグルトで摂ることができたカルシウムが寝ている間に脂肪の蓄積を防いでくれるからです。

因みに、今のは置き換えダイエットとして食べる場合の話ですが、置き換えずにいつもの食事と併用する場合は食前に食べることによって、食べ過ぎ防止にもつながります。

ホットヨーグルトダイエットで成功するために|朝食べる

夜にホットヨーグルトダイエットを食べるのが脂肪の蓄積を防ぐことからいえばおすすめではありますが、便秘の解消のことを考えると朝に食べるのもありです。

朝にホットヨーグルトダイエットを食べることで、交感神経と副交感神経のバランスが調整され便通が良くなります。

この時はできるだけ、野菜ジュース等、何かホットヨーグルト以外のものがお腹の中に入っている状態がいいようですよ。

というのは、お腹の中が空っぽの時は胃酸が濃いために乳酸菌が死んでしまいやすからです。

それではせっかくの乳酸菌がもったいないので、できるだけお腹に何かが入っている状態の方がいいということです。

引用元-−-http://uande.net

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ