話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

ユーキャンで資格が取れる保育士の通信講座はこれだ!

2015.11.1

連日、メディアを賑わしている待機児童問題。

共働きの世帯が増加することによってこの問題は深刻化してきました。

そのため保育士のニーズはこれから増えて行くでしょう。

今回はユーキャンで資格が取れる保育士の通信講座を紹介しましょう。

ユーキャンで学べる保育士とはなにか

保育士は、保育所などで子どもの保育を行う人のことを指します。

これは、日本の国家資格の一つです。

なお、学歴によってはこの保育士と幼稚園教諭免許状を取得することも可能です。

まず、子どもたちといつも一緒にいることができます。

子どもの成長は早いものです。

保育所などに入ってきたころはヨチヨチ歩きだった子どもたちは、卒園するころには立派に成長しています。

そんな子どもの成長ぶりを見守ることができるのも、保育士の大きな魅力の一つだといえるでしょう。

また、保育所などでは一年と通してさまざまな行事があります。

春や秋の遠足、秋の運動会、そして節分にクリスマス。

これらの行事も子どもたちと一緒に楽しい時間を過ごすことができるのです。

子ども好きな人に向いている仕事だといえるでしょう。

このように、保育士という仕事を通して成長が速い子どもたちと一緒にいると毎日が新しい発見となるでしょう。

そして、それは新たな感動にもつながるでしょう。

ユーキャンで学べる保育士の資格試験について

保育士試験は定員が決まっている訳ではありません。

6割以上の得点で筆記試験は合格することができます。

したがって、多くの受験生が殺到したとしても本人がしっかりと勉強しているのなら問題はありません。

試験は全部で9科目あります。

そして、この9科目全部に合格すれば実技試験が受けられます。

ただし、1回の試験でこの9科目全部に合格する必要はありません。

合格した科目は3年間有効となるので、それまでに残りの科目を合格すれば良いのです。

なお、試験の概要は次の通りです。

筆記試験は4月の下旬、実技試験は7月の上旬に行われます。

筆記試験は、マークシートによる択一式で、保育原理や教育原理など9科目から出題されます。

この筆記試験の全科目に合格すれば、実技試験が受けられます。

実技試験は、指定された3分野から受験者が希望する2分野を選択することができます。

これ以外の詳細については、保育士試験の実施機関である全国保育士養成協議会保育士試験事務センターのホームページで確認しておくと良いでしょう。

ユーキャンで保育士の資格をめざすメリット

メディアで積極的に宣伝をしているユーキャンは知名度があります。

そして、そのユーキャンで保育士の資格をめざすメリットもいくつかあります。

テキスト

多くの受験生が受講しているのでテキストを作成するノウハウも蓄積されて行くのでしょう。

このことは、他の企業と差別化できる要因ともいえるでしょう。

添削

これも、多くの受験生の添削を行ってきた結果、受験生をやる気にさせるノウハウが蓄積されているともいえるでしょう。

もちろん、これも差別化の要因となっているでしょう。

フォロー体制

組織がしっかりしているからこそできるサービスだといえるでしょう。

保育士は国家資格です。

法律が改正されると当然、試験問題にも影響するでしょう。

特に法改正があった次の試験では、その点が出題されることも多いものです。

それをいち早く知らせてくれるということは、受験生のとってはありがたいことなのです。

これらの要因により受験生が増える。

その結果、ユーキャンにノウハウが蓄積されサービスの向上につながる。

そして、また受験生が増えるという好循環になっています。

資格を活かせる保育士のメリットとデメリット

良いこと尽くめのように見える保育士にも、当然デメリットはあります。

そのことを考えずに保育士になると、後で後悔することになるかもしれません。

先に説明したように保育士の大きなメリットは、仕事のやりがいです。

しかし、保育士という仕事は子どもの命を預かることになります。

そのため、大きな責任を負っている仕事だともいえるでしょう。

次にデメリット。

まずデメリットとして、長い勤務時間と安い給料があげられます。

また、休みが取れないなど勤務体制についても不満が多く聞かれます。

この他、最近のメディアを賑わしている「モンスター・ペアレント」からのクレームもあります。

なかには理不尽なクレームを言ってくる親もいます。

その場で解決できれば良いのですが、トラブルに発展することも少なくありません。

これらはデメリットだといえるでしょう。

ここにあげたデメリットはあくまでも一般的なものであって、全国にある保育園や保育所によって大きく異なってきます。

このことを付け加えておきます。

保育士の資格で保育園へ就職できるか

保育士の資格をとれば保育園へ就職できるのか気になっている人も多いでしょう。

結論から先にいえば、それは本人次第ということです。

一般的に保育園で正社員として働いている人のなかで、短大や大学等で保育士の資格を取得した人の割合が高くなっています。

つまり、短大や大学等以外で保育士の資格を取って保育園で正社員として働いている人は割合は低いということです。

これは昔からの傾向といえます。

なお、保育園以外の学童保育所や福祉施設などはこういった傾向にはないと思われます。

まとめ

保育士という仕事は子どもが好きな人には最適の仕事だといえます。

しかし、その半面、子どもの命を預かるという重責を担っています。

安易な気持ちで務まる仕事ではありません。

後になって後悔することのないように、講座を申し込む前にこのことをしっかりと認識しておきましょう。

 - 仕事