最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ヨガはどれくらいの期間でその効果を発揮してくるの?

      2016/06/07

ヨガはどれくらいの期間でその効果を発揮してくるの?

すっかりお馴染みとなったヨガ。健康の為にもぜひやってみたい。

どのくらいの期間をやればどのくらいの効果が得られるのか気になるところ。

また、普通にやるより効果的な方法はあるのか?調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


ヨガで体の中と外から綺麗になりませんか?

効果1) 炎症・疲労回復効果
90分のヨガレッスンを週2回、3か月間行うだけで、炎症レベルを20%引き下げると言われています。また、同量のヨガレッスンで、疲労は57%回復するという研究結果も発表されています。

効果2)抗ストレス効果
瞑想をしたり、集中してポーズをとったり、呼吸法を学んだり。ヨガを通して、ストレスに強い心を持てるようになります。

効果その3)リラックス効果
ヨガでは、呼吸を感じること、体の細部に思いを巡らすこと、そして体の力を抜くことを大切にします。これによって、心が静まって穏やかな気持ちになり、絶大なリラックス効果を得ることが出来ます。さらに相乗効果として、良質な睡眠もとれるようになります。

効果その4) 自律神経失調症状・うつ症状の改善
ヨガの深い呼吸で肺や横隔膜を動かすと、全身の血流が良くなり、自律神経の活動が整います。同時に、瞑想や集中、ポージングにより、うつ症状が緩和されるとも言われています。

効果その5)月経症状・更年期症状の改善
「精神は周囲の状況を把握していながら、体は眠ったような状態をキープしている」状態が、ヨガの瞑想です。この瞑想を行うことによりホルモンバランスが整い、生理中のトラブルや更年期症状が軽減すること分かっています。

効果その6)アンチエイジング効果
ヨガのポーズで骨格を正しい位置に戻すことで、内臓の動きが活発になり、血液、酸素、リンパの巡りがよくなります。その結果、皮膚細胞も活発化して老廃物はどんどん排出され、内面からエネルギーがみなぎり、体全体が若返るのです。

効果その7)シェイプアップ効果
朝起きてすぐにヨガを行うと、効果的に脂肪を燃焼することができます。朝起きた時は、胃が空っぽで運動したときに使える栄養分がないので、蓄えられている脂肪をどんどん燃焼してくれるのです。そして、ヨガのポーズで骨格が整うと体のバランスも整い、脂肪のつきにくい、痩せやすい体質になります。

引用元-−-Pouch

ヨガによる効果はどれくらいであらわれるの?

ヨガを始めてから、その効果はだいたいどれくらいで出るのでしょうか?
どれぐらいで効果が出るかは個人差がありますが、私の経験上、ちゃんと取り組めば、3ヶ月〜1年くらいかと思います。
ヨガの頻度に関しては、私は週に1、2回ヨガスタジオでレッスンを受け、あとは自宅で時間がある時に取り組んでいます。
効果が出るまでの期間を長く感じるか、短く感じるかは、人それぞれで違うと思いますが、私は短いと思います。
人生において、何か目的を果たすのにかかる時間としては、とても早く、理想的だと考えています。
ヨガの目的は人それぞれですが、私の場合、ダイエット目的でヨガを始めました。
特に太ももをスリムにしたいと思っていました。
やり始めてから半年位経ち、友達から「なんか最近足綺麗になったね」と言われるようになりました。
ヨガを始めてから1〜3ヶ月くらいで、少し筋肉がついた、お肌の状態が良くなった、生活のリズムが安定した、身体が軽くなった、など、自分では何かしら効果を感じていましたが、当初の目的の下半身ダイエットの成果が出始めたと思えたのは、前述の通り、友達に言われてからですね。
1年経ってからは、ヨガを始める前よりも随分スリムになったと感じています。
ほんと続けてよかったと思っています。

引用元-−-ヨガダイエットまるわかりサイト

ヨガの本来の目的はあくまで健康。ダイエット利用の前に本来のヨガを知ろう!

(ヨガは健康のため)
では、健康的な効果が得られるにはどのくらいの期間が必要か、と言われれば、もう、すぐです。先にも述べたようにヨガは呼吸によって内蔵も動かし、ゆっくりといろいろなポーズを取ることによって、全身のあらゆる筋肉や骨を動かして血流やリンパも流していきます。呼吸は意識しながらすることで副交感神経を優位にし、深いリラックス感を呼びさまします。このことによって、ストレスも解消されていくますので、一回やるだけでも健康的な効果が現れます。

引用元-−-これはいい!ヨガの効果、ヨガボールの効果的な使い方

ヨガを効果的に長く続けるために気を付けたいこと

【無理をしない】
ヨガを行う上で大切なことは、「無理をしない」事です。自分の出来る範囲内でちょっとづつ。それが長く続けられるコツでもあります。

【適度な時間】
ヨガが心身に良い影響を与えてくれるとは言え、やりすぎるのも逆効果。目安としては、長くても1日1時間から2時間ほどにしておきましょう。

【長く続ける】
ヨガはなんと言っても「継続は力なり」です。続けることにこそ意味があり、そこから効果が生まれます。
不定期に行うよりも、少しづつでも構いませんので、継続して行えるように心がけましょう。

【練習メニューの作成】
ヨガの効果を理解して、自分の目的にあった練習メニューを作りましょう。

【空腹時がベスト】
ヨガは必ず「空腹時」に行うのがベストです。満腹時は内臓に負担がかかるので食後は絶対に避けましょう。出来れば食後2時間〜3時間以上は空けた方が良いでしょう。また飲酒時も避けましょう。

【入浴】
入浴後直前直後のヨガは、心臓に負担がかかるので絶対に避けましょう。入浴する場合は、ヨガを行って少なくとも30分は空けるようにします。

【服装】
ヨガの服装は、動きやすく身体を締め付けない、ゆったりしたウェアがおすすめです。
また、靴下は脱ぎましょう。ブラジャーなど身体を締め付ける下着や、時計/アクセサリーなども外します。

【ヨガに適した環境】
集中力を高めるような環境づくりを心がけましょう。室内の換気を十分にして、新鮮な空気を取り込みます。身体を細胞から活性させるのに効果があります。また、室内は適度に暖かい方が好ましいでしょう。

気持ちを落ち着かせる効果のある、アロマやリラックスムードのBGMなどを使うのも良いでしょう。
ただしTVやラジオなどは、気持ちが散漫になる事があるかもしれませんのでなるべく消すようにします。

【ヨガマットを用意する】
表面がスムーズなヨガマットを用意します。手足が滑らずに身体が固定されポーズを補助してくれます。また汗を吸収する役割も果たしてくれます。また、硬い床に直接触れる事がないので、身体への負担も軽減されます。

ヨガをフローリングやカーペット上で直接行うと、ポーズが安定しなかったり、またバスタオルなどを代用すると、クッション性がない上、バスタオルが動いてしまい危険を伴う場合があります。
「アシュタンガヨガ」や「パワーヨガ」など、特に発汗量が多いヨガを行う場合は、ヨガラグを準備すると良いでしょう。

引用元-−-ヨガでダイエット Yoga diet

簡単おうちヨガのおすすめポーズのいろいろ

平衡感覚を鍛え、精神の安定を図る”山のポーズ”
正しい立ち姿勢を整え、ゆっくり深く呼吸を行うことで、全身の筋肉がバランスよく使われます。

全身のリラックスを促す”赤ちゃんのポーズ”
腰をストレッチしながら、全身をリラックスさせることができるポーズです。整腸作用もあり

心と身体が眠りから目覚める♪”太陽礼拝”
呼吸に合わせて流れるように♪スッキリとした爽快感を得られると共に、柔軟性と基礎代謝もアップします。

背中・おしり・太ももをストレッチ!”開脚前屈のポーズ”
開脚した状態で、背中を伸ばし丸めるポーズをすることで、普段動いていない裏側の筋肉を刺激します!

カラタの中心を意識して☆”イーグルのポーズ”
骨盤をしめ、ふくらはぎ・太もも・二の腕を引き締める効果が♪集中力もアップしますよ!

ポーズとポーズの合間に♪”チャイルドポーズ”
ヨガを始める最初や途中苦しくなった時に行う、休憩のポーズ。背中をゆるめて呼吸を整えましょう♪

ウエスト・背中すっきり!”スパインツイスト”
常に緊張状態にある腰や背中をしっかり伸ばし、刺激を与えることで、腰回りをスッキリさせるポーズです。

リンパ・血液の循環がよくする”三角のポーズ”
体液の循環がよくなり、美肌効果も期待できます。朝日を浴びながら、深い呼吸とともに行いましょう♪

しなやかなセクシーなボディに♪”キャットポーズ”
猫の自由な背中のイメージで!背中をしなやかに保つことで、凝りもとれ、胸の位置も上がってきますよ〜。

とにかく無心に…!”死骸のポーズ”
疲れを取り除くポーズで、最もリラックスできる瞑想の姿勢。あらゆるポーズの最後に必ず行います!

引用元-−-goo

twitterの反応

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ