最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

不思議な形がクセになる?カリフラワーとブロッコリーのハーフ、ロマネスコ!

      2016/06/07

不思議な形がクセになる?カリフラワーとブロッコリーのハーフ、ロマネスコ!

ブロッコリーのような、カリフラワーのような、螺旋状の花蕾の形がなんとも不思議。そんな野菜を最近目にすることはありませんか?それこそ、今話題の野菜、ロマネスコです。
年末年始のパーティー料理に加えてみてはいかがですか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


味はブロッコリー、食感はカリフラワー

日本でのロマネスコという名前は、イタリア語での呼び名である Broccolo Romanesco(ブロッコロ・ロマネスコ、ローマのカリフラワーの意)に由来する。未成熟の花蕾と花梗を食用にする。アブラナ科の野菜の中では比較的穏やかで微かに甘い芳香を持つ。花蕾群の配列がフラクタル形状を示す特徴を持つ。
16世紀にローマ近郊で開発されたとされている。これには異論もあり、ドイツでも同時期から栽培の記録がある。
色は黄緑色(クリーム色から緑色の中間色)で、姿はブロッコリーに近く背が高めで葉は展開する。一方、頂花蕾のみで側枝は発達せずカリフラワーの性質を示す。味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーに近い。
この様に中間的な性質から、野菜市場、種子市場ともにどちらの品種とするか混乱がある。さらに緑色のカリフラワー(broccoflower)との混同が、これに輪を掛けている。
現状では分類上はカリフラワーだが、呼び名はブロッコリー(英: Romanesco broccoli)が優勢となっている。
ロマネスコの花蕾は幾何学的な配置となっており、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐を成している。
円錐はさらにそれ自体が螺旋を描いて配列し、これが数段階繰り返されて自己相似の様相を呈する。また、配列した蕾や円錐の数はフィボナッチ数に一致することも知られている。その形状からサンゴに見立て「黄緑サンゴ」とも称される[1]。 甘みはそれほどなく、コリコリとした食感をもつ。

引用元-−-Wikipedia

イタリア原産の品種といわれ、円錐の花蕾が規則正しく並び独特な形をしています。花蕾は黄緑色で「サンゴ礁」や「うずまき」「カリッコリー」「カリブロ」「やりがい君」などの名前で呼ばれることも。普通のカリフラワーのようにゆでて、サラダやパスタなどに調理します。甘味があって歯ごたえもよく、少しブロッコリーに似た味や食感があります。最近になって店頭でよく見かけるようになりましたが、16世紀頃に生まれたといわれる古い品種です。

引用元-−-野菜ナビ

特徴的な形はサンゴ礁のよう

最も大きな特徴は花蕾の様子で、フラクタルの構造をもち見事に美しい先が尖った螺旋状の模様を描いていることです。それは螺旋状に集まっている一つ一つの塊にも同じように螺旋が出来ていて、更にその中の小さな粒にも螺旋が出来ているのが分かります。まさに自然のアート作品のようです。

そして、あまり知られてはいませんが、このフラクタルな螺旋構造はよく見ると一般的なカリフラワーにもちゃんと受け継がれているんです。今度手にしたらじっくりと見てみると面白いですよ。

引用元-−-旬の食材百科

世界一美しい野菜とも言われているロマネスコ、ヨーロッパでは大変ポピュラーなカリフラワーなのです!特徴はその容姿!つぼみの集合体であることは通常のカリフラワーと同じですが、そのひとつひとつがピラミッド型をしており、全体のシルエットも円錐型。まるでオブジェのような存在感をもっています。さらに驚くのはその風味で、ホクホクした食感の中に甘みとうまみがぎっしり。ゆでると翡翠色に変わるところも印象的です。
ローマっ子たちお気に入りの冬の味覚・・・機会があれば、ぜひお試しを!

引用元-−-〜perfect just the way you are〜

栄養価はカリフラワー、ブロッコリーと同程度

栄養価はおおよそブロッコリーなどと同じであるが、ビタミンCの含量は1)ブロッコリー、2)カリフラワー、3)ロマネスコの順。

ロマネスコ1株(93g)あたりの栄養価:
カロリー – 20kcal
タンパク質 – 1.88g
炭水化物 – 3.9g
脂肪 – 0.19g
食物繊維 – 2.0g
ビタミンC – 56mg

引用元-−-家庭菜園fu-tyannのブログ

本場イタリアでの食べ方は?

食べ方も煮る、焼く、炒める、蒸す、と多様。イタリア人は花蕾を小さく切り分けてペンネなどのショートパスタと合わせ、シンプルにオリーブオイルと塩だけで味付けしたり、クリーム系のソースで和えたりして食べるのが一般的なようです。ホワイトソースをかけてグラタンにしたり、茹でてピューレ状にしてポタージュスープにするレシピもあります。

私はロマネスコの最大の特徴である面白い形を活かしたいので、小分けにしてサッと茹でてそのままお肉料理の付け合わせにするか、パスタと合わせてやはり付け合わせにすることが多いです。茹で時間はお好みですが、カリフラワーよりちょっと長めがいいくらい。短すぎるとかなり歯ごたえがあって、フォークで突き刺そうとするとお皿の上から飛び出したりします。冬の野菜でクリスマスシーズンも旬なので、花蕾をクリスマスツリーに見立てて食卓にジオラマを作ることもできます。クリスマスパーティーでホワイトソースの雪をかぶったロマネスコを出せば、野菜嫌いの子供たちも大喜びで食べてくれるでしょう。

引用元-−-ヨーロッパで暮らす ー 日独伊+瑞 日々の生活

ロマネスコのオススメの茹で方

まずはロマネスコを切ります。ブロッコリーなどと同じ切り方でいいです。

食べやすい大きさに切る。ロマネスコの芯は縦繊維なので横に切ってください。

沸騰した鍋に水の量の1%の塩をいれてください。

※塩を入れることにより、ロマネスコの色見がよくなります。

綺麗な緑色になり、おいしさ倍増です。

茹で時間は1分〜1分30秒。

サラダなどにする場合は2分茹でて下さい。
茹で終わったら、ボウルに出して、冷やします。

ここでのポイントは
水で冷やさないことです。
水で冷やすことによって水分を吸い、
水っぽくなってしまいます。

そのまま置いておくと熱で変色しますので

ここでは扇風機などで熱を冷まして下さい。

これがおすすめの茹で方です。

引用元-−-TBG

簡単なのに華やかなレシピ:ロマネスコのパスタサラダ

【材料】

・オリーブオイル(大さじ6)
・レモン汁(1/4カップ)
・サフラン(小さじ1/4)
・クミン(小さじ1/4)
・カイエンペッパー(小さじ1/8)
・塩
・ロマネスコ(1個)
・ペンネorリガトーニorフジッリなどのパスタ(約300g)
・パセリのみじん切り(1/4カップ)
・細かくしたタイム(小さじ1)
・ケッパー(大さじ2)

【作り方】

1. オリーブオイル大さじ4・レモン汁・サフラン・クミン・カイエンペッパー・小さじ1/2の塩を混ぜて、レモンソースを作っておく。

2. ソースパンに水を沸かし、小房に切り分けたロマネスコをザルに入れて、約8分間やわらかくなるまで茹でたら、冷水に取る。

3. 大きな鍋に約4Lの水に大さじ1の塩を入れて沸騰させたら、パスタがやわらかくなるまで約11分間またはパッケージに記載のある時間、茹でる。ゆであがったらボウルに移し、大さじ2のオリーブオイルをふりかけておく。

4. 冷めたロマネスコとレモンソースをよく混ぜたら、パセリとタイムをボウルに加えて、さらにかき混ぜる。ラップをして、香りが馴染むまで冷蔵庫で1時間以上、冷やす。

5. 室温に戻して、パセリの葉とケッパーをかざったら、すぐにめしあがれ!

引用元-−-roomie

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 食・グルメ

ページ
上部へ