最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

人間の体温限界は何度?人間の体温についてのまとめ

      2016/06/07

人間の体温限界は何度?人間の体温についてのまとめ

人間の体温の限界は何度なのか知っていますか?

なぜ人間は体温が変化しないのか、人間の体温の限界はどこにあるのか、今回はそんな人間の体温についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


人間は体温がほとんど変化しない

人は体温がほとんど変化しない「恒温動物」。

日本人の体温(平熱)は、平均36.89℃とされており、1日のうちの体温変化は、ほぼ1℃以内におさまるのが普通です。人の体温は、約37℃に保たれているのですが、それはなぜでしょう?その答えを出す前に、他の動物の体温はどうなっているのか、調べてみましょう。

人などの哺乳類や鳥類は、ほとんど体温が変化しないので「恒温動物」と呼ばれます。これに対して、トカゲなどの爬虫類、カエルなどの両生類、フナなどの魚類、ヤツメウナギなどの円口類は、周囲の温度の影響を強く受けて、体温が大きく変化しますので「変温動物」と呼ばれます。
人は体温がほとんど変化しない「恒温動物」。

人はエネルギーの75%以上を体温維持に使っている。

「代謝」というのは、体内で起こる化学反応のことです。食べ物からの栄養をエネルギーに変えて運動をするといった、生命維持にとって重要な活動も、代謝にあたります。このとき運動に直接使われなかった、残りのエネルギーは、熱となります。人の場合、エネルギーの75%以上が熱に変換され、体温の維持に用いられています。

恒温動物の代謝量は変温動物の約4倍あるといわれます。恒温動物(温血動物)は、作りだした熱により、まわりの環境より高い体温を維持できますが、体内で熱をあまり作れない変温動物(冷血動物)は、外部から熱を取り入れることで、必要な熱量を獲得しています。

また魚でもマグロは、休みなく高速で泳ぎ回ることにより、筋肉から熱を生み出しているので、体の中は、比較的高い温度に保たれているのです。

引用元-−-テルモ体温研究所

体温調節の仕組み

体温の調節機能は、間脳の視床下部にあります。視床下部には「体温調節中枢」があり、体温を調節する司令塔のような役割を果たします。

体温調節中枢には、体温を一定に保つ働きがあります。こうして設定された体温を「セットポイント」といいます。通常、私たちの体温は37℃前後(体内酵素が活性化する温度)に保たれています。

ところが、何らかの病的な原因(細菌やウイルスへの感染、炎症など)によって、セットポイントが通常よりも高く設定されることがあります。たとえば、セットポイントが37℃から39℃に変更されたとしましょう。セットポイントが上昇したことによって、私たちの身体は体温を39℃に保とうとします。

そこで、下記のような変化によって、私たちの身体は体温を上げようとします。
・血管の収縮によって血流を減少させ、体内の熱が外に逃げないようにする
・骨格筋の収縮によってふるえを起こし、熱を産生する

やがて、発熱の原因が取り除かれると、セットポイントは元の位置(37℃前後)に戻ります。このとき、私たちの身体は(発熱によって)セットポイントよりも高い体温を維持しています。

そこで、下記のような変化によって、私たちの身体は体温を下げようとします。
・血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がす
・汗腺の活発化によって汗を流し、体内の熱を外に逃がす
・骨格筋の弛緩によって、熱の産生を抑える

引用元-−-医教コミュニティ つぼみクラブ

体温の上限

体温計の表示が42度までしかないのをご存知でしょうか?
今はほとんどの体温計が電子体温計だから、
知るはずがないですね。(〃^_^〃)

これはヒトの体を構成するタンパク質の性質と、
大きな関係があります。

実は、タンパク質は熱で凝固し破壊される性質があるのです。
この凝固の温度が42度以上なので、人の体温が
42度以上になると、生命を維持することが不可能になります。

高熱を出した時には、小便の色が茶色っぽくなりますね。
これは、たんぱく質が分解されたことを表しています。

高熱で最も警戒すべきは、もちろん命を絶たれることですが、
それに次ぐことは機能障害です。

特に脳の細胞が、ダメージを受けやすいため、脳死や半身不随
など、深刻な事態に陥る危険性があります。

引用元-−-人間の体温の限界は何度? (2008年2月3日発行) | 知って得する1分間雑学★気分転換にどうぞ – メルマ!

体温の下限

AMI88_tewoatatameru500-thumb-750x500-3711

33℃
死の入り口です。山で遭難し、幻覚が出てくる体温。死が目前です。

もし体温が1℃ 下がったらこうなります

・免疫力は 37%低下
かぜや色々な病気にかかりやすく、治りにくい。

・基礎代謝が 12%低下
1日200〜500kcal代謝が低下し、1ヶ月で体重が1〜2kg増える。

・体内酵素の働きが 50%低下
栄養の消化だけでなく、エネルギー生産力も低下する。

・ガン細胞は低体温を好む
特に35℃を最も好み、39.3℃で死滅する。

・30〜28度 半昏睡状態。瞳孔散大。心拍、脈拍微弱。呼吸数は半分以下。
・28〜25度 昏睡状態。心室細動。

・25度以下 腱反射消失。仮死状態。
・20度以下 脳波消失。心停止。

・16度 救命しえた成人の偶発性低体温症の最低体温。
・15.2度 救命しえた新生児の偶発性低体温症の最低体温(66分間水没していた)。
ノルウェーでは1974年、40分水没、救出時体温24度で蘇生、3日後、全く障害を残さずに回復した5才の少年がいます。
普通なら28℃〜20℃くらいで死亡します。

引用元-−-Yahoo!知恵袋

自力で回復できる低温の限界

自力で回復できる安全限界は意識障害が始まる34℃といわれています。この段階にくるとよろめいたり、ろれつがまわらなくなります。32℃で震えは止まり、危険な状態の境界となります。すなわち、これ以上悪化すると、意識がなくなり、呼吸現象、心拍微弱、最悪の場合、心肺停止に至ります。

引用元-−-山岳遭難の統計データとリスクマネジメント

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ