最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

今の時期気をつけたいロタウイルス 大人が感染ら仕事はどうする?

      2016/06/07

今の時期気をつけたいロタウイルス 大人が感染ら仕事はどうする?

激しい胃腸炎を引き起こすことで有名なノロウイルス。

この流行時期が終わる今の時期、入れ替わるように流行りだすのがロタウイルスです。

乳幼児に特に多いこのロタウイルス感染症ですが、大人にも感染することをご存知ですか?

今回はロタウイルスについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


そもそもロタウイルス(ロタウィルス下痢症)とは?

秋から冬にかけて流行する胃腸炎といえばノロウイルス胃腸炎が有名です。嘔吐や下痢、腹痛などを発症するノロウイルスは、2012年の冬、全国的に猛威をふるい、過去10年間で2番目に多い患者数を記録しました。
このノロウイルスの発症のピークを過ぎると、次に発症者数が増加するのがロタウイルス。ノロウイルスは11〜2月頃に流行し、ロタウイルスは1〜4月に流行すると言われ、まさに今の時期は、ロタウイルスに注意が必要になってきます。

乳幼児に多いロタウイルス

ロタウイルスの症状は、ノロウイルスと同じく、嘔吐や下痢、腹痛などです。症状は非常によく似ていますが、大きく異なるのは感染しやすい年齢です。
ノロウイルスは年齢に関係なく感染・発症しますが、ロタウイルスが感染・発症しやすいのは生後6ヶ月〜2歳の乳幼児。5歳までにはほぼ100%の小児が感染するといわれています。
さらにロタウイルス胃腸炎に注意が必要なのは、ノロウイルスよりも激しい嘔吐や下痢の症状、発熱もあり、重症化する危険性があるため。ロタウイルス胃腸炎によって毎年数名の死亡例も報告されているため、周囲の大人は注意が必要だといえるでしょう。

引用元-−-eonet.jp

ロタウイルスは、乳幼児の急性重症胃腸炎の主な原因ウイルスとして知られています。ロタウイルスに感染すると、2〜4日の潜伏期間(感染から発病までの期間)の後、水のような下痢や嘔吐(おうと)が繰り返し起こります。その後、重い脱水症状が数日間続くことがあります。発熱や腹部の不快感などもよくみられます。合併症として、けいれん、肝機能異常、急性腎不全、脳症、心筋炎などが起こることがあり、死に至る場合もあります。意識の低下やけいれん等の症状が見られたら、速やかに、近くの医療機関を受診しましょう。

引用元-−-厚生労働省

ロタウイルスの感染経路は?

ロタウイルスはとても感染力が強いウイルスです。少量のウイルスが体内に入るだけで感染するといわれていて、外国では発展途上国などで感染者が多くなりますが、日本のような先進国で、衛生環境のいいところでも、感染者が多くなります。また、増殖力も強く、感染者の便1グラムあたりに、1,000億から1兆個のロタウイルスが含まれているといわれています。これは、ノロウイルスのウイルス量の約100万倍となります。増殖力が強い上に、少量のウイルスでも感染するほど感染力が強いため、予防が非常に難しいといわれています。

ロタウイルスの主な感染経路は経口感染です。ウイルスの付着した食器、食べ物などを通じて感染します。ロタウイルスは特に感染者の便の中に大量に含まれていますので、感染した乳児のおむつを取り替える際に手や爪にウイルスが付着してしまい、それが口に入るケースが多くあります。おむつ交換時に手や爪には数億ものウイルスが残っていることがあるので、おむつ交換の際には使い捨てのゴム手袋などを使用し、ポリ袋などに入れて処分するといいでしょう。感染者の便には、下痢の始まる2日程度前からロタウイルスが含まれ、症状が治まった後でもしばらくはロタウイルスが検出されるようです。

引用元-−-子どもの健康と病気の情報サイト

乳幼児に対するロタウイルスの治療方法は?

ウィルスが原因なので、特効薬はありません。
下痢がはげしいですが、下痢止めは有効ではありません。ウィルスが排泄されずかえって病状が長引くことがありますので注意が必要です。
体内の水分が失われる 脱水症の予防 が大切。下痢で失われた水分を経口的に補いましょう。電解質も失われているので、電解質を含むイオン水や湯冷まし、ミルクなど、少し暖めて飲むとよいでしょう。嘔吐をしないように少しの量を(50〜100ccくらい)を何度も分けて与えましょう。
嘔吐で飲み物が飲めない場合は、点滴治療が必要となるので、下痢と嘔吐が同時に起こった場合は 早めに受診しましょう 。脱水が高度になると生命にかかわる重篤な合併症であることを忘れてはなりません。
合併症がなければ、普通嘔吐は1〜2日で、下痢は1週間くらいでおさまり、だんだん黄色くなって治ります。

引用元-−-和歌山市感染症情報センター

ロタウイルスワクチンで重症化の予防

感染力が強いため、衛生状態に気をつけても予防が難しいロタウイルス。何度か感染すると免疫がついて、胃腸炎の症状は軽くなりますが、赤ちゃんが初めて感染すると激しい下痢やおう吐を起こし、看病する家族にも大きな負担がかかります。 赤ちゃんも家族もたいへんなロタウイルス胃腸炎を予防するワクチンが、世界130か国以上で認可されています。入院を必要とするような重症のロタウイルス胃腸炎は、ワクチン接種によって大多数を防ぐことができると考えられています。

一方、安全性について心配な方が多いかもしれません。このワクチンも他のワクチンと同様に、接種後に何らかの副反応が現れることがまれにあります。また、体質や体調によっては接種できない場合もあります。しかしワクチンを受けないでその病気にかかる確率のほうがはるかに高いことから、WHO(世界保健機関)では、ワクチンによるロタウイルス胃腸炎の予防を奨励しています(表)。すでに海外で多くの赤ちゃんが接種してその効果と安全性が確かめられていることから、2011年11月より日本でも接種が可能になり、2013年には全国平均接種率が45%に達しています*。
*ロタウイルス作業班 中間報告書 2013年11月18日

引用元-−-ラブベビ.jp

大人だってロタウイルスに感染する!

ロタウイルス感染症は乳幼児に限らず、大人も感染するウイルス疾患です。

大人がロタウイルス感染症に感染するケースの70%以上は子供から二次感染するケースです。

ですから乳幼児や園児・小学生がいる家庭のお父さん、お母さんはロタウイルス感染症に感染する可能性が高くなります。

二次感染の主な経路は、感染者の「便・嘔吐物」によって感染する経路です。

直接手に触れなくてもウイルスは空気中にも漂っているので感染します。

おむつを交換する際や、嘔吐物の処理をする際は、使い捨ての手袋などを使用し、かつマスクの着用が必要となります。

大人がロタウイルス感染症に感染した場合の症状も、一般的な症状と同様の症状を発症します。

しかし乳幼児などの症状と比較すると症状は軽症であるのが特徴です。

下痢症状は2〜3日続きますが、大半のケースで3日〜1週間以内に体調も回復してきます。

引用元-−-潜伏期間ナビ♪

患児の世話の際、感染しないようにする

a0006_000859

感染を広げないようにするには、
患児のオムツ交換の際には
使い捨てのゴム手袋などを使い、
捨てる場合はポリ袋などに入れて
しっかり袋の口を縛りましょう。

交換後の手洗いは、
指輪や時計を外し、
石けんで30秒以上もみ洗いをします。

爪の間もよく洗ってください。

衣類が患児の吐物で汚れたときは、
家庭用塩素系漂白剤でつけ置き消毒した後、
他の衣類と分けて洗濯しましょう。

ロタウイルスにはアルコールや
エタノールでの消毒はあまり効き目が無いので、
注意してください。

消毒が不十分な衣類を
他の衣類と一緒に洗うと、
それも感染経路になります。

また、患児の便や
嘔吐物を処理する際には
マスクをつけてください。

便や嘔吐物からの感染

便や嘔吐物の乾燥したものから
出る塵埃が口に入ると、
感染します。

汚れた衣類を洗濯する時にも、
手袋をはめ、
マスクをつけてください。

ロタウイルスは感染力が強く、
10個ほどのロタウイルスが口から入ると、
感染するとされています。

それだけ強い感染力を持つウイルスなので、
患児が使ったコップで飲み物を飲んでも、
それが感染経路になります。

患児が使った食器などは、
85度で1分間以上の加熱消毒をしてください。

また、患児と一緒に浴槽に入るのは避けましょう。

患児は、
シャワーなどで
素早くきれいにしてあげるようにしてください。

引用元-−-流行の病気についてみんなも知ろう

大人が感染してしまった場合、仕事に行ってもいいの?

感染力が非常に強いロタウイルスは、ヒトからヒトへの経口感染によってうつります。

ですから、例えばロタウイルスを持った人が飲んだストローで飲んだり、
同じものを食べたり、またウィルスがドアノブなどに付いていれば、
そこを触った手などから口に入って感染してしまうのです。

そこで心配なのが会社勤めをされている方ですよね。

ロタウイルスに感染した場合の会社への出勤は、周りの人へ感染する
可能性がありますから、発熱や下痢、嘔吐の症状がある場合は欠勤するべきでしょう。

しかし、症状が落ち着けば出勤しても問題ないと思います。

数日の間はマスクをする、もしくはくしゃみや咳をする時は
必ず口にハンカチを当てる、トイレの後は必ず手を洗うなど、
感染を広げないように気を付けましょう。

引用元-−-あるこの旬ネタ!

プラズマ乳酸菌でロタウイルス感染を抑制!?

キリンは4月10日、小岩井乳業との共同研究として、「プラズマ乳酸菌(Lactococcus lactis JCM5805株)」の経口投与によるロタウイルス感染による症状を緩和する効果を確認したと発表した。

今回の試験では、生後7日齢のマウスにサルロタウイルスを経口感染させ、ウイルス接種2日前から飼育終了時までプラズマ乳酸菌(JCM5805株)を1mg/日/匹となるように経口投与して調査を実施。

その結果、プラズマ乳酸菌投与群のマウスは、生理食塩水投与群のマウスと比較して、下痢による体重抑制が有意に緩和され、糞便性状スコアに関しても、ウイルス感染3日目で、有意な改善が確認されたという。

また、プラズマ乳酸菌投与群のマウスにおいては、感染2日後の糞便中ウイルス量の有意な低下が確認され、さらに感染3日目における腸管での抗ウイルス因子の上昇傾向、脾臓中プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)の有意な活性化が認められたとする。

これらの結果から研究グループは、ロタウイルスの感染・増殖は小腸上皮細胞で起こることから、腸管局所で免疫系を活性化誘導可能な乳酸菌は、デリバリ手法の観点からも特に有用と考えられるとの考えを示しており、今後は、乳製品をはじめ、キリングループの商品などへの応用と合わせて、他のウイルスに対する有効性も解明していく予定としている。

引用元-−-マイナビニュース

感染性胃腸炎の予防について

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ