話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

仕事ができない悩みをもつ女性 そこには理由があった!

2015.10.9

仕事ができないという悩みをもつ女性が増えてきました。

与えられる仕事や職場の人間関係、そして育児など。

彼女たちはどのような悩みをかかえているのでしょうか?

今回は、そんな彼女たちの悩みを紹介するとともに解決策を探っていきます。

仕事ができない悩みをもつ女性の共通点

まず、仕事ができない悩みをもつ女性の共通点を見ていくことにしましょう。

職場の仕事を理解していない

これは、仕事ができないと悩む以前の問題ですね。

自分のことで精一杯なのかもしれません。

しかし、これでは仕事ははかどりません。

組織で仕事をするのであれば、自分だけではなく周り人がどのような役割の仕事をしているのかをきちんと理解するということは、基本中の基本です。

観察眼が足りない

例えば、自分より新人の方が手早く書類を整理できると漠然と思っている人がいます。

しかし、彼女はなぜそうなるのか本気で分析したことはないでしょう。

そうであれば、彼女の作業効率が改善することはないでしょう。

自分が周りにかけた迷惑が分からない

仕事ができないと悩む人は、与えられた仕事が進んでいないことを意味します。

結局、その仕事は周りの誰かがカバーすることになります。

そうです、それこそが彼女が本来する仕事だったのです。

それをよく見て、自分も同じようにできるように研究しなければいけません。

仕事ができない女性には理由がある

先に見てきたように、仕事ができない悩みをもつ女性にはいくつかの共通点がありました。

では、なぜそうなるのか?

こんどはその理由を見ていくことにしましょう。

コミュニケーション能力に問題がある

先にあげた3つの共通点である、職場の仕事を理解していない、観察眼が足りない、自分が周りにかけた迷惑が分からない。

これらは彼女のコミュニケーション不全に根本的な原因があると考えられます。

一人で仕事をするのでなければ、他の人とコミュニケーションを取る能力が求められます。

そして、チームとして仕事を進めてゆく必要があります。

言葉に対する鈍感さ

これはコミュニケーション能力不足と一体になったものと言えるでしょう。

例えば、誰かに注意されたにもかかわらず、何をどう直していいのかが分からない。

その言葉の意味が理解できない。

その結果、また同じミスをしてしまう。

また、上司に仕事の結果を報告するにしても、要領を得ないので相手に正しく伝わらない。

それを上司に注意されても意味が理解できないから直らない。

その繰り返しのパターンが多いようです。

仕事をする女性の悩み

ここからは、彼女たちがどのような悩みを抱えているのかを見ていくことにしましょう。

一番多いのが、人間関係の悪化。

これが理由で退職に追い込まれたという話はよく耳にします。

これは、相手があるもの、自分の頑張りだけでは解決できないこともよくあります。

解決が難しいという意味において深刻度は高そうです。

しかし、当人のコミュニケーション能力に問題がある場合も少なくないでしょう。

次に多いのが、無理な業務命令。

自分ひとりでは処理しきれないほどの仕事を命じられると、無理をしてでも仕事をこなすか、会社を辞めるか、転職するかの判断を迫られることがよくあります。

これも、深刻度は高そうです。

労働環境の悪化。

これもよく耳にします。

最近は「ブラック企業」という言葉がメディアを賑わしています。

給料が安い、残業時間が長い、休日が少ないなどの労働環境が悪いことも仕事の悩みでしょう。

ただし、これは休日まで精神的に悩むことは少ないため、先の2点に比べれば深刻度は低いと言えるかもしれません。

女性の悩みと育児との関係

ここからは、女性の悩みと育児との関係を見ていくことにしましょう。

キャリアウーマン達に共通する悩みといえば、育児すると出世できないということでしょう。

そのため、プライドを捨てて職場に残るかのか、それとも出世を諦めて職場を辞めるかの判断を迫られることもあるでしょう。

では、なぜ彼女達はこのような悩みを抱えることになるのでしょうか?

まず、子育てについては、絶対的に時間がかかるということがいえます。

また、仕事についても、成果を出すのも時間がかかるということが言えます。

つまり、限られた時間を子育てに充てるのか仕事に充てるのかの判断を迫られるのです。

たしかに、能力があれば限られた時間で成果を出せる、という考え方もあります。

しかし、社内の出世競争は能力のある間同士の競争です。

会社側はどう考えるでしょうか?

仕事を優先する人と、育児を含めたプライベートを優先する人のどちらを昇進させるべきか。

多くの会社では前者の評価が高いでしょう。

つまり、同じ能力の人であれば、より多くの時間を仕事に投入した方が出世に有利だともいえるのです。

仕事ができない悩み解消法

最後に、仕事ができないことに対する強い劣等感を解消する方法を見ていくことにしましょう。

劣等感は、ある価値観を持って自分と他人とを比較することによって生まれてくる感情と言えるでしょう。

そのため、自分と他人を比較しなければこの劣等感は生まれてこないのかもしれません。

しかし、自分と他人を比較する機会を無くしてしまうこと難しいでしょう。

では、価値観についてはどうでしょうか?

価値観は、人によって違うものであると同時に時代によっても変化するものです。

例えば、一昔前には「モーレツ社員」がもてはやされました。

しかし今はどうでしょうか?

「ワークライフバランス」の重要性が見直されてきました。

時代によって変わってくる価値観に固執するのではなく、もっと柔軟な考え方をすればいいのではないでしょうか。

結局、劣等感の問題は、根本的に考えれば価値観の問題と言えるのかもしれません。

いずれにしても、違っているのは優劣ではなく個性だ、と思えるようになれば少しは気が楽になるでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/ohag_i_/status/733529187894448128

 - 仕事