話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

仕事に対して自信喪失… 40代でも転職できる?

2015.9.8

40代の社会人といえば、多くは会社では中堅社員、役職も付きだした頃の人が多いでしょう。

しかし、その仕事で自信喪失してしまい、転職を考えるには厳しい年代であることも否定できません。

しかし、年齢を理由に転職を諦めるのは、まだ早い年代です!

自信喪失した仕事… 40代からの転職は可能?

仕事に励む上で、ほとんどの人が”壁”に当たります。

その壁は形こそ違えど至る所に存在し、「このままこの仕事を続けていくことが出来るのだろうか?」と悩むきっかけになるもの。

上手く壁を乗り越えられれば、その経験が自信を持つきっかけになりますが、そうでない場合のほうが多いですね。

苦労してその壁を乗り越えた先にもまた別の壁が行く手を遮ることもありますし、血の滲むような努力をしたにも関わらず、乗り越えられない場合も多々あります。

そうした挫折や煩悶を繰り返すことで、今まで自分が仕事に対して持っていた自信を喪失し、転職を考えるようになるのは、当然のことです。

ただ若い内――20代・30代ならば、挫折をきっかけに転職をすることも出来ますが、一般的に40代といえば、仕事上の責任や守るもの(特に家庭)を持った人も多く、なかなか踏み出せないのも当然です。

かと言って、仕事に対する自信も情熱も失ってしまった状態のまま働き続けることは、言い表せないほどの苦痛を伴うもの。

果たして、40代で転職を考えるのは、無謀なことなのでしょうか?

40代で未経験の職種に転職することは、自信喪失に拍車をかける場合も…

40代でも転職は簡単!…とは、現実的に言えないのも事実です。

極端な例になりますが、例えばデスクワークしか経験のない人が、飲食業に転職を考えた時のことを考えてみましょう。

飲食業といえば、アルバイトやパートの王道の職種。だから未経験にも簡単な部分もあります。

客として飲食店を利用したことは誰でもあるでしょうから、流れは分かるとも思いがちです。

しかし、それは大きな間違い。

アルバイトの学生やパート店員も、その店のルールに則って働いています。

店舗の掃除、お客様への振る舞い、レジの打ち方、提供の仕方、アイドルタイム中の作業など、全てのことを一から学ぶ必要があります。

そして、周囲の年齢層は(店舗形態にもよりますが)大抵が20代から30代。

周囲もあなたへの対応に苦慮でしょうし、何よりあなたのプライドが傷つけられる場面も多く存在します。

そういった、”一から学ぶ苦労”、”年下から教えられる悔しさ”というマイナス面を乗り越えられるのであれば、自分の望む職業に踏み込むのも勿論英断と言えます。

40代で仕事を変えることは難しい。けれど諦める必要はない

上で出した例は極端な話です。

しかし、大抵の場合、全くの未経験の業種に飛び込む勇気は持てません。

それに、これまでの仕事で自信を喪失している人にとっては、新天地であるはずの新しい職場での苦労は、更なる自信喪失の原因になりかねません。

それに今と同じ業種の職場に転職することになった場合でも、今度は”経験者”というプレッシャーとの戦いになります。

また忘れてはならないのが、経済的な面のこと。

退職から新しい仕事への転職がスムーズに行かなければ、生活費にすら困ることになります。

何より、40代という年齢で新たな場所に挑むには不利な条件であることは、求人数を見れば明らかです。

このような面を考えると、40代の転職は難しく、自信を喪失したまま現在の仕事を続けるしかないのか、と悲嘆にくれるかもしれません。

ですが、全てを諦める必要はありません。

そのためには、まず転職を”現在からの逃亡”、”挫折の末の決断”だと感じている意識を変える必要があるのです。

今までの経験が最大の武器であることを自覚しよう

職場が”新しい人材”を欲しがる時、どんなことを考えているでしょうか?

年齢で考えると、若い人材にはやる気や元気といった性格的なもの、それに「一から教えられるから会社の色に染めやすい」という意図があります。

では、中堅以上の年代の人材に対してはどうでしょう?

若い人ほどの元気さは、会社側としても最初から求めていません。

また「会社の色に染めよう」という意識もそれほど強くありません。

ズバリ、これまでの経験を活かして即戦力として働ける人材、これに尽きます。

今現在、仕事に対する自信を失っているあなたかもしれませんが、これまで無為に時間を過ごしてきたわけではないはずです。

今までの経験。それがあなたの武器です。

この武器を最大限に利用しないことこそ、今までの自分を否定してしまうことになります。

それに、新しい会社としても、「今までの仕事では全く…」と自分を卑下する人と「自分はこれまでこんな仕事をしてきました!」と胸を張って主張する人とでは、どちらを採用したいと思うかは――言わなくても分かりますよね。

40代の転職 経験以外に必要なものとは…?

あなたが過ごしてきたこれまでは無駄なものではない、と語ってきましたが、一つだけその点について注意しなければならないことがあります。

それは、高すぎるプライドは障害でしかない、ということです。

経験に固執しすぎて新しいものを学ぶ姿勢がなければ、新しい職場であなたの存在は浮いたものになります。経験と同じく、柔軟性は40代の転職には絶対必要です。

また周囲、つまり家族のサポートも必須です。

同時にあなたの思いを受け止め、支えてくれるよう話すことも忘れてはいけません。

しかし、あなたが悲壮感を漂わせたままでは、家族の不安も膨らむばかりになります。

ですから、決して後ろ向きな気持ちのままではいないでください。

一度失った自信を取り戻すのは容易なことではありません。

ただ、後ろ向きなままでは、いつまでたってもそこから抜け出すことは出来ません。

自分を卑下したり、過小評価することはもうやめましょう。

あなたはこれまで、しっかり働いてきたのです。

これから再び自信を持って働けるよう、今まで自分が築いてきた経験を活かして、新しいステージを目指しましょう!

 - 仕事