最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

仕事のストレスで精神が不安定になった時に出来る事

      2016/06/07

仕事のストレスで精神が不安定になった時に出来る事

仕事というのは時に過酷です。

過程とりも結果を評価されます。

残業、休日出勤、そんな事を繰り返していくうちに、だんだんと追い詰められている人もいます。

なんとなく精神 が不安定気味と感じている人は是非、この方法を試してください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


仕事で精神が不安定な時

仕事中に突然泣きたくなる、涙が止まらないなんて経験はありませんか?

いつもなら大したことではないと受け流せる事が、受け流せない事は?

職場で無性にイライラして、何に対して怒っているか自分でも判らなくなる事はありませんか?不安で胸が潰れるような思いをした事は?

疲れているのに眠れずに、白く明けていく空を見て絶望した事は?

どうして突然こんな症状が出るようになったのでしょうか?そして、どう対処したいらいいか判らずに途方に暮れていませんか?

大丈夫です。

安心してください。

必ず解決する方法はあります。

まずは原因を考えましょう。

最近急に仕事が忙しくなりませんでしたか?何かプレシャーのかかる状況に置かれていませんか?

ストレスがに晒されると脳がそれに対抗しようと「ノルアドレナリン」という物質を分泌されます。

しかし長時間継続してストレスに晒されると、「ノルアドレナリン」が不足して、結果情緒不安定になってしまうのです。

精神が不安定になった時やるべき事

一番はストレスを解消する事です。

出来れば少し仕事をお休み出来るといいです。

心身共に疲れ切っている状態ですので、まずは休息、そして栄養を取ることです。

しかし、皆が仕事を休めるとは限りません。

責任感からかもしれませんし、経済的な面が理由の場合もあります。

どうしても休めないのであれば、まずは体の健康を取り戻しましょう。

体が健康なら、心も健康を取り戻しやすいのです。

実を言うと、三食の栄養バランスの取れた食事と、きちんとした睡眠、適度な運動があるとこれだけでも随分と症状が緩和します。

不足しがちな野菜、果物は積極的にとりましょう。

また糖分は出来るだけ控えるようにしましょう。

疲れていると糖分が効くと思ってやたら糖分を取る人がいますが、これは逆効果です。

糖分の取り過ぎが情緒不安定を引き越している原因とも言われています。

体の疲れを取るには「クエン酸」を含んだ食事が一番です。

レモンなどの柑橘類によく含まれていますが、量を取りにくいのでそういった人には「ローズヒップティー」がおすすめです。

それでも精神が不安定な場合

仕事を休んだりしても、食生活を整えたり、十分な睡眠ととっても症状が改善しない場合、またその症状が6か月以上も継続しているのであれば、一度専門医の診察を受けましょう。

もしかしたら、ストレス以外の原因の場合もありえます。

特定の症状が一定以上続いている場合は、「全般性不安障害」の可能性があります。

正確な診断は医師にしか出来ません。

例えば寝つきが悪く、常に肩こりや首が凝っている。

疲れやすく、怒りっぽい。

中々集中しにくく、頭が真っ白になる事も。

なんとなく神経が昂っっていて落ち着かない。

という症状が複数見られる場合は、一度専門医に見てもらった方がいいでしょう。

また、過去のトラウマが何かのきっかけで、精神を不安定にしている事もありえます。

そういった場合にはカウンセリングが有効な手段となります。

どちらにしろ、両方とも医師の診断が必要です。

しかし適切な治療が症状を緩和、改善してくれるので、長期間悩んでいる人は是非受診してください。

女性は精神が不安定になりやすい?

男性に比べるとその傾向はあります。

それは主に「ホルモン」が原因です。

女性は月経があり、毎月ホルモンバランスが変動します。

その上、妊娠や出産はその最もたるものです。

別の命を体に宿すという事は、体が今までと全く違う働きをするのです。

マタニティブルーや育児ノイローゼなど聞いたことがあると思います。

もちろんホルモンだけが原因ではないのですが、主原因と言われています。

特に月経前に情緒不安定な症状が出る事を「PMS(月経前症候群)」といいます。

月経数日前に感情の起伏が激しくなり、イライラする事が多くなると言われています。

特にストレスが多い状況だと引き起こされやすくなるそうです。

ただこの「PMS」具体的な症状がそれこそ個人差があり、その症状だけでも150種類にのぼるのだそうです。

これも婦人科で受診すると対症療法の他に、場合によっては薬物療法等で症状が改善します。

薬物治療というと大げさに聞こえるかもしれませんがホルモンバランスを整える薬だったり、漢方薬だったりします。

あまり大げさに考えず気軽に受診してください。

仕事で精神が不安定にならないために

精神が不安定になる人の特徴に、真面目、責任感が強い、神経質、完璧主義などがあげられます。

もちろんこれらが長所と言われるべき特徴ですが、それも程度の問題です。

程度が過ぎれば、自分で自分を追い詰める事になります。

適度に力を抜く事を覚えましょう。

決して仕事の手を抜くのではありません。

仕事にメリハリをつけるのです。

例えばなんでもかんでも仕事を抱え込まず、出来ない事は人を頼りましょう。

納期ギリギリに出来ないと言われたり、頑張りすぎて体調を崩されるより、予め出来ない事は明確にしてもらったほうが周りの人も対処しやすいでしょう。

なんでも一人で解決しようとしてはいけません。

本当に困ったら上司なり、同僚なりに助けを求めましょう。

そして誰かに助けてもらったら、今度は自分が余裕のある時に人を助けてあげればいいのです。

自分で自分のハードルを上げすぎない事が大切です。

頑張れば頑張るほど悪循環になる時があります。

自分でも不思議に思うでしょうか、そういう時は少し頑張るのを辞めましょう。

冷静になってみると何がおかしかったかなど簡単に判るのです。

無理は禁物です。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ