最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法と注意すべき事

   

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法と注意すべき事

年末調整や確定申告と聞くと面倒な気分になったり疑問が浮かんだりする人も多くいます。

年末調整とはどのようなもので、どんなことをするのか。確定申告とはどのようなもで何をするのか。また、年末調整や確定申告は必ずしないといけないものなのか。

知らないと損をしてしまう可能性もあります。せっかく頑張って働いているのですから損をしないように年末調整と確定申告についての知識を身に付けましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


アルバイトの仕事の掛け持ちでも年末調整は必要

アルバイトでも2つ以上の仕事を掛け持ちしといたら必ず年末調整をしなくてはなりません。

例外として2ヶ所の事業者から給料を受け取っていても主な給料が20万円以下の場合は確定申告をしなくてもよいとされる場合もあります。が、正社員とアルバイトをしている人やパートやアルバイトを掛け持ちしている場合は必ず給料の支払いを受けている事業者から源泉徴収票を受け取り確定申告をしなければなりません。

2つ以上の事業者から給料を受けとっている場合はどちらか一方の業者でしか年末調整を受けるられません。なので、年末調整をしていない方の事業者から受け取った給料の金額も確定申告をして行政へ報告しなければなりません。

もし、確定申告をしなかった場合はどうなるかというと、きちんと1年間に受けた所得金額で所得税や住民税が課せられます。

それぞれの事業主は行政へ誰にいくら給料を支払っているか報告をしています。行政はその報告された金額を計算して誰が1年間にいくら受け取っているのかを把握しています。

事業主からの報告と給料を受け取っている人の両方から報告を受けることで正確に税金の計算が出来るのです。

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法

年末調整は給料から差し引かれた所得税が足りない時や多い場合に年末のうちに調整して過不足が無いようにしておくことをいいます。

給料の総額が1年間で103万円以内であれば所得税はかかりません。なので毎月の給料から税金を多く引かれていても年末調整で多く引かれた分が戻ってくるので大丈夫です。

2つ以上の事業者から給料を受け取っている場合に年末調整はひとつの事業所でしか年末調整を行うことが出来ません。勤務時間が多い方や給料の金額が多い事業主へ年末調整を依頼するのが一般的です。

年末調整をしてくれる事業主から給与所得者の扶養控除等(異動)申告書給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書が渡されます。記載内容を確認して記入しなければならないところは記入して事業主へ提出します。控除受ける人の場合はこの書類の他にも必要になる書類があるので事業主に提出します。

年末調整が済むと12月の給料明細と一緒に源泉徴収票が渡されます。

仕事の年末調整は1か所からしかできない

2箇所以上の事業主から給料を貰っている場合はそれぞれの事業主から扶養控除等申告書を渡されます。記入が必要な箇所に記入をして事業主へ提出します。

扶養控除等申告書はひとつの事業所にしか提出することが出来ないのでどの事業所に提出するか決めなくてはいけません。働く時間の割合が多い事業所や受けとる給料の金額が多い事業所に提出する人がほとんどです。

1ヵ所の事業主から給料を貰っている人は年末調整をするだけで1年間に給料をいくら貰ったか確認できます。なので年末調整をしている時点で所得税を調整し確定する事が出来ます。

ですが、2箇所以上の事業主から給料を貰っている場合は年末調整が1ヵ所の事業所でしか行われていない為に払いすぎている所得税を取り戻す為には確定申告をしなければなりません。

年末調整を受けていない事業所の給料から引かれる所得税の税率が高く計算されているので正確な金額を確定申告で提示して払いすぎた分を取り戻さないと損をしてしまいます。

掛け持ちをしている人は確定申告の必要がある

2つ以上の事業主から給料を受け取っている場合に年末調整をしていない事業所から貰う給料から引かれる所得税の税率が高く計算されている場合があります。

その場合は確定申告をしないと払いすぎた分の所得税を取り戻すことが出来ません。頑張って働いたのに損をしてしまいます。

確定申告をして所得税を多く払っていた事が確定されれば払いすぎた分の金額が還付金として払い戻されます。

また1ヵ所の事業所から給料を貰っている場合でも1年間の給料の合計が103万円を越える場合は確定申告をしなければなりません。1年間の給料の合計が103万円を越える場合は所得税を払わなければならないからです。

これは2箇所以上の事業主から給料を貰っている人も同じです。事業所ごとの給料の合計が103万円を越えていなくても全ての事業所から貰っている給料を足した合計が103万円を越えていれば確定申告をして所得税を支払わなければなりません。

途中で仕事を辞めてしまった場合も年末に事業所に所属していないと年末調整をしてもらえないので自分で確定申告をしなければなりません。

掛け持ちをしている人は確定申告で得をする可能性がある!

2ヵ所以上の事業所から給料を貰っている場合は年末調整をしていない事業所の給料から所得税の税率が高く計算されて引かれています。

確定申告をすると所得税を多く払っていた分が還付金として払い戻されます。払い戻される還付金の金額が多ければ多いほど棚からぼたもちのような感覚になり得をした気分になります。が、その払い戻された還付金はもともとは毎月余分に支払われていた所得税です。もともと自分のお金だと思うと有り難みが無くなりますし、年末調整や確定申告をしなくても良いように給料から所得税を多く引かないようにすればいいのではないかと疑問にも思ってしまいますよね。

でも逆に支払わなければならない所得税の金額よりも安く給料から引かれたとします。その場合、足りない分の金額を自分で支払いにいかないとなりません。中には税金を払わずに滞納してしまう人もいるかもしれません。税金を支払わない人が増えると国の税政は回らなくなってしまいます。

もともとは自分のお金である還付金ですが、確定申告をせずに損をするよりはきちんと確定申告をして還付金を受け取った方が手元に残るお金は確定申告をした場合の方が多い金額になりますよね。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ