最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法と注意すべき事

   

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法と注意すべき事

年末調整や確定申告と聞くと面倒な気分になったり疑問が浮かんだりする人も多くいます。

年末調整とはどのようなもので、どんなことをするのか。確定申告とはどのようなもで何をするのか。また、年末調整や確定申告は必ずしないといけないものなのか。

知らないと損をしてしまう可能性もあります。せっかく頑張って働いているのですから損をしないように年末調整と確定申告についての知識を身に付けましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


アルバイトの仕事の掛け持ちでも年末調整は必要

アルバイトでも2つ以上の仕事を掛け持ちしといたら必ず年末調整をしなくてはなりません。

例外として2ヶ所の事業者から給料を受け取っていても主な給料が20万円以下の場合は確定申告をしなくてもよいとされる場合もあります。が、正社員とアルバイトをしている人やパートやアルバイトを掛け持ちしている場合は必ず給料の支払いを受けている事業者から源泉徴収票を受け取り確定申告をしなければなりません。

2つ以上の事業者から給料を受けとっている場合はどちらか一方の業者でしか年末調整を受けるられません。なので、年末調整をしていない方の事業者から受け取った給料の金額も確定申告をして行政へ報告しなければなりません。

もし、確定申告をしなかった場合はどうなるかというと、きちんと1年間に受けた所得金額で所得税や住民税が課せられます。

それぞれの事業主は行政へ誰にいくら給料を支払っているか報告をしています。行政はその報告された金額を計算して誰が1年間にいくら受け取っているのかを把握しています。

事業主からの報告と給料を受け取っている人の両方から報告を受けることで正確に税金の計算が出来るのです。

仕事の掛け持ちをしている人の年末調整の方法

年末調整は給料から差し引かれた所得税が足りない時や多い場合に年末のうちに調整して過不足が無いようにしておくことをいいます。

給料の総額が1年間で103万円以内であれば所得税はかかりません。なので毎月の給料から税金を多く引かれていても年末調整で多く引かれた分が戻ってくるので大丈夫です。

2つ以上の事業者から給料を受け取っている場合に年末調整はひとつの事業所でしか年末調整を行うことが出来ません。勤務時間が多い方や給料の金額が多い事業主へ年末調整を依頼するのが一般的です。

年末調整をしてくれる事業主から給与所得者の扶養控除等(異動)申告書給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書が渡されます。記載内容を確認して記入しなければならないところは記入して事業主へ提出します。控除受ける人の場合はこの書類の他にも必要になる書類があるので事業主に提出します。

年末調整が済むと12月の給料明細と一緒に源泉徴収票が渡されます。

仕事の年末調整は1か所からしかできない

2箇所以上の事業主から給料を貰っている場合はそれぞれの事業主から扶養控除等申告書を渡されます。記入が必要な箇所に記入をして事業主へ提出します。

扶養控除等申告書はひとつの事業所にしか提出することが出来ないのでどの事業所に提出するか決めなくてはいけません。働く時間の割合が多い事業所や受けとる給料の金額が多い事業所に提出する人がほとんどです。

1ヵ所の事業主から給料を貰っている人は年末調整をするだけで1年間に給料をいくら貰ったか確認できます。なので年末調整をしている時点で所得税を調整し確定する事が出来ます。

ですが、2箇所以上の事業主から給料を貰っている場合は年末調整が1ヵ所の事業所でしか行われていない為に払いすぎている所得税を取り戻す為には確定申告をしなければなりません。

年末調整を受けていない事業所の給料から引かれる所得税の税率が高く計算されているので正確な金額を確定申告で提示して払いすぎた分を取り戻さないと損をしてしまいます。

掛け持ちをしている人は確定申告の必要がある

2つ以上の事業主から給料を受け取っている場合に年末調整をしていない事業所から貰う給料から引かれる所得税の税率が高く計算されている場合があります。

その場合は確定申告をしないと払いすぎた分の所得税を取り戻すことが出来ません。頑張って働いたのに損をしてしまいます。

確定申告をして所得税を多く払っていた事が確定されれば払いすぎた分の金額が還付金として払い戻されます。

また1ヵ所の事業所から給料を貰っている場合でも1年間の給料の合計が103万円を越える場合は確定申告をしなければなりません。1年間の給料の合計が103万円を越える場合は所得税を払わなければならないからです。

これは2箇所以上の事業主から給料を貰っている人も同じです。事業所ごとの給料の合計が103万円を越えていなくても全ての事業所から貰っている給料を足した合計が103万円を越えていれば確定申告をして所得税を支払わなければなりません。

途中で仕事を辞めてしまった場合も年末に事業所に所属していないと年末調整をしてもらえないので自分で確定申告をしなければなりません。

掛け持ちをしている人は確定申告で得をする可能性がある!

2ヵ所以上の事業所から給料を貰っている場合は年末調整をしていない事業所の給料から所得税の税率が高く計算されて引かれています。

確定申告をすると所得税を多く払っていた分が還付金として払い戻されます。払い戻される還付金の金額が多ければ多いほど棚からぼたもちのような感覚になり得をした気分になります。が、その払い戻された還付金はもともとは毎月余分に支払われていた所得税です。もともと自分のお金だと思うと有り難みが無くなりますし、年末調整や確定申告をしなくても良いように給料から所得税を多く引かないようにすればいいのではないかと疑問にも思ってしまいますよね。

でも逆に支払わなければならない所得税の金額よりも安く給料から引かれたとします。その場合、足りない分の金額を自分で支払いにいかないとなりません。中には税金を払わずに滞納してしまう人もいるかもしれません。税金を支払わない人が増えると国の税政は回らなくなってしまいます。

もともとは自分のお金である還付金ですが、確定申告をせずに損をするよりはきちんと確定申告をして還付金を受け取った方が手元に残るお金は確定申告をした場合の方が多い金額になりますよね。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ