最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

仕事を続ける?辞める? 結婚後も女性が働くメリットとは

      2016/06/07

仕事を続ける?辞める? 結婚後も女性が働くメリットとは

男性とは異なり、女性はライフステージの変化により、仕事を続けるか・辞めるかの選択を迫られることがあります。

その最たるものが結婚・妊娠・出産です。

こうしたものを乗り越えつつ、仕事を続けるメリットは、どんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


現代日本では、女性が働くことは良しとされているけれど…

現代の日本は、男女関わらず、学校を卒業した人は社会人として就職することが当然という世の中になっています。また、一昔前は、女性が外に働きに出るのは結婚するまで・結婚したら家庭に入り専業主婦となるのが当たり前でしたが、この常識も今や変わり、結婚・出産後も働き続けることが良しとされる風潮になっています。

そのための法整備や制度、社会作りが政府主導で行われており、働き続けることは美徳だと、多くの人が思っているのが現状でしょう。

しかし、当の女性側としては、結婚・出産後も働き続けるメリットが感じられないのも、否定出来ない事実でしょう。
他の男性社員のように役職付になるのは、どんなに頑張っても難しい側面を持っていますし、仕事を頑張れば頑張るだけ婚期が遅れてしまい、従って妊娠・出産を諦めざるを得なくなった、という例も珍しくありません。

果たして、結婚後も女性が働き続けることに、メリットはあるのでしょうか?そして働くことは、結婚・出産などのライフステージの変化にどのような影響を与えるのでしょか?

結婚後も女性が働く一番のメリットは、やはり○○

まず、結婚後も女性が働くことの最大のメリットとして挙げられるのが、金銭面。給料を得ることで家計が潤うことです。

食費・居住費・雑貨費…と、生きていくにはどうしてもお金がかかります。それを夫だけの収入で補うには、どうしても不安がつきまといます。例えば夫が高収入であるとか、不労所得や資産があるなど、金銭に十二分な余裕がない限り、この不安定な景気の中では安心感は得られません。
得られるのは安心感だけではありません。二馬力で働くということは、それだけ安定した収入が得られるため、生活水準を向上させることに繋がります。
家族旅行や、将来に備えて貯金、家の購入、といったものも、共働きであれば余裕を持って計画できるようになります。

続いて挙げられるのが、女性にとっての選択肢を狭めない、ということ。
これは、万が一の時――想像したくないことですが、夫と死別した時、もしくは夫との離婚を考える時など、働いているかいないかで選択肢が全く異なります。
手元に自分用の貯金があれば、いざという時に迅速な行動を取ることが出来るのです。

女性が働くメリットは、金銭面だけではない

勿論、結婚後も女性が働くことのメリットは、金銭面だけではありません。
まず、夫の収入に依存していると、どうしてもお互いの間に養っている・養われているという意識が生まれます。それがいつしか、対等だった夫婦関係に序列を付けてしまうのです。
女性も働いていれば、こうした従属関係になることもなく、対等な立場でいられます。

続いては、内面、つまり精神面に関わることです。
家庭に入ると、自分から外に出なければ丸一日、家族以外と顔を合わせることはありません。”家事をした後は自由時間”が魅力的に感じられるのは、ほとんどの人が最初だけのようです。それまでハキハキ働いていた人ほど、この状態に孤独感・閉塞感を抱えてしまいがちになるのだとか。

働きに出ると、外の世界を直に感じられるようになります。これは非常に重要なこと。閉めきっている部屋は息苦しいのと同じで、他人との交流が、心に新鮮な風を送ってくれるのです。

また、働くことで得られる満足感、充実感も忘れてはいけません。
仕事には苦労もありますが、それを乗り越えた時の快感や、社会の一員として評価されることの喜びは、働いていないと感じられないものです。

結婚後も働くことは、勿論デメリットも抱えている

勿論、物事には複数の面があるように、女性が働くことのデメリットも存在します。
まず最初に触れた通り、女性が男性社員のように出世を望む場合、一番ネックになるのが妊娠・出産です。

”本当に”理解のある職場であるか、周囲よりも成果を上げるか、出産・育児の環境に恵まれているか、その3つが最低条件になってしまっているからです。
あまり言いたくはないことですが、余程の幸運がなければこの3つは揃わず、仕事と子育てを両立することは不可能なのが、現在の社会です。
どんなに第一線で働いていても、妊娠をすると仕事を辞めざるを得ない状態に追いやられる”マタニティハラスメント(マタハラ)”が社会問題になりつつあります。

そして無視できないのが、晩婚化からの少子化問題です。仕事で活躍し、落ち着いた時期に結婚・出産を望んでも、女性としての体がそれに向いていないのは事実です。こうしたことからも、女性が働き続けることを一方で良しとしない空気があるのです。
この問題はは日本で生活する以上、決して他人事ではありません。
何より忘れてはいけないのが、家事のこと。フルタイムで働きつつ、家事・育児をまかなうのは至難の業です。

自分自身はどうしたいのか 将来を見据えて答えを考えよう

結婚・妊娠・出産と、女性のライフステージは変化していきます。その変化がきっかけとなり、転職・退職を余儀なくされた女性は半数以上に登る、というアンケート結果があります。
実際、妊娠・出産を控え、周囲に迷惑をかけることが耐えられなくて自分から退職を選ぶ人もいますし、出産後も働こうと思っていても、子供を預けられる場所がないことで、復職出来ない女性は本当に多くいます。

日本の社会が女性進出を望みながら、もう一方で女性の就業のハードルを上げている、と矛盾した状態であると言っていいでしょう。

ただ、まずは自分がどうしたいのかが一番大切です。
結婚後も今の仕事を続けたいのか、続けるためにはどんな勉強が必要か、妊娠・出産後も復職を望まれるような人材として認知してもらうために必要なことは何か――と、自分自身で答えを出さなければなりません。

そして夫になる相手とも、結婚前にこうしたことをメリット・デメリット等を踏まえた上で話し合っておくことも、忘れてはいけません。
答えは人の数・家庭の数だけあります。将来を見据えて、まずは自分が後悔しない選択を取れるようにしましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ