最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

住宅の登記費用は自分で登記するとどれくらい安くなる?

      2016/06/07

住宅の登記費用は自分で登記するとどれくらい安くなる?

住宅は一生に一度の買い物と言われます。

それは、そのくらい高価な買い物だとういうことです。

それくらい高価だと登記費用も当然高くなるでしょう。

では、自分で登記するとどのくらい安くなるのでしょうか?

今回は、自分で登記する場合の費用や注意点を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


住宅の登記は自分で行うのが原則

驚くかもしれませんが、住宅の登記は自分で行うのが原則なのです。

ちなみに、登記を自分で行うことを法務局では「本人申請」と呼びます。

登記は自分で行うことは当然なので、「本人申請」という専門用語が当然のように存在するのです。

不動産の登記のルールは、不動産登記法によって定められています。

そしてそこには、建物の所有者は自分で登記をしなければならないと明記されています。

ここで疑問が湧いてきます。

では、登記の専門家である司法書士や土地家屋調査士は、何を根拠にして登記ができるのでしょうか?

それは、司法書士法、土地家屋調査士法に明記されています。

つまり、司法書士は他人の依頼を受け、報酬を得て登記の手続きを行うことができるということです。

ここでの重要なポイントは「業」です。

業であれば司法書士や土地家屋調査士でなければいけません。

しかし、業でなければ誰でも他人からの依頼を受けて登記の手続きができます。

したがって、家族や知人・友人などが報酬を得ずに、あなたに代わって登記の手続きを行うことは可能なのです。

自分で住宅の登記をして間違ったらどうなるのか

先に説明したように、住宅の登記は自分で行うのが原則です。

しかし、自分で登記してミスをして登記できなくなったらどうすればいいのかと心配する人も多いでしょう。でも、心配は無用です。

登記は、余裕を持って事前に準備しておけば必ず自分できます。

なぜなら、登記の際に提出した書類や図面に間違いがなければ正しく処理されて登記を終えることができるからです。

ここで気になるのが「間違いが無ければ」ということでしょう。

間違いがないようにというのは、初めて登記する人は難しいと思うでしょう。

しかし、答えは簡単です。

登記の申請する前に、書類とか図面とか必要な書類を登記所の登記官や相談員にチェックしてもらえばいいのです。

登記は、ぶっつけ本番でなければできないというものではありません。

申請する前に登記官にチェックを受ければ間違っている箇所を知ることができるので、その箇所を修正することが可能です。

つまり、登記の処理をする登記官に事前にチェックを受ければ間違えようがないということです。

住宅の登記費用の相場とは

ここで気になるのが住宅の登記費用の相場でしょう。

ここからはそれを見ていくことにしましょう。

結論から先に言うと、登記費用は法律で決められていません。

工務店などの担当者が説明する登記費用とは、報酬+登録免許税+実費のことです。

まず、報酬。

報酬は、登記の専門家である司法書士や土地家屋調査士が得るお金のことです。

その中には、旅費として交通費が含まれていたり含まれていなかったりします。

また、立会い料として立ち会うだけでお金を請求する司法書士や土地家屋調査士もいます。

次は、登録免許税。

登録免許税は、登記をする際に必要な税金のことで国の収入になります。

また、この登録免許税は建物の大きさや構造や借金の額、不動産の価値などで決まるルールがあります。

そのため、算式は全国で統一されており、どの司法書士や土地家屋調査士が計算しても同じはずです。

しかし、残念なことに登録免許税をごまかす司法書士がたくさんいますから注意が必要です。

最後に実費。

実費は、旅費や交通費、印紙代、切手代、通信費などのことです。

いずれにしても、複数の司法書士や土地家屋調査士から見積もりを取る判断するのが良いでしょう。

自分で住宅の登記をするのに必要なものとは

次に、自分で住宅の登記をするのに必要なものを見て行くことにしましょう。

先に説明したように、住宅の登記は自分で行うのが原則です。

そして、司法書士は他人の依頼を受け報酬を得て登記の手続きを行うことができるということです。

つまり、原則を貫けば司法書士等に支払う報酬は不要だということです。

多くの登記は、A4の無地のコピー用紙と一般的な黒のボールペンがあればできます。

これなら近くの文具店に行けばすぐにでも揃えることができるでしょう。

ただし、図名を作成する登記の場合はこれら以外にも下記の物が必要になってきます。

B4の無地のコピー用紙

民間ではA判が主流なのに、いまだお役所ではB判が主流のようです。

三角定規と30cm程の定規。図面を書くのでこれらは欠かせません。

0.2mm以下の細線が描ける細い黒のペン。

場合によっては赤のペンも必要になります。

一般的な電卓

これはお金の計算をするのではなく面積等の計算をするのでしょう。

以上のものがあれば、登記はできます。

自分ですると登記費用が安くなるだけなのか

最後に、自分で登記する場合と専門家に頼んで登記してもらうのでは何が違うのかを見て行くことにしましょう。

結論から先に言えば、誰が登記してもその内容は同じです。

登記は、書類に必要事項を書いて登記所に提出し登記官が処理をして登記は完了します。

そのため、必要事項は誰が書いても同じなのです。

たとえそれが、手書きでもワープロで書いても、最後は登記官がコンピュータにその内容を入力するので結果は同じです。

なお、登記する内容は以下の通りです。

・住所(氏名)変更登記
・所有権移転登記
・所有権保存登記
・建物滅失登記
・建物表題登記(建物表示登記)
・建物表題変更登記(建物表示変更登記)
・地目変更登記(土地地目変更登記)

だだし、図面は唯一異なります。

例えば、図面を手書きで描く場合とコンピュータのCADを使って描く場合では、当然見栄えは異なってきます。

しかし、見栄えは異なっても新築の場合は描いてある内容は同じになります。

そのため、登記される内容は全く同じになります。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ